小さな車体にギミック満載!! 自動車輸送のエキスパート「一台積み車両運搬車」に迫る!!【働くクルマの大図鑑】

「一般型」と「車載専用型」とは?

車載専用型は国交省の構造要件をクリアすることで、一般型に比べて荷台を長くできるが、自動車以外のものは運ぶことができない
車載専用型は国交省の構造要件をクリアすることで、一般型に比べて荷台を長くできるが、自動車以外のものは運ぶことができない

 車載車には、国交省の構造要件として「一般型」と「車載専用型」の2種類が存在する。

 一般型はリアオーバーハングの長さがホイールベースの1/2未満に制限されるが、自動車のほか、建設機械/農業機械/産業機械などさまざまな物品を積載できる。

 一方、車載専用型はリアオーバーハングの長さがホイールベースの2/3未満まで認められ、荷台の長さを一般型より長くすることができるが、自動車を専用で積載する構造(構造要件は以下の5つ)のため、建設機械などを運ぶことはできない。

【1】クルマの積載時に高さ450mm以上かつ荷台内法幅の30パーセント以上の幅を持つ左右対称の扉を備える
【2】荷台床面に開口部、または車輪を載せる道板などのみ、または車輪を載せる床面以外は網状もしくは床レスとする
【3】運転席に荷台格納警報装置を備える
【4】側面アオリの高さ150mm未満
【5】荷台サイドに幅×高さ55mm以上の文字で「車載専用車」と表示すること

【画像ギャラリー】技術力は世界トップレベル!! 一台積み車両運搬車の特徴とバリエーションをチェック!!(17枚)画像ギャラリー

 

最新号

【特集】 ジャパンモビリティショー2023 トラックの近未来のカタチいろいろ フルロードvol.51 本日(12/11)発売!!

【特集】 ジャパンモビリティショー2023 トラックの近未来のカタチいろいろ フルロードvol.51 本日(12/11)発売!!

ベストカーのトラックマガジン「フルロード」第51号本日発売!! ジャパンモビリティショー2023詳細レポートや新型スーパーグレート解説など情報満載です!!