運転手の生活実態ってどうなの!?  女性トラックドライバーに聞いた「食事・休憩・トイレ」事情

生活リズムが崩れやすいからこそ守るべき大切なこと

 こんなことしていると「真面目に仕事してない」って言われそうだけど、ここからが本題です。

 私は定期の長距離ではありませんが、このような仕事のため、ほとんど家に帰れていません。幸い空港から自宅が近いので、シャワーだけでも一旦帰宅していますけど、自宅でゆっくり過ごせるのって週末くらいです。

 遠方に出ても4t未満だと帰り荷がほとんど無いので、すぐにトンボ帰り。走って、積み降ろししている以外の時間は、仮眠・入浴・食事以外まったく取れないことが珍しくなくなります。

 するとどうなるかというと、間違いなく精神が病んでくるんですよ。自分の空間は狭いキャビンの中(しかも2t車ベースってラウンドカーテンありませんし)、好きなことをする時間もないし、仕事とプライベートの区別もつかない。

 ようやく休日に自宅に帰れても、疲労のあまり寝て一日が終わり、また仕事に戻る。いくら好きな仕事でも、「楽しい」とか「やりがい」とか、全く感じなくなります。

 起きているのがやっとの状態で走っていると、心が低空飛行のまま自分が辛くなっていることにも気づかなくなるほどに、人としての感情が動かなくなる。そして私の体験上、病んでくる時って必ず入浴に無頓着になってきます。

 入れるのに面倒だから「フロ入らなくていいや」ってのは、実はけっこうヤバいんですよ。だからこそ、食事や入浴ってすごく大切。私はこういう時は意識的に「今、自分は何をしたら気分良くなれるか」に目を向けます。

 とりあえず何かを食べる、とりあえずスタンドでシャワーを浴びる。その「とりあえず」をやめるんです。

仙台寄ったらとりあえず牛タン!! 忙しさの中にもこうした楽しみを見つけることが良い精神状態を保つヒケツ
仙台寄ったらとりあえず牛タン!! 忙しさの中にもこうした楽しみを見つけることが良い精神状態を保つヒケツ

 私のようにご当地グルメを楽しんで温泉に入るというのがむずかしい人も多いでしょう。でもそれができなくても、今の条件の中で最善を尽くす。コンビニ弁当でも自分が食べたいと思えるものを選ぶ。

 シャワーで済ますにしても、心地良い香りの石鹸や肌触りの良いタオルを選ぶ。そして何より大切なのは、自分がちゃんと「おいしい」「心地良い」と感じていることに意識を向けて、しっかりと味わうこと。

 これを意識的にやっていると、常に自分が心地良いと認識できるようになり、かなり精神状態がまっとうになります。幸い、この仕事って運転している時は割と自由でいられるでしょう。

 できる範囲で構わないから、おいしい物を食べる、好きな音楽を聴く、良い香りと思える芳香剤や香水を使ってみる等、意識的に自分が心地良いと思えるほうに日常をシフトして行くと、ストレスだらけの自分の「気」を上げることができます。

 そうすると、たとえば渋滞でもイライラしにくくなったり、配達先の感じの悪いお客さんを相手にしても軽く流せるようになったりと、ストレスへの耐性がついてきます。

 スピリチュアル的によく言う「波動を上げる」ってのは、胡散臭いことでもなくて、自分を心地よく機嫌の良い状態にすことで、周りからも「感じの良い人」と見られるようになり、それが高じて日常の運気まで変えることができる、「自分に対する気遣い」なんです。

 だから、食べること・休むことをおろそかにしちゃいけない。そこから軌道修正して、人生すら変えていくことができるんですから……。ゆっくりできる自分の時間がないままに、頑張って走っているドライバーの皆様が今日も健やかでご安全でありますよう祈っています。

【画像ギャラリー】モチベーションアップには欠かせない!! ドライバー特権で巡る温泉・ご当地グルメ(8枚)画像ギャラリー

最新号

【特集】誌上開催!! ジャパントラックショー2024 フルロードvol.53 本日(6/10)発売!!

【特集】誌上開催!! ジャパントラックショー2024 フルロードvol.53 本日(6/10)発売!!

自動車雑誌ナンバーワンの「ベストカー」が自信をもってお送りする本格派のトラックマガジン!! 5月9日…