生き残りをかけトラック架装のもう1つのボリュームゾーンに注力!  平ボディの復権に挑むパブコの場合【後編】

生き残りをかけトラック架装のもう1つのボリュームゾーンに注力! 平ボディの復権に挑むパブコの場合【後編】

 スーツで言えば、オーダーメードに例えられる「民需」に対して、メーカー完成車はいわばレディメードのトラックボディだ。

 今や大型のウイングボディやバンボディですう勢を占めるメーカー完成車だが、先行するメーカー3社にやや水をあけられていたパブコは、ここでもう1つのボリュームゾーンである平ボディに着目。

 メーカー完成車の手法で高品質・短納期・即戦力を実現する大型平ボディ「ザ・ブロック」を開発した。後編はその開発手法をレポートする!

文/フルロード編集部 写真/フルロード編集部・パブコ
*2020年6月発行トラックマガジン「フルロード」第36号より

【画像ギャラリー】短納期を実現するパブコの大型平ボディ「ザ・ブロック」をギャラリーでチェック(8枚)画像ギャラリー

完成車のメリットをトレースする大型平ボディ「ザ・ブロック」とは?

 では、パブコの期待の大物「ザ・ブロック」の製品特徴とは何か、もう一度整理して伝えてもらおう。

 「製品特徴は、高品質・短納期・即戦力の3つに象徴されていますが、まず高品質についてですが、ザ・ブロックは一部ウイングの部品と共通化しており、設計も完全に整備しているので、これによって品質的にも安定しています。

 それに近畿工場50年の蓄積されたノウハウが詰まっているので、品質には自信を持っています。短納期については、先ほど来から話に出ていますが、材料の手配も図面も整備されているので、生産側も容易に早期展開ができます。

 民需の平ボディは1台1台いろいろな部品が必要なのですが、これは仕様が統一されていますので、つくりやすく作業性もアップしますし、部品の共通化によりアフターパーツの供給も迅速に展開できるというメリットもあります。

 さらに即戦力ということに関しては、実用的な装備は標準で設定しています。たとえばバックアイカメラ、LED作業灯、左右FRPフタ付きボックス型物入れ、アオリ開閉補助装置、鳥居補強ガセット兼用足掛け、チェーン掛けなどなど、必要充分な装備を採用しています。

 また、ロープフックは通常は溶接ですが、ザ・ブロックではボルト締結にしています。溶接では錆が発生しやすいためで、そういったところまで気を配って標の蓄積されたノウハウが詰まっているので、品質には自信を持っています。

ザ・ブロックは、いわば大型平ボディのメーカー完成車というべき存在。完成車のメリットを踏襲し納期短縮に貢献する

 いっぽうオプションも豊富に揃えています。標準仕様の床材はアピトンですが、これは積み荷や用途によってニーズが違ってきますので、厚さの異なる亜鉛鉄板張りを2種類用意したほか、縞鋼板も準備しています。

 そのほか、角材・スタンション2対、リヤロープ柱、ステンレス製ヒンジ、ステンレス製掛け金、ステンレス製掛け金2対、中間柱、アームがステンレス製の開閉補助装置、さらに耐塩害塗装といったさまざまなオプションも用意しています。

 現在、6×2の後2軸車用にザ・ブロックを設定していますが、ボディは五方開のアルミブロックで、全長11990mm、全幅2490mm、全高3060mm。荷台の内法長9600mm、内法幅2400mm、サイドのアオリ高800mm、リヤのアオリ高700mmとなっています。

 ちなみにザ・ブロックというネーミングは、もちろんアルミブロックを使った平ボディという意味も込めていますが、『The』は無類の、『Block』はベスト、ロジスティクス、オプション、カウントレス、キロメーターズの頭文字からとっていまして、日本語にすると、『無数のキロメーターに続く最高の物流の選択肢』となり、無数のキロメーターを走って荷物を運ぶ、それを実現できるような最高の選択肢になればいいなという思いを込め、皆で考えたものです」。

次ページは : もう1つのボリュームゾーン「平ボディ」の復権へ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

【三菱ふそうeキャンター】遂に登場した次世代モデルを詳報!! フルロードVol.46 本日(9/12)発売!!

「ジャパントラックショー2022」で話題をさらった注目のトラックを追う巻頭特集。低床キャブのエコニックの試乗をはじめ、ショーの主役が続々登場します。また、9月7日に発表されたばかりの三菱ふそうeキャンター次世代モデルも速攻で詳報!!