いつの間に水素に方針転換したの!? スカニアが間もなく燃料電池トラックを発売へ

いつの間に方針転換したの!? スカニアが間もなく水素燃料電池トラックを発売へ

 これまで「トラックの脱炭素の本命は電動化」としてきたスカニアが、2024~2025年に燃料電池トラックを発売すると発表した。予定しているのはスイス市場への投入で、日本を含めたそのほかの市場については、今のところ不明だ。

 大型車の脱炭素に関して、欧州の大手トラックグループの中ではダイムラーのみが当初から電気と水素の両面戦略を採っていたが、それ以外は電動化を中心に据えていた。

 今年(2022年)6月にボルボが燃料電池トラックの商用化を発表したのに続き、この度は、トレイトングループ(VWの商用車部門)に属するスカニアも燃料電池トラックでの市場参入を発表したことになる。

 これにより商用車の世界3大グループ(ダイムラー、ボルボ、トレイトン)はいずれも電気と水素の両にらみ戦略に転じた。スカニアはこれに先立って水素エンジンの熱効率がディーゼルエンジンを超えたことも発表しており、水素技術での優位をアピールしている。

文/トラックマガジン「フルロード」編集部、写真/Scania CV AB、 Hyundai Motor Company、 Westport Fuel Systems Inc.

【画像ギャラリー】電動化を本命としてきたスカニアの脱炭素戦略を画像でチェック!(9枚)画像ギャラリー

スカニア、スイス企業へ燃料電池トラックを販売予定

 スウェーデンの大手商用車メーカーで、フォルクスワーゲン(VW)グループに属するスカニアは、持続可能な輸送システムへの移行を実現するために本命となる技術は、バッテリー電気自動車(BEV)だと考えている。

 ただ、水素技術や燃料電池(水素などの燃料から電気を作る技術)ソリューションについても模索しており、これまではBEVとハイブリッド(PHEV)トラックを中心に展開していたスカニアが、2022年11月8日に燃料電池(FCEV)トラックを開発・販売すると発表した。

 スカニア初のFCEVトラックは、いずれもスイスの複数の企業に販売される予定で、間もなく(2024年から2025年にかけて)納車する計画。6月にFCEVへの参入を表明したボルボは「2025年以降の商用化を目指す」という発表だったので、スカニアのFCEVは、販売をかなり急いでいるという印象を受ける。

 公表されている販売先の企業は多様な輸送分野にまたがっており、実際の運行形態も日用品、リテール、建機輸送、地場輸送、長距離輸送など様々なものになりそうだ。

 車両の詳細はまだ不明だが、GVW(車両総重量)もしくはGCW(連結総重量)は40トンから70トンの大型車となる。研究プロジェクトとしてスカニアがFCEVトラックを開発したことはあるものの、実際に顧客に販売し運行するのは初めてだ。

 伝統メーカーであるスカニアは、顧客である運送会社との付き合いも長く、今回のFCEVの販売先の一社で、姉妹企業を通じて水素ステーションにも投資しているトラベコ・トランスポートAGは次のようにコメントしている。

 「水素はエネルギーのキャリアとして将来的に大きな可能性を秘めています。こうした理由から私たちが水素技術に投資するのは当然です。スカニアとは長年培ってきた信頼関係があるので、一緒に『脱炭素』というゴールを目指すことができます」。(同社のマネージング・ディレクター)

スイスの水素プロジェクト

 スイスは欧州の中でも再生可能エネルギーや水素の活用に必要なインフラの整備が進んでいるとされる。2020年には韓国の現代自動車(ヒョンデ)が、スイス向けにFCEVトラックを販売し、大型車で欧州市場に参入すことを発表している。

 実際にヒョンデは同年中にFCEV大型トラック「エクシェントFC」10台をスイスに輸出しているのだが、2025年までに1600台、2030年までに2万5000台としていた壮大な計画は後が続かず、2年以上が経過した現在でも実際に届いたのは50台未満(47台か?)となっているようだ。

いつの間に方針転換したの!? スカニアが間もなく水素燃料電池トラックを発売へ
ヒョンデの「エクシェントFC(フューエル・セル)」。2025年までに1600台をスイスに届けると発表したが……

 このため現地ではヒョンデがスイスの水素トラックプロジェクトから撤退するのではないかという観測が出ている。もちろんヒョンデは噂を否定し、グリーン水素(再生可能エネルギーから製造する水素)の供給量が原因でありプロジェクトの中止ではないとしている。

 穿った見方になってしまうが、スカニアが2025年までにスイス市場向けにFCEV大型トラックを販売するというのは、エクシェントFCの調達の遅れに対応するものとも考えられる。2025年までに1600台の予定が未だ50台未満とすれば、同国には少なくとも1500台のFCEV大型トラックの需要が確実に存在するからだ。

 なお、エクシェントFCは数少ない市販のFCEV大型トラックであり、累計の走行距離は史上初めて500万kmに達している。

次ページは : 最優先は引き続きBEV

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

【三菱ふそうeキャンター】遂に登場した次世代モデルを詳報!! フルロードVol.46 本日(9/12)発売!!

「ジャパントラックショー2022」で話題をさらった注目のトラックを追う巻頭特集。低床キャブのエコニックの試乗をはじめ、ショーの主役が続々登場します。また、9月7日に発表されたばかりの三菱ふそうeキャンター次世代モデルも速攻で詳報!!