北米市場初の快挙! フレイトライナー「カスケイディア」が米国の大型トラックとして初めて累計100万台に到達!!

北米市場初の快挙! フレイトライナー「カスケイディア」が米国の大型トラックとして初めて累計100万台に到達!!

 北米最大手のトラックメーカー、フレイトライナーの大型トラック「カスケイディア」が累計生産台数100万台に達した。大型トラックがシリーズ累計で100万台に到達するのは北米初の快挙だ。

 技術開発に積極的な米国だが、世界初の公道での自動運転免許を取得した「インスピレーション」トラック(2015年)もカスケイディアがベースだった。米国政府が資金提供する「スーパートラック」プロジェクトでは、同車がダイムラーグループの先進技術の実験台となっている。

 2022年からはバッテリーEVの「eカスケイディア」も量産化を開始するなど、米国で最も売れたトラックは、常に革新を模索している。

文/トラックマガジン「フルロード」編集部
写真/Daimler Truck AG

フレイトライナー「カスケイディア」が100万台

北米市場初の快挙! フレイトライナー「カスケイディア」が米国の大型トラックとして初めて累計100万台に到達!!
北米以外にもボンネットタイプの大型トラックが走っている市場はある。オーストラリアもその一つで、右ハンドルのカスケイディアが導入されている

 ダイムラー・トラックは、同社傘下のトラックメーカーで米国オレゴン州を本拠とするフレイトライナーの大型トラック「カスケイディア」が、累計製造台数100万台という大台を超えたことを発表した。

 北米市場でクラス8(北米の重量車区分で最も重いクラス)トラックが、シリーズ累計で「7桁」の製造台数に達したのはこれが初めてだ。

 北米の大型トラック市場をリードするフレイトライナー「カスケイディア」は、ドライバーの快適性、安全性、燃費など常に改良を続け、2007年の発売以来、燃費は35%以上向上したという。

 同車はトラックに革新的な機能を搭載するための先駆者でもあった。

 例えば、米国エネルギー省(DOE)の「スーパートラック」イニシアチブでは、ダイムラーグループとして新技術を搭載するためのベース車両に選ばれた。

 このプロジェクトはエネルギー効率の向上をメーカーに促すため、量産型トラックに搭載可能な大型商用車向けの次世代技術に対して複数年に渡る長期投資を行なうものだ(現在は3期目に当たる「スーパートラック3」が行なわれている)。

 また、2022年に発売した電動トラック「eカスケイディア」は米国の50社の顧客による累計走行距離が600万マイル(約1000万km)を超えている。

 将来を見据えた技術の導入にも積極的に取り組んでおり、冗長安全性を備えた自動運転機能を搭載するカスケイディアの開発も進めている。自動運転が確実に機能するためにブレーキやステアリングを自動制御するとともに、仮想ドライバー(自動運転システム)を車両に統合するという設計だ。

 カスケイディアの自動運転機能は2019年からダイムラー・トラック・ノース・アメリカ(DTNA)の独立子会社となっているトルク・ロボティクスが、既に実際の運行による試験を行なっており、道路の安全性における新しい基準となっている。

 DTNAのセールス&マーケティング担当SVP、デイビッド・カーソン氏は次のようにコメントしている。

 「フレイトライナーは80年以上に渡り、お客様のビジネスを成功させるため、その目的に合った革新的なソリューションを提供することに専心してきました。2007年に弊社がカスケイディアをローンチした時も、まさにそのためにトラックを設計しました。

 北米市場で初めて100万台に到達するまで、カスケイディアとフレイトライナーを信頼してくださったお客様に本当に感謝しています」。

 北米で500を超えるディーラーネットワークがカスケイディアの販売とサービスを支えている。

次ページは : 歴代「カスケイディア」の開発史

最新号

ナニワの海コンお姉さんが赤裸々に描く問題作!! 君知るや女子の気苦労

ナニワの海コンお姉さんが赤裸々に描く問題作!! 君知るや女子の気苦労

ナニワの海コンお姉さんを自称するゆでさん。今では 同じ海コン仲間の男性ドライバーと、時には丁々発止と渡り合い、時には和気あいあいと語り合う立派な海コンドライバーに……。そんなゆでさんにも人知れず嘆かざるを得ない女子の気苦労がありました。