アメリカのトラックドライバーは稼げるの!? カリフォルニア在住のなでしこトラッカーに給料事情を聞く!!

アメリカのトラックドライバーは稼げるの!? カリフォルニア在住のなでしこトラッカーに給料事情を聞く!!

 狭い日本を飛び出し広大なアメリカでトラックドライバーになりたい! 日本にいながらそんなアメリカンドリームを抱くヒトも一定数いるでしょう。

 でも現実問題、日本とアメリカでは給料はどのくらい違うのでしょうか? 単身アメリカに渡りトラックドライバーになった、なでしこトラッカーのPUNKさんにその給料事情をお聞きしました。

文・写真/なでしこトラッカーPUNKさん
*2017年春発売「フルロード」第24号より

【画像ギャラリー】日本とアメリカでは給料はどのくらい違う? アメリカントラッカーのリアルな給料事情(6枚)画像ギャラリー

アメリカントラッカーの給料事情

 アメリカのトラックドライバーは給料いくらもらっているの? という質問は昔からよく聞かれます(笑)。その答えは、本当に一言では言えません。

 アメリカといっても、各州ごとの最低賃金やTAX(税金)、物価など色々な面で違いますし、日本でもそうだと思いますが、運ぶものや運送会社またはドライバーの経験によっても、それぞれ払われる賃金は全く変わってきます。

 それと、O/O(オーナー・オペレーター)はカンパニードライバー(被用者)に比べたら収入は多いだろうし、O/Oの中でも、運送会社と契約して荷物をもらうドライバー、ブローカーを通して荷物を探すドライバー、シッパー(荷主)に直接荷物をもらうドライバー等、さまざまなのです。

 なので、ここでは今まで私が貰ってきた給料を基準にして話していきたいと思います!

渡米からトラックドライバーへ転身! その初めての給料は!?

ヘリコプターのパイロットになるため単身渡米したPUNKさん。紆余曲折を経てトラックドライバーに転身

 アメリカで初めてトラックドライバーとして給料を頂いたのは1998年だったかな? もう随分前の事なので曖昧なんですけど、「セントラル・トーイング・サービス」という会社で、名前の通り「トーイング(レッカー車)」の会社でした。

 今にも潰れそうな貧乏会社でしたが、アメリカで免許取りたての、しかも日本から来た外国人で、まだ英語もろくに話せず、力もなさそうな小柄のウーマンドライバー、こんな人を雇ってくれただけでも、今思えば本当に有難かったですね~(笑)。

 キャリアカーの運転経験が日本であったので、会社に一台だけあったトレーラに乗って、レッカーで運ばれてきたクルマやオークション会場等に行ってクルマを積載していました。この時の給料は一番仕事量が多い月で1200ドル(当時のレートで、およそ12万~15万円)。

 トラックもオンボロ、月に何回故障のため路上で待機したか数えきれないくらい。そして耐え切れず他の会社を探し始めたわけです(笑)。

 そんなことが何件か続いて、ようやく納得いく会社に巡り合えたのは数年後。やっぱり車載車でしたがトラックも調子よく、少しずつですが貯金も増え始めたような気がします。運んだクルマの売り上げの25%をもらっていました。

七面鳥を運ぶ仕事の給料は!?

 引っ越しがあったりして再び転職もしましたが、なんといっても、つい最近まで勤めていた七面鳥の会社のお給料は、私がアメリカに来て以来勤めた会社の中では、ずば抜けて良かったです。

 というのも専門の運送会社ではなく、自社のトラックで自社の荷物を運んでいるわけですから、生産した商品(七面鳥)がたくさん売れれば、雇われる側のお給料も良くなるはずですよね。

 それだけではなく、トラックも好みのPちゃん(ピータービルト)だったし。……何よりも故障が少ない、本当に良いトラックでした。

七面鳥の仕事時代にPUNKさんが乗っていたPちゃんこと、ピータービルト379

 上司や仲間との人間関係もアットホームで、一生居てもいいなと思える会社でしたね。その代わり繁忙期の仕事はクレイジーなくらい忙しかったです。かと思ったらパタッと暇になったり(笑)。

 最高に忙しかった時は、一年間で約5万ドル(およそ500万円)もらった事もあります。最後のほうは時給で20ドルもらっていました。ここで稼いだお金は、自分で買うトラックの頭金にする予定です! 

 O/Oになったらどのくらい稼げるんでしょうかね。きっと人一倍の努力も必要なんだと思います。頑張らなくっちゃ~~!(編集注:PUNKさんはその後トラクタ+トレーラを買いオーナーオペレーターへ転身)

 最後に、表は某大手運送会社が、ソロ・カンパニードライバーに払う給料の基準値です。免許取りたてから始まって、運転経験(走行距離数)が増えるごとに給料の値が増えているのがわかりますね。これがチームドライバーになるともう少し数値が上がります。

 法規で一日に運転できるのは最高で11時間と決まっています。スピードにもよりますけど一日に平均600~700マイルは走れますので、稼げる金額もだいたいわかると思います。

 ただし毎日700マイル以上の荷物とも限りませんし、ドロップ&フック(届け先にトレーラをドロップして、空のトレーラを繋いですぐ次の荷主のところに行く事)の場合でも、利用できる空のトレーラを探すのに時間がかかる場合もあります。

 ライブ(同じトレーラを次の荷主のところで使うために、荷降ろし・積込みが終わるのを待つ事)では積込みや荷降ろしに時間がかかれば、一日に走れる距離も少なくなりますので、その分の収入が減ることになります。

 ということで、もっと色んなアメリカントラッカーの給料事情があるのですが、今回はこの辺で終わりです(笑)。

*編集部より

 その後、PUNKさんに現在のアメリカントラッカーの給料実態を調べてもらった。業種にもよるが、年収は4万ドル〜8万ドルほどとなっているそうだ。

 ちなみに日本の西友などを傘下に収めていた(現在も株式を一部保有する)米国のスーパーマーケット世界最大手「ウォルマート」のカンパニードライバーは、新人でも年収11万ドル(長距離ドライバーの場合)になったというニュースが日本でも報道された。

 円安が急激に進む直近のレート、1ドル=140円に換算すると11万ドルは約1500万円!! 雇ってもらえるならば出稼ぎに行くのもアリ!?

【画像ギャラリー】日本とアメリカでは給料はどのくらい違う? アメリカントラッカーのリアルな給料事情(6枚)画像ギャラリー