商用車のコネクティビティがスゴいことに! ドライバー向けアプリも登場した「いすゞMIMAMORI」独走の秘密

商用車のコネクティビティがスゴいことに! ドライバー向けアプリも登場したいすゞMIMAMORIの独走の秘密

 いすゞ自動車の「MIMAMORI」は日本初の商用車テレマティクスである。運用開始は2004年なので、今年で18年目を迎える商用車テレマティクスの草分け的存在だ。スタート当初は「みまもりくんオンラインサービス」と呼ばれていた。

 商用車テレマティクスは、今風にいえば「コネクティビティ」ということになるだろう。そう、自動車の4つの最先端技術を指す「CASE」の1つであるコネクティビティのことだ。

 コネクティビティには通信端末が不可欠だが、いすゞの車載端末を搭載した車両は現在約30万台走っており、そのうち約8万台がMIMAMORIの契約をしている。

 ちなみに、その約8万台のうち約3割が他社製トラックだという。後付けが簡単にできることもさることながら、商用車テレマティクスではMIMAMORIが独走していることの証でもある。

 MIMAMORIにはこのほど待望のトラックドライバー向けのアプリも登場し、さらに活用の場を拡げそう。知らない間に長足の進化を遂げていた商用車のコネクティビティの実際に迫ってみよう。

文/トラックマガジン「フルロード」編集部  写真・イラスト/「フルロード編集部」、いすゞ自動車

【画像ギャラリー】商用車のコネクテッドサービスの分野で独走を続けるいすゞのMIMAMORI(11枚)画像ギャラリー

いすゞの2つのコネクテッドサービス

 商用車テレマティクスは、今ではコネクテッドサービスなどとも称されるが、前述したようにこれには通信端末が不可欠だ。いすゞでは順次採用を開始し、現在ではギガ、フォワード、エルフの全車に通信端末を標準搭載している。

商用車のコネクティビティがスゴいことに! ドライバー向けアプリも登場したいすゞMIMAMORIの独走の秘密
全国津々浦々を走るトラックも「商用車テレマティクス」によって「繋がるトラック」に……

 ちょっとややこしいので最初に整理しておくと、いすゞのコネクテッドサービスは2つあり、1つが有償運行管理サービスのMIMAMORI。もう1つが車両コンディションデータを活用した高度純正整備のPREISMで、こちらは車両標準のサービスとなっている。

 予防整備を柱としたPREISMは、ダウンタイム(故障等でトラックが稼動できない時間)を極力減らし、稼動をサポートすることが主たる狙いだ。

そもそもMIMAMORIってどんなもの 

 では、MIMAMORIのシステム構成はというと、通信端末と車載器であるコントローラとクラウドサーバーで成り立っている。通信端末には通信モジュールを搭載しており、車速やエンジン回転パルスといった車両データを各基地局に送信し、データをサーバーに集約する。

商用車のコネクティビティがスゴいことに! ドライバー向けアプリも登場したいすゞMIMAMORIの独走の秘密
MIMAMORIの運用システム例(オプションのインターネットデジタコ)

 運送事業者はMIMAMORIを契約した際に発行されるIDとパスワードによって、パソコンやタブレット上で自社の車両の位置や運行状況を確認でき、また、運転日報等の出力を行なうこともできる。

 MIMAMORIの機能は、その目的によって「エコドライブ」「動態管理」「法令遵守」の3つに分けられる。

機能は3つ「エコドライブ」「動態管理」「法令遵守」

 
 エコドライブは、乗務員に対し運転中に省燃費運転となるような運転方法を音声で的確にアドバイスするもの。さらに「エコドライブトレーニングレポート」ではエコドライブ・安全運転度合を採点、ランキング表示し、改善ポイントを明確にするなどの機能も備えている。

商用車のコネクティビティがスゴいことに! ドライバー向けアプリも登場したいすゞMIMAMORIの独走の秘密
エコドライブトレーニングの画面

 動態管理は、車両位置や運行状況をリアルタイムに確認するもので、新機能も加わり多彩なサービスが用意されている。列記すると、車両位置お知らせサービス、輸送状況お知らせサービス、運行軌跡サービス、運行軌跡ガントチャート表示、ジオフェンス入出お知らせサービスなどとなっている。

商用車のコネクティビティがスゴいことに! ドライバー向けアプリも登場したいすゞMIMAMORIの独走の秘密
MIMAMORIの動態管理画面(車両のクラスタリング表示)

 また、ドライバーステータスモニター連携という機能もあるのだが、これがなかなかユニークなもの。ドライバーの目の動きをモニタリングし、脇見や居眠り等を検知。車両側ではドライバーに音声で警告するとともに、事務所側にもリアルタイムにその情報を伝えることができるのだ。

 最新のギガに搭載しているドライバー異常時対応システム(EDSS)は、ドライバーの異常を検知すると車両を緊急停車させるものだが、MIMAMORIはその情報を事務所側に知らせることもできるのだ。MIMAMORIはセーフティドライブにも寄与していることがわかる。
 
 法令遵守もMIMAMORIの大切な機能である。これには運転日報の作成、デジタコデータを通信で取得・チャート化するインターネットデジタコ、乗務員毎の乗務時間等が分かる拘束時間管理表の作成ができる労務管理サービス、車検・点検の予実管理ができる車検・点検予定表などのメニューがある。

 オプションとなるが、点呼酒気帯確認を定量的に測定するアルコールチェッカーとの連携もでき、これも法令遵守の項目に入るだろう。

次ページは : よく使われている機能と料金