本場欧州のトレーラを日本へ!! トランスウェブの新ブランド「EUトレーラーズ」とは何者か?

 輸送事業とPDIを2本柱に、さまざまな事業を展開しているトランスウェブ(千葉県富里市)。

 同社が3本目の柱と位置づける新事業「ヨーロッパのトレーラの輸入/販売」が、いよいよ本格的に動き出した。新事業を行なうため立ち上げられた新ブランドの名前は「EUトレーラーズ」というらしいが、一体どんなことをするのか?

 同ブランド設立の狙いや製品特徴を、同社・前沢武社長に伺うとともに、「ジャパントラックショー2022」に出品された2台の新型トレーラを紹介する。

文・写真/トラックマガジン「フルロード」編集部
※2022年9月12日発売「フルロード」第46号より

【画像ギャラリー】見た目も機能も世界レベル!! EUトレーラーズの新製品のダンプトレーラとローベッドをチェック!!(24枚)画像ギャラリー

EUトレーラーズの設立の狙い

ヨーロッパのトレーラの販売を目的にEUトレーラーズを立ち上げたトランスウェブの前沢武社長

 トランスウェブは2001年に設立された運送会社で、新車をディーラーなどに届ける新車陸送、レーシングチームのマシンや機材をサーキットなどに届けるモータースポーツ事業、輸入車の通関後の出荷前点検を行なうPDI(プレ・デリバリー・インスペクション)など、さまざまな事業を展開している。

 PDIは、車両の状態を検査して新車の状態を維持する作業と、日本の保安基準に適合するよう、部品の取り付けや検査/改善を行なう作業の2つで構成される。現在同社は、ヨーロッパの高級車メーカーを中心に6ブランドを扱っており、取り扱い台数は年々増加中だ。

 同社のPDIは輸送も含めたワンパッケージなので、PDIの取り扱い台数に応じたキャリアカーの台数が必要。同社はキャリアカーの台数を確保するため、2016年にイタリアのキャリアカーを導入。その後もヨーロッパのメーカーからさまざまなタイプのトレーラを導入し、運用してきた。これがEUトレーラーズの原点だ。

 「最初は自分たちで必要としているトレーラだけを輸入して、自分たちだけで運用していましたが、徐々に『売って欲しい』という話が出てきました。それで商談の仲介なども始めたんですが、トランスウェブは運送会社。『運送会社が運送会社にトレーラを販売するのもどうかな?』と思って、会社の設立20年の節目に販売部門としてEUトレーラーズを立ち上げたんです(前沢社長)」。

 トランスウェブがEUトレーラーズを立ち上げたのは2021年の9月。現時点の取り扱いメーカーは、イタリアのキャリアカーメーカーのロルフォ社、オランダの特種トレーラメーカーのファンエック社、ドイツの総合トレーラメーカーのケスボーラー社の3社だ。

 「販売ラインナップは、自分たちで使って『間違いない』と思ったものを販売するスタイルです。価格と開発期間を抑えるため、当面はラインナップを絞り込んで、そのぶん価格を抑えます。イメージとしてはユニクロやZARA、H&Mに近いですね(同)」。

 なお、アフターサービスに関しては、EUトレーラーズが主要部品を一定数ストックする。ストックがなくても、大半の部品は4〜5日以内に調達できるというから安心だ。今後は国内に販売/修理を行なう代理店を置く予定で、すでに交渉も進んでいるという。

次ページは : 高性能で低価格なダンプトレーラ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

【三菱ふそうeキャンター】遂に登場した次世代モデルを詳報!! フルロードVol.46 本日(9/12)発売!!

「ジャパントラックショー2022」で話題をさらった注目のトラックを追う巻頭特集。低床キャブのエコニックの試乗をはじめ、ショーの主役が続々登場します。また、9月7日に発表されたばかりの三菱ふそうeキャンター次世代モデルも速攻で詳報!!