ダブル連結トラックに新規格トレーラ! 最近注目を集めるトレーラの基礎知識をまとめてみました

ダブル連結トラックに新基準トレーラ! 最近注目を集めるトレーラの基礎知識をまとめてみました

 商用トレーラの種類を大きく分けると、国内で普及しているセミトレーラ型、より大量輸送を可能にするフルトレーラ型の2種類があります。

 こうしたトレーラは近年、保安基準や車両制限令等の緩和が行なわれ、従来よりも長大化された新規格セミトレーラ・フルトレーラも続々誕生しています。さらに、あまり聞き慣れない「ダブル連結トラック」という車両も登場しています。

 そんなちょっと煩雑になってきているトレーラ事情ですが、あらためてトレーラの基礎知識としてお届けしたいと思います。

文・写真/フルロード編集部

【画像ギャラリー】新規格トレーラやトレーラ装置のアレコレをギャラリーでチェック!(16枚)画像ギャラリー

■セミトレーラの基礎知識

 トレーラ連結車は、被けん引車のトレーラと、けん引車のトラクタが脱着できるのが最大の特徴です。

 こうした特徴により荷物の積み降ろしの時間を省くドロップ&フック輸送や、運行途中で運転手を交代することで労働時間短縮ができる「中継輸送」などの高効率な輸送形態が可能になり、また全長12mまでの大型トラックよりも大量輸送化が可能なため、省人化に貢献できます。

 ではセミトレーラとフルトレーラの違いはどんなところにあるのでしょうか。

 セミトレーラのけん引は、荷台を持たないセミトラクタで行なわれます。連結は、セミトラクタのキャブ後方、後車軸の上あたりに備わっている「第五輪」(単にカプラと呼ばれることもある)と呼ばれる連結装置と、トレーラ側の連結器の「キングピン」をはめ込みます。

セミトラクタのキャブ後方に備わった第五輪。トレーラ側のキングピンをはめ込みけん引を行なう

 連結時はトレーラの重量の一部がトラクタの後軸(駆動軸)に分散されるため、セミトラクタには「第五輪荷重」という連結装置が負担する最大積載量に相当する数値が定められています。

 また、セミトレーラは後輪しか持たないため、そのままでは自立することができません。非連結時には「ランディングギア」という補助脚伸ばして自立させます。

■フルトレーラの基礎知識

 いっぽうフルトレーラは、荷台が備わったフルトラクタ(連結装置を架装した大型トラック)でけん引を行なう車両です。フルトラクタ側のけん引装置(ベルマウス、ピントルフック、トーイングヒッチなどと呼ばれている)に、フルトレーラ側の連結器である「ドローバー」(連結棒)を接続してけん引します。

 さらにフルトレーラは、車軸の配置の違いで「センターアクスル式」と「ドリー式」に分かれています。

 センターアクスル式はその名のとおり、トレーラ中央に車軸がある形態で、フルトラクタ側の連結器を起点に1カ所が可動するという特徴があります。可動部が1カ所なので、バック時でもセミトレーラと似た感覚で操縦操作できるといわれています。

センターアクスル式のフルトレーラ。トレーラ中央に車軸があるので判別はしやすい
こちらはドリー式の連結部。写真右がトラクタ、左がトレーラ

 ドリー式は、トレーラの前後2カ所に車軸がある形態で、フルトラクタ側の前軸は旋回可能なターンテーブル(回転式)付の台車(ドリー)になっています。

 トレーラのタイヤが前後にあるため、荷重が均等に分散される特徴があり、重量物の運搬に優れています。可動部が2カ所あるためバック時など運転がさらに難しくなる車両でもあります。

 このドリー式にはさらに、ドリーがトレーラと一体となっているものと、ドリーに第五輪を装備して分離できるものがあります。

 後者の分離型は、セミトレーラをフルトレーラとして用いることも可能な方式で、日本での例は少ないですが、欧州で普及しています。

次ページは : ■長大化が進む新規格トレーラ

最新号

ベストカー最新号

【三菱ふそうeキャンター】遂に登場した次世代モデルを詳報!! フルロードVol.46 本日(9/12)発売!!

「ジャパントラックショー2022」で話題をさらった注目のトラックを追う巻頭特集。低床キャブのエコニックの試乗をはじめ、ショーの主役が続々登場します。また、9月7日に発表されたばかりの三菱ふそうeキャンター次世代モデルも速攻で詳報!!