ポストディーゼル車のダークホース!? 航続距離1000km超を実現するいすゞギガLNGの可能性を探る!!

 BEVやFCVが次世代車として脚光を浴びる中、天然ガス自動車の開発にも力を入れているのが、いすゞ自動車だ。同社はエネルギーセキュリティや環境負荷低減の観点から約30年にわたって天然ガス自動車の開発・普及促進に注力。現在では国内で唯一、天然ガス自動車を販売するメーカーとして知られている。

 同社が販売している天然ガス自動車は、従来まで小型トラック「エルフ」と大型トラック「ギガ」のCNG(圧縮天然ガス)車の2モデルだったが、昨年ギガのLNG(液化天然ガス)車が登場。長距離輸送を担う大型トラックに求められる1000km超の航続距離を実現し、注目を集めている。

 ポストディーゼルの大本命との呼び声高い、国内商用車メーカー初の大型LNGトラックの実力を検証する!!

文/トラックマガジン「フルロード」編集部、写真/いすゞ自動車
※2021年12月10日発売「フルロード」第43号より

【画像ギャラリー】2種類の燃料容器を搭載!! これが国内商用車メーカー初の大型LNGトラックだ(13枚)画像ギャラリー

ギガLNG車はギガCNG車がベース

ギガLNG車(右)とギガCNG車(左)。ギガCNG車は2015年に登場し、改良を続けながら販売されている

 いすゞ自動車は1993年頃に天然ガス自動車の研究開発に着手。国内では小型トラックや路線バスなどの車種でCNG車を幅広く展開し、2009年頃からは海外でもCNG車を展開。2015年には大型CNGトラック「ギガCNG車」を発売。同車両は改良を続けながら現在も販売中だ。

 いっぽう、ギガCNG車をさらに発展させるべく開発されたのが、液化天然ガスを燃料とするギガLNGだ。ギガCNG車をベースに開発されたギガLNG車は2018年にモニター走行を開始。2021年10月に量産モデルが正式発売されている。

 エンジンはギガCNG車に搭載されている6UV1型(直6/9.8L)がベースで、LNG車独自の燃料供給システムを搭載。燃料容器(タンク)に備え付けられた熱交換器でLNGを加温し、気化された状態でエンジンに供給する。

 燃料容器はCNG車のものをLNG車専用のものに換装し、左右ホイールベース間に搭載。容量は片側348Lで、合計696Lが充填可能。1充填あたりの航続距離は1000km超を実現する。ちなみにCNG車の航続距離は約500kmだ。

 また、左右リアオーバーハング部にはCNG車の燃料容器を搭載。容量は合計で300L。これは国内にLNGの充填設備がほとんど整備されておらず、万一燃料切れを起こしても、CNGに切り替えれば充填設備にたどり着くことができるはず……、というもの。

 なお、国内には東京〜名古屋〜大阪間を中心に約270カ所のCNG充填設備が存在。大型車が入れない小規模な充填ステーションを除いても、CNGだけで約200kmの航続距離があるので、おおむねフォローできる考えだ。

CO2削減効果はディーゼル車以上

2018年4月から2019年3月に行なわれたギガLNG車のモニター走行は総走行距離25万〜35万kmにおよぶもの。燃費や使い勝手は良好のようだ

 ギガLNG車のモニター走行は、2018年4月から2019年3月の約1年間で行なわれた。参加事業者は佐川急便とトナミ運輸の2社で、東京〜大阪間を営業運行。1日あたりの走行距離は片道約500kmで、充填は2日に1回実施。総走行距離は25万〜35万kmにおよんだ。

 その結果、走行性能はCNG車と同等。排出ガスや騒音の特性もCNG車と同等であることが確認された。燃費は4.4〜4.8km/kgで、これはディーゼル車に対して10%以上のCO2削減効果という。充填時間は10分でディーゼル車と同等。燃料供給装置にも問題は発生していない。

 ちなにに、LNGはマイナス162度の液体で、燃料容器は魔法瓶のような二重構造。断熱性が高く、なかなか温まらない仕組みだが、それでも徐々に入熱すると沸点の低いメタンから気化していく。これを「ボイルオフガス(BOG)」と呼ぶ。

 BOGでメタンが抜けると、LNGの組成が変化するウェザリング現象が発生。燃料として使うことはできなくなる。

 このためLNGは充填したら数日で消費する必要があるといわれるが、大型車は都市間輸送で継続稼働するため車両停止期間が短く、BOGが発生しにくいためLNGとの相性がいいのだそう。なお、CNGはBOGの課題がなく、ずっと燃料容器に入れたままでも大丈夫という。

次ページは : LNG充填インフラの整備状況は?