ダイムラーとボルボ、2大メーカーがめざす大型EVトラックの姿【IAAトランスポーテーション2022】

ダイムラーとボルボ、2大メーカーがめざす大型EVトラックの姿【IAAトランスポーテーション2022】

 ドイツ・ハノーバーで9月20日~25日にわたり開催された「IAAトランスポーテーション2022」は、それまでの商用車トレードショーから、将来のトラック輸送を各社が提案するイベントへと趣旨を変えたものだ。そのトレンドを現地取材から紹介する。

 まず、毎回大規模な出展を行なっている欧州の大手トラックメーカー5社を3回にわけてお伝えする。第1回目は、既報と重複するがダイムラートラックと、ボルボトラックだ。

文・写真/トラックマガジン「フルロード」編集部、写真/「フルロード」編集部、ダイムラートラック、ボルボトラック

【画像ギャラリー】世界トラック2大メーカー・ダイムラーとボルボがIAAトランスポーテーション2022に出品したEVトラックたち!(6枚)画像ギャラリー

ダイムラー/大型・小型のEVトラックを大量ラインナップ

メルセデス・ベンツ「eアクトロス・ロングホール」4×2セミトラクタ
メルセデス・ベンツ「eアクトロス・ロングホール」4×2セミトラクタ

 世界最大のトラックメーカー・ダイムラートラックは、大量の新型量産EVトラックを出品した。21年から生産を開始したメルセデス・ベンツの大型EVトラック「eアクトロス300/400」は、IAA2022でセミトラクタモデルを発表し、24年に製品化する航続距離500kmの「eアクトロス・ロングホール」のプロトタイプを公開、さらに今年7月から生産を開始した低床キャブ大型EVトラック「eエコニック」も登場した。

 「eアクトロス300/400」は、高電圧バッテリーの容量が300kWhで航続距離300kmの「300」、同じく容量が400kWhで航続距離400kmの「400」で構成され、「eエコニック」も基本的に同様である。これらには、冷凍車、スワップボディ車、塵芥車など特装ボディが架装されており、多様に用いられている大型トラックを実際にEV化して見せるという意図がうかがえる。さらに試乗車として、eアクトロス300・4×2ドライバン数台が用意されていた。

メルセデス・ベンツ「eアクトロス300」4×2セミトラクタ
メルセデス・ベンツ「eアクトロス300」4×2セミトラクタ

 IAA2022では、グループの三菱ふそうの小型EVトラック「eキャンター」次世代モデルの欧州プレミアも行なわれた。全42車型のうち、車両総重量(GVW)が最も軽いGVW4.25トン・標準キャブ車「4S15e」のダンプと、最も重いGVW8.55トン・ワイドキャブ車「9C18e」のキャブ付シャシーとボックスバンボディ車を展示した。

三菱ふそう「eキャンター9C18e」ボックスバンボディ
三菱ふそう「eキャンター9C18e」ボックスバンボディ

 さらに実車展示はなかったものの、メルセデス・ベンツの中型EVトラック「eアテーゴ」を製品化することが公表された。eアテーゴの詳細は明らかになっていないが、ダイムラーは小型・中型・大型の全クラスで、EVトラックを揃えることになる。

 燃料電池車では、アクトロスベースで航続距離1000km超を狙う長距離大型FCEVトラック「GenH2」のセミトラクタモデルが出品され、試乗会も行なわれた。

次ページは : ボルボ/大型EVトラックの実用化で先行・新開発eアクスルも発表

最新号

ベストカー最新号

【特集】 ジャパンモビリティショー2023 トラックの近未来のカタチいろいろ フルロードvol.51 本日(12/11)発売!!

ベストカーのトラックマガジン「フルロード」第51号本日発売!! ジャパンモビリティショー2023詳細レポートや新型スーパーグレート解説など情報満載です!!