国内史上初のトラック物流実験! 冷凍スワップボディコンテナで医薬品の中継輸送をめざす!

 トラック物流の働き方改革で期待される「スワップボディコンテナ」、このコンテナを用いた初の定温輸送の実証実験が、6月29日~30日に実施された。

 実証実験は、物流企業の安田倉庫とその子会社・安田運輸が、提携企業である中央倉庫、特装車メーカーの日本トレクス、輸送会社・フジトランスポートとの共同で行なわれた。

 食品、医薬品、精密機械などの物流で欠かせない定温輸送の分野でも「中継輸送」が実現すれば、ドライバー不足の解決に向けて大きく前進するものとみられる。

文/トラックマガジン「フルロード」編集部、写真/安田倉庫、「フルロード」編集部

【画像ギャラリー】次世代の医薬品輸送をめざす冷凍スワップボディコンテナ!実証実験の貴重な姿がこれだ!(8枚)画像ギャラリー

日帰りできる長距離トラック輸送

実証実験における中央倉庫京都PDセンターでのスワップボディコンテナの脱着作業

 スワップボディコンテナ(SBコンテナ)は、単純にいえば車両総重量25トン大型トラックの荷台を分離できるようにしたものだ。これを運行ルートの途中で別のトラックに載せかえれば、中身に触れることなく積荷をバトンリレーできることになる。

 同じものを運ぶためにドライバー2人とトラック2台が必要になるが、ドライバー1人当たりの運行時間は約半分となり、日帰りも可能になる。つまりドライバー不足の一因である「長時間拘束」を解消できる可能性があるのだ。

 それゆえにSBコンテナは、新しい時代のトラック輸送形態の一つとしていま注目されている。

国内初の冷凍スワップボディコンテナ

日本トレクスで開発中の冷凍スワップボディコンテナ「スワップ冷凍フラットパネルバンボデー」

 今回の実証実験では、そのSBコンテナも、日本初のタイプが用いられている。それが、日本トレクスが開発を進めている「スワップ冷凍フラットパネルバンボデー」だ。

 「スワップ冷凍フラットパネルバンボデー」は、今年5月開催の「ジャパントラックショー2022」でプロトタイプが初公開されたばかり。冷凍ユニット付かつ断熱構造を備えたSBコンテナは、欧州では以前から実用化されているものの、国内での開発は初めてである。

 このSBコンテナは、荷室内(庫内)温度-25℃を維持できる断熱ボディに、冷凍ユニットを組み合わせたものだが、冷凍ユニットを駆動するディーゼルエンジン用の軽油タンク(80L)も併せて搭載しており、コンテナ自身が独立して連続約3日間の庫内温度維持を可能としている。

 安田倉庫では、この「スワップ冷凍フラットパネルバンボデー」を、中期経営計画の目標として掲げる「メディカル物流拠点の拡充と体制の強化」「国内外の輸配送ネットワークの拡充」で活用することを検討している。つまり実証実験は、次世代の医薬品輸送を模索するステップというわけだ。

医薬品輸送の重要なポイント

 日本の医薬品輸送では現在、「医薬品の適正流通基準(GDP)」という国際基準が導入されている。その中で、トラック輸送時には「温度マッピング」(荷室内に17カ所以上の温度測定ポイントを設置して監視しなければならない)に基づいて、庫内温度を維持することが定められている。

 これは中継輸送とともに、医薬品を運ぶ冷凍SBコンテナ実証実験の重要なポイントとなっている。安田倉庫によると、実証実験では医薬品を模したダミー貨物を積みこみ、庫内を冷蔵温度帯(+5℃~-5℃)に設定した上で、温度マッピングの検証を行なっているという。

 また、冷凍SBコンテナには、-25℃~+25℃の範囲での温度調整能力があり、冬期や寒冷地などの低温環境下でも、設定された庫内温度帯での定温輸送を可能としている。そのため、今回の実証実験は2日間だったものの、今後も継続して実証実験が行なわれることになっている。

次ページは : スワップボディコンテナを中継輸送