燃料電池式の無人トレーラが世界的なデザインコンペで最高賞獲得!! 現代自動車のコンセプトデザインはどこがスゴい!?

燃料電池式の無人トレーラが世界的なデザインコンペで最高賞獲得!! 現代自動車のコンセプトデザインはどこがスゴい!?

 韓国・現代自動車(ヒョンデ)は2022年9月30日、同社によるトレーラのコンセプトデザインが、世界最大規模のデザインコンペ、レッド・ドット・アワードのデザインコンセプト部門で最高賞に相当する「ルミナリー」賞を受賞したと発表した。

 ヒョンデの「トレーラ・ドローン」は燃料電池+無人運転によるコンテナ輸送のデザインコンセプトで、従来のトラクタに代わって、鉄道車両のボギー台車のような「eボギー」を無人運転することでモビリティの革新を目指した。

 他に電動SUVの「セブン」や「PnD」モジュラープラットフォームなど、ヒョンデは2022年のレッド・ドット・アワードのデザインコンセプト部門の各賞を3つ受賞した。

 コンセプトと実車は違うとはいえ、広範な技術にわたるモビリティコンセプトで国際的な賞を受賞したのは、ヒョンデが掲げる「自動車メーカー」から「スマートモビリティソリューションのプロバイダー」への変革が進展していることの表れと言えそうだ。

文/トラックマガジン「フルロード」編集部、写真/現代自動車・Red Dot Design Award

【画像ギャラリー】レッド・ドット・デザイン・アワードを受賞したヒョンデのコンセプトを画像でチェック!!(8枚)画像ギャラリー

ヒョンデ初の最高賞

 韓国の現代自動車(以下、ヒョンデ)の無人トレーラコンセプト「トレーラ・ドローン」が、国際的プロダクトデザイン賞、レッド・ドット・デザイン・アワード(以下、レッド・ドット)のデザインコンセプト部門において、最高賞に当たる「ルミナリー」賞を受賞した。

 「トレーラ・ドローン」は水素燃料電池による無人トレーラというコンセプトで、ルミナリー賞の受賞は同社初だという。

 世界最大規模のデザインコンペティションとして知られるレッド・ドットは、ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン・デザインセンターが主催している。

 同賞は、デザインにおける多様性を適切に評価するため三つの部門に分かれており、そのうち、アイデアやビジョンを評価する「デザインコンセプト」は2005年に新設されたもの。受賞に相当する「ウィナー」、その中でも特に優れたものを表彰する「ベスト・オブ・ザ・ベスト」、そして最高賞の「ルミナリー」の3賞からなる。

 ヒョンデはトレーラ・ドローンでルミナリーを受賞したほか、電動SUVの「セブン」コンセプトが「ベスト・オブ・ザ・ベスト」を、ロボットによるモジュラープラットフォーム「プラグ&ドライブ」が「ウィナー」を受賞している。

 ヒョンデの副社長でデザインを担当するイ・サンヨプ氏は次のようにコメントした。

 「様々な技術を駆使した先見性のあるデザインにより、スマートモビリティソリューションのプロバイダーに生まれ変わろうとしている弊社の取組を、レッド・ドットは再び評価してくれました。

 とりわけ、完全無人運転の水素燃料電池による商用車という、私たちのビジョンを示す『トレーラ・ドローン』は、重要なモデルです。

 ルミナリー賞の受賞は、ゼロ・エミッションのモビリティを実現するという、弊社のデザイナーとエンジニアの情熱と努力を称賛するものだと思っています」。

燃料電池無人トレーラでレッド・ドット・アワードの最高賞!! 現代自動車のコンセプトデザインはどこがスゴい!?
シンガポールで開催された授賞式の様子

次ページは : 鉄道から着想を得た「eボギー」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

【世界最大の商用車ショーIAA2022】大型トラックの電動化が加速!! フルロードVol.47 本日(12/12)発売!!

4年ぶりに開催された世界最大の商用車ショー「IAAトランスポーテーション2022」の10ページ超の大特集をはじめ話題満載の「フルロード」Vol47の中身をいち早く紹介!!