日野自動車、大型トラック・バスと建機用エンジン約2万2900台をリコール

 日野自動車における認証試験不正行為が発覚した、同社製ディーゼルエンジン「E13C」(12.9リッター)と「P11C」(10.5リッター)を搭載する大型車・建設機械のリコール届出が公表された。大型トラック・大型バス約2万1600台、建機約1300台の計2万2900台が対象となる。

 いずれも国が定める排出ガス規制値に対し、窒素酸化物(NOx)の排出値がオーバーする可能性がある。ただし恒久的な改善対策は決まっておらず、当面は暫定措置を実施する。恒久対策が決定した場合、改めて措置が行なわれる。

文/トラックマガジン「フルロード」編集部、写真/「フルロード」編集部、日野自動車、いすゞ自動車、加藤製作所、コベルコ建機

【画像ギャラリー】約2万2900台の大リコール! 日野の大型エンジンを搭載したバスと建機の「改善箇所説明図」より(4枚)画像ギャラリー

劣化耐久試験の不正でNOx増の可能性

平成28年排出ガス規制適合の日野プロフィア・E13Cエンジン搭載4×2セミトラクタの排ガス後処理装置。手前のカバーの奥にDPRと尿素SCRが収められている

 リコールは、日野自動車の平成28年排出ガス規制対応「E13C」エンジンを搭載する大型トラック「プロフィア」が2万202台、大型観光バス「セレガ」全長12m車が898台の計2万1100台。加えて同エンジンを搭載する、いすゞ自動車の大型観光バス「ガーラ」全長12m車の493台も対象となる。

 さらに今回は、日野自動車が建機メーカー2社へ供給した、特殊自動車4次排出ガス規制対応エンジンについても、約1300台がリコール対象となっている。
 
 1社は、加藤製作所向けで、80トン吊ラフテレーンクレーン(KR-80H)用に661台が供給された「E13C-YS」エンジンが対象である。

 もう1社は、コベルコ建機向けで、クローラ式油圧ショベル(SK1300DLC-10)用に23台が供給された「E13C-YM」エンジンと、クローラ式クレーン(7120G-2/7200G-2/BM800G-2/BM1000G-2およびクローラ式油圧ショベル(SK470-10/SK500LC-10)の計6機種用に供給された633台の「P11C-VN」エンジンが対象である。

 いずれも、日野自動車社内で実施された認証試験の一つ「劣化耐久試験」において、国交省への申請用データが改変・捏造されていたもので、それ以前の排ガス規制における申請用データも不正なものであったことが判明している。

 同社内において、あらためて正常な試験内容と不正を防ぐ手続きに則って、認証試験に準じる「確認劣化耐久試験」を行なった結果、当該エンジンが規制値を満たさないことが実証され、8月2日に公表の上、リコールの方針を示していた。

トラック・バスのリコール内容

日野自動車が届け出た、大型トラック「プロフィア」と大型バス「セレガ」のリコールの「改善箇所説明図」より

 トラック・バスのリコール対象車は、日野自動車が2017年6月6日~2022年3月4日に製作した「プロフィア」計24型式(20202台)と「セレガ」計1車型(898台)、いすゞ自動車が2017年7月28日~2022年2月16日に製作した「ガーラ」計1車型(493台)。リコール内容は次のとおり。

 不具合部位:原動機(エンジン制御プログラム)

 基準不適合状態にあると認める構造、装置または性能の状況およびその原因:E13Cエンジン搭載車において、DPR再生用制御プログラムが不適切なため、高回転高負荷条件でのDPR再生中に尿素SCR触媒温度が想定より高温となり、触媒劣化の進行が早くなることがある。そのため、そのまま使用を続けると排出ガス中の窒素酸化物の排出値が規制値を超えるおそれがある。

 改善措置の内容:全車両、暫定措置として、浄化率の点検を行い、基準値を超える場合は触媒を交換する。また、メンテナンスノートの点検整備項目にSCR触媒の浄化率点検を追加する。なお、恒久対策が決定し次第、改めて措置を実施する。

次ページは : 燃費不正はリコールとは別