トラックのボディをつくる架装メーカーの挑戦! 平ボディの復権に挑むパブコの場合【前編】

トラックのボディをつくる架装メーカーの挑戦! 平ボディの復権に挑むパブコの場合【前編】

 ひと口にトラックといっても、いすゞや三菱ふそう、UDトラックス、そしていま何かと話題の日野自動車といった、業界でいうところのシャシーメーカーもあるが、そのシャシーの上に載せるボディをつくる架装メーカーもとても大切な存在だ。

 架装メーカーは、バンやウイングボディなどをつくるカーゴ系のメーカーとダンプやゴミ収集車などをつくる特装系のメーカーに大別されるが、今回はカーゴ系メーカーの中からパブコの新たな取り組みにスポットを当ててみたい。

文/フルロード編集部 写真/フルロード編集部・パブコ
*2020年6月発行トラックマガジン「フルロード」第36号より

【画像ギャラリー】平ボディ専用工場のパブコ近畿工場をギャラリーでチェック(7枚)画像ギャラリー

四社横並びのメーカー完成車シフト

 神奈川県海老名市に本社工場を構えるパブコは、1901年に設立された日本で最も歴史のある架装メーカーの一つである。ちょっと変わった社名のパブコ(PABCO)は、Pearl-Line All Brothers Corporation、「真珠は1つでも美しいが、それが輪になるとさらに美しさが増す」を由来としている。

 また、日本フルハーフ、トランテックス、日本トレクスと並ぶカーゴ系四大架装メーカーのうちの1社で、従業員数は約600名を数える。

 ダイムラートラックグループに属する三菱ふそうトラック・バスの100%子会社だが、架装メーカーというのは基本的に「全方位外交」なので、トラックシャシーはどこのメーカーでも「ウェルカム」だ。

 ところで、架装メーカーが手がけるトラックボディには、メーカー完成車と「民需」と呼ばれる一般的な注文生産車がある。

 四大架装メーカーはそのどちらも手がけているが、近年は、トラックメーカーや販売会社はもとより、ユーザーにもメリットのあることが再認識され需要が急速に伸びていることから、カーゴ系の大手架装メーカーは各社ともメーカー完成車に軸足を置いたシフトを組んでいるのが現状だ。

 バンやウイングボディを主体とするメーカー完成車の中でも、特に大型のウイングは完成車のすう勢を占めるに至っており、その勢いが止まらない。

 しかしながら、トラックの架装の成熟期の象徴であるメーカー完成車は、技術的にそれほど突出したものはなく、製品特徴の差異がほとんどない、いわば四社横並びの製品という側面がある。

 ということは、サッカーなどでいうところの「数的優位」が物を言い、下手をすれば「価格の叩き合い」を誘発する懸念がある商品ということになる。

 計画生産ができるメーカー完成車は、架装メーカーにも多大なメリットをもたらすものだが、四社横並び体制がもたらす自縄自縛的なジレンマが垣間見えるのもメーカー完成車の世界なのである。

「独自性」を打ち出したパブコの新展開

 こうした中でパブコは、メーカー完成車に関しては、先行する3社にやや水をあけられているが、それだけにメーカー完成車に縛られず、思い切って新たな事業展開に踏み出すことができる立ち位置にいた。

 そして、その動きは早くも加速していた。パブコは今年から主軸となる新商品を投入。新たな事業展開は、ちょっと予想外の奈良という地で、すでに始まっていたのだ。

 奈良県大和郡山市にあるパブコ近畿工場は、それまで別会社だった(株)パブコ近畿を2014年に統合したもので、本社工場である相模工場につぐパブコの第2工場である。従業員数は約120名。年間売上は約20億円で、基本的に100%自主生産だ。

奈良県大和郡山市にあるパブコ近畿工場。写真は厚生棟でロッカールームやシャワールーム、食堂兼休憩室がある

 パブコがここ近畿工場で開始した新たな事業展開が平ボディに特化した生産で、これまで並行して生産していたウイングやバンボディを段階的に減らし、今年からはすべて平ボディのみに切り替えるという。年産720台を目標としており、この規模の平ボディ専用の生産工場は日本でも唯一無二の存在となる。

 そのパブコ近畿工場を訪ね、その狙いと進捗状況を聞いた。お話は、パブコ本社から営業・商品戦略本部本部長の西山友貴取締役、営業・商品戦略本部特販部の齊藤直樹エキスパート、近畿工場からアフマドヴ・ケナン工場長、近畿製造部近畿生産管理課の刑部(おさかべ)昭彦課長、生産本部近畿製造部近畿技術課の薮内貴之課長である。(編集部注:役職等は取材時。現在の役職は、アフマドヴ・ケナン氏はパブコ代表取締役社長、西山友貴氏は取締役生産本部長、刑部昭彦氏は近畿工場長)。

次ページは : 平ボディに特化したパブコ近畿工場

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

【三菱ふそうeキャンター】遂に登場した次世代モデルを詳報!! フルロードVol.46 本日(9/12)発売!!

「ジャパントラックショー2022」で話題をさらった注目のトラックを追う巻頭特集。低床キャブのエコニックの試乗をはじめ、ショーの主役が続々登場します。また、9月7日に発表されたばかりの三菱ふそうeキャンター次世代モデルも速攻で詳報!!