冬本番!! 商用車用スタッドレスタイヤに採用される「ブロックパターン」の特徴と注意点とは?

冬本番!! 商用車用スタッドレスタイヤに採用される「ブロックパターン」の特徴と注意点とは?

 雪に弱いとされながらも勝手に運行を休むことができない大型商用車にとって、スタッドレスタイヤへの履き替えは必須です。しかしスタッドレスのブロックパターンに特有の注意点もあります。商用車タイヤのサービスマン、ハマダユキオさんが解説します。

文/ハマダユキオ
写真・イラスト/ハマダユキオ・トラックマガジン「フルロード」編集部

夏タイヤとスタッドレスタイヤの違い

冬本番!! 商用車用スタッドレスタイヤに採用される「ブロックパターン」の特徴と注意点とは?
スタッドレスタイヤの一例。メーカーに関係なく溝の深いブロックパターンと細かい切れ込みがあるのが特徴

 冬です。

 朝晩はけっこう冷え込んできましたね。路面凍結や積雪もぼちぼち始まったりするのでしょうか? 降雪地域ではスタッドレスタイヤへの履き替えもピークを過ぎ、非降雪地域では履き替え真っ只中という感じでしょう。

 近年は「暖冬」傾向にはなっているようですが、これは平均気温が上がっているだけで、冷え込む時はガッツリ冷え込み、雪が降る時は大雪になるなど気候が激しくなって来ていますよね。

 そんな中でも物量は増えています。休む事ができない生産財車両(商用車)はスタッドレスタイヤへの履き替えが必須です。凍結してから・雪が積もってからでは身動きができません。関東地方では晩秋から年末にかけて商用車の履き替えがピークになります。

 スタッドレスタイヤは乾いた舗装路から積雪・凍結路までを「ある程度」カバーするタイヤで、夏タイヤに比べると、使用しているトレッドのゴムや溝の深さ、パターンが大きく違います。

 トレッド面のゴムは低温になっても硬くならないようなゴムを使用しており、凍結路でタイヤと路面の接点にできるミクロの水膜の除去など(各メーカーで違いはありますが)、夏タイヤには無い性能のゴムを採用しております。

 トレッドパターンも積雪時の駆動力、制動力、旋回能力を得るために夏タイヤより深めの溝で、氷上性能確保のために、「溝」というよりは切れ目や筋というような「サイプ」と呼ばれる細かいパターンが刻まれています。サイプの目的は細かい切れ目による毛細管現象を利用して水膜の除去を行ない、スリップを可能な限り少なくしようとしているイメージです。

 このスタッドレスタイヤ特有のゴムとパターン特性により、夏タイヤと比較した場合に「違和感」とまでは言いませんが、フィーリングの違いがあると思います。

 私自身は、スタッドレスタイヤのフィーリングの違いはトラック用では体感はないのですが、乗用車の場合、制動時や旋回時での夏タイヤに比べ「腰砕け」感はあります。勿論新商品がリリースされる度にパターンのデザイン変更等で改善はされてはきてますが、それでも柔らかい感じは否めません。

 「腰砕け」の柔らかい感じは、柔らかいトレッドゴムの使用と、ブロックパターンで路面と接触する場合、ブロックの動きが夏タイヤより大きくなるからです。

 ブロックパターンのメリットは、積雪路や泥濘路でのしっかりした路面への食い付きで、これはブロックとブロックの間の溝に雪や泥等が入り込み、車両の重さにより押し固められ柱状になった雪や泥に駆動力や制動力を伝えることでスリップを少なくできるというパターン特性です。

 わかりやすく言うと、キャラメルのような立方体や直方体がタイヤのトレッド全周にあるようなタイヤがブロックパターンです。路面に対して垂直と直角に溝があるイメージで、この深い溝の中に雪や泥が入り込み柱を作っています。

次ページは : ブロックパターンの注意点

最新号

【特集】 ジャパンモビリティショー2023 トラックの近未来のカタチいろいろ フルロードvol.51 本日(12/11)発売!!

【特集】 ジャパンモビリティショー2023 トラックの近未来のカタチいろいろ フルロードvol.51 本日(12/11)発売!!

ベストカーのトラックマガジン「フルロード」第51号本日発売!! ジャパンモビリティショー2023詳細レポートや新型スーパーグレート解説など情報満載です!!