DAFがトラック製造75周年! フラッグシップの「XGプラス」には記念の特別モデルも!?

新世代のDAFと75周年記念モデル

DAFがトラック製造75周年! フラッグシップの「XGプラス」には記念の特別モデルも!?
75周年記念の「XGプラス」。黄色と黒のストライプがDAFのマイルストーンを象徴しているとか

 欧州で大型トラックの新しい重量・寸法規制が施行された2020年代、DAFも新世代への移行を始めた。

 モデルレンジとしては新世代「XF」の上位に「XG」と「XGプラス」が設定され、中距離・建設用に「XD」が導入された。新世代のXFとXDには電動パワートレーンも用意されている。LFの後継は「XB」となるが、LF同様にイギリスのレイランド・トラックスが開発する(新世代のラインナップは、小さいほうからXB、XD、XF、XG、XGプラスとなる)。

 DAFとして水素エンジンの開発も行なっているほか、親会社のパッカー(米国)として燃料電池技術にも投資している。

 いっぽう、2024年6月28日にはトラック製造75周年を記念するXGプラスのスペシャル・エディションが発売された。12.5立方メートルというXGプラスの広大なキャブ内容積はそのままに、デフレクタ、フェンダー、サイドスカートのフルエアロキットを備える。

 エンジンはパッカーのMX13型。標準搭載のデジタルミラー(カメラシステム)は安全性のほか空力性能の向上にも寄与する。ヒーター付きのスイベルシートは皮張りで、音響システムはサブウーファーを含め8台のスピーカーを備える。XGプラスでは80センチ幅の大型ベッドが標準だ。

 このシリーズには、電子レンジや高級フロアマットなどが含まれるドライバーパッケージが付属し、75周年記念モデルはスタイリッシュなシルバーメタリック塗装となる。独特の黒と黄色のストライプはDAFの製造におけるマイルストーンを象徴しているという。

 トラック製造75周年に際して、DAFトラックス社長のハラルド・ザイデル氏は次のように話している。

 「ファン・ドールネ兄弟が2024年のDAFの商品を見ても、にわかには信じられないかもしれません。ですが、その革新性、品質、効率、ドライバーのための快適性と安全性を見れば、まさにDAFの商品であると納得し、誇りに思ってくれるでしょう。

 私たちがDAFの伝統を誇りに思うように、将来の世代が今日のDAFを誇りに思ってくれることを願っています」。

【画像ギャラリー】75年分のDAF歴代トラックを画像でチェック!(30枚)画像ギャラリー

最新号

【特集】誌上開催!! ジャパントラックショー2024 フルロードvol.53 本日(6/10)発売!!

【特集】誌上開催!! ジャパントラックショー2024 フルロードvol.53 本日(6/10)発売!!

自動車雑誌ナンバーワンの「ベストカー」が自信をもってお送りする本格派のトラックマガジン!! 5月9日…