金属添加剤フリーでDPFを超寿命化!? 出光興産の「灰が出ないエンジンオイル」は従来と何が違うのか?

 出光興産が新開発した業界初の無リン無灰のディーゼルエンジンオイル「idemitsu AshFree」は、灰の要因となる金属添加剤を使用しないことで、DPFの「超寿命化」を実現。メンテナンスコスト削減やドライバーの負担軽減をもたらす注目の存在だ。

 一体、同製品は今までのエンジンオイルと何が違うのだろうか? ちなみに「超寿命化」という言葉は、「長寿命」を超えるという想いを込めた同社の造語である。

文/トラックマガジン「フルロード」編集部 写真/出光興産、トラックマガジン「フルロード」編集部

【画像ギャラリー】灰が詰まると厄介なDPFって何者?(2枚)画像ギャラリー

灰が出ないエンジンオイル

idemitsu AshFree 20L缶

 出光興産は、業界初となる無リン無灰のディーゼルエンジンオイル「idemitsu AshFree(粘土グレード:10W-30、荷姿:200Lドラムまたは20L缶)」を、2022年9月1日に発売した。

 同製品は、トラックやバスに搭載される排出ガス浄化装置「DPF」の目詰まりの要因となる灰を出さないオイルで、DPFの寿命延長によるメンテナンス費用の削減や、DPF再生時間短縮による労務時間、燃料使用量の削減を実現する。

 従来のディーゼルエンジンオイルには、清浄性や耐摩耗性を向上させるため金属添加剤(清浄/耐摩耗剤)が含まれている。これらの金属添加剤は灰となってDPFを詰まらせ、トラブルの要因となることから、長年の課題となっていた。

 AshFreeは、この課題を根本的に解決するため「灰を減らすのではなく出さない」というコンセプトのもと、独自の添加剤処方技術により、灰となる金属添加剤を使用しないディーゼルエンジンオイルとして開発されたもの。

 独自の添加剤などを配合することで、DH-2(低灰油)規格より低い硫酸灰分と塩基価を実現し、DH-2規格性能を有する処方を確立。JASO HD-2で制定されているすべてのエンジン試験をクリアしている。

 なお、販売は同社販売特約店を通じて行なわれる。

idemitsu AshFreeの期待効果

DPFの寿命延長
金属添加剤を使わず、独自の添加剤を配合することで、DPFに灰が溜まらず、DPFの寿命延長が可能。DPFの寿命が延長されることで、DPFの交換、洗浄などのメンテナンスコスト低減が可能となる。

燃料消費量の削減
DPFの手動再生に費やしていた労務時間を削減し、負担を軽減する。

●燃料消費量の削減
DPFの再生回数を抑制し、再生に使用する燃料を削減する。

●優れた高温清浄性
同社DH-2オイルに比べ、優れた高温清浄性と低い蒸発性を有しており、デポジット抑制(EGR等)が期待できる。

●環境への貢献
DPFの再生回数抑制などによりCO2排出量の削減に寄与。また、リンを使用しないことで、触媒の被毒を抑え、触媒の交換を減らすことが期待できる。

次ページは : そもそもDPFとは?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

【三菱ふそうeキャンター】遂に登場した次世代モデルを詳報!! フルロードVol.46 本日(9/12)発売!!

「ジャパントラックショー2022」で話題をさらった注目のトラックを追う巻頭特集。低床キャブのエコニックの試乗をはじめ、ショーの主役が続々登場します。また、9月7日に発表されたばかりの三菱ふそうeキャンター次世代モデルも速攻で詳報!!