特殊技術で低ぅ〜い荷台を実現!! パブコのフルオーダーメイド平ボディの機能美に酔いしれる!!

 フルオーダーメイドの平ボディの製作は、本来なら数カ月はかかるもの。しかしそれを最短45日という、異例のハイスピードでやってのける架装メーカーがある。三菱ふそう系の大手架装メーカー、パブコの近畿工場がそれだ。

 スピード、アイデア、技術力の三拍子が揃った平ボディの名産地、パブコ近畿工場の新作平ボディをレポートした!!

文・写真/トラックマガジン「フルロード」編集部
※2022年9月12日発売「フルロード」第46号より

【画像ギャラリー】機能美あふれる荷台の特徴は? パブコのフルオーダーメイド平ボディのディティールをチェック!!(15枚)画像ギャラリー

パブコ近畿工場とは?

パブコの新作セルフ式重機運搬車「ハイジャッキセルフ」の1号車。ベース車両は日野プロフィアFW系だ

 パブコは、三菱ふそうトラック・バスの100%子会社の架装メーカーで、ウイングボディやバンボディの生産/架装で有名。ウイングやバンの生産を行なっている本社工場は神奈川県海老名市にある。

 いっぽう、奈良県大和郡山市にある同社第二の生産拠点、近畿工場は100%受注生産の平ボディが専門というのが特徴。大量生産を行なう大手架装メーカーでありながら、受注生産専門の工場を持っているのは、国内でも同社ぐらいしかないと思われる。

 そんなパブコ近畿工場の生産能力は月最大60台で国内最大規模。仕様確定〜納車まで最短45日の短納期も持ち味で、近年は基本仕様にオプションを追加していくセミオーダーシステムでさらなる短納期を実現する平ボディ「ザ・ブロック」シリーズも売り込み中だ。

新作平ボディの基本プロフィール

 今回紹介する平ボディは2022年4月に完成した新型セルフ式重機運搬車「ハイジャッキセルフ」の1号車。従来型ハイジャッキセルフは鳥居とアウトリガーが別体だったが、新型は一体型とすることで、従来より約400mm長い荷台内法長を実現しているのが特徴。

 今後は「ハイジャッキセルフ(鳥居一体型)」として販売していく予定だが、今回の車両はユーザーの特別なオーダーでフルカスタムされた車両。荷台仕様は標準仕様と大きく異なる。

 ユーザーのえびの興産(大阪府四條畷市)は、接着機械製造や接着剤販売など、接着に関するあらゆる製品/サービスを扱う接着のスペシャリスト。

 接着事業のほか、輸送事業、倉庫事業、機器収容局舎の設置工事なども展開しており、今回のハイジャッキセルフは精密機械/機器など重量物の運搬/据え付け用。メインの積み荷は重量物だが、現場で使う大型フォークリフトを運ぶこともあるという。

次ページは : 荷台の見どころをチェック!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

【三菱ふそうeキャンター】遂に登場した次世代モデルを詳報!! フルロードVol.46 本日(9/12)発売!!

「ジャパントラックショー2022」で話題をさらった注目のトラックを追う巻頭特集。低床キャブのエコニックの試乗をはじめ、ショーの主役が続々登場します。また、9月7日に発表されたばかりの三菱ふそうeキャンター次世代モデルも速攻で詳報!!