大型車のバッテリーはついにメガワット超え! ボルボ子会社が世界初の1000kWhオーバーの電動トラクタを発表

大型車のバッテリーはついにメガワット超え! ボルボ子会社が世界初の1000kWhオーバーの電動トラクタを発表

 スイスのバッテリー電気(BEV)トラックメーカーで、2021年にボルボグループに買収されたデザインヴェルク(DW)は2022年11月15日、バッテリーの総容量が1000kWh(=メガワット時)を超える世界初の電動トラクタを発表した。

 メガワット超えを達成したのはボルボ製トラックをベースとするDWの「ハイキャブ」と「ミッドキャブ」シリーズの6*2トラクタで、搭載するバッテリーの総容量は1017kWh。このうち走行において利用可能なのは864kWhとなる(バッテリー保護のため)。

 DW社はBEVトラックによる無充電での走行距離でギネス世界記録を持つ「フーツリカム」の親会社だが、今年、傘下のブランドをDWに統合していた。トラクタ単体で700km以上、フルロードでも576kmの航続距離を持つメガワット超えのBEVトラクタは、2023年末までにスイス市場に投入される予定だ。

文/トラックマガジン「フルロード」編集部、写真/Designwerk Technologies AG

【画像ギャラリー】世界初だらけ? DWの電動トラックを画像でチェック!(7枚)画像ギャラリー

BEVトラクタで初めての「メガワット」超え

 電動モビリティの専門企業で、ボルボグループの子会社であるスイスのデザインヴェルクは、メガワット時=1000kWh容量を超えるバッテリーを完全電動のセミトレーラけん引車に搭載して発売する、世界初の企業となった。

 2022年11月15日に発表された商用車業界の新しいマイルストーンにより、長距離輸送や重量物輸送といった分野は、もはやディーゼル車や水素燃料電池(および水素エンジン)車だけの世界ではなくなった。

 ディーゼル、水素燃料、合成燃料などと比較しても電動パワートレーンの効率性は際立っている。エネルギー価格が高騰する昨今、これは明らかな利点だ。

 1メガワット時のバッテリーは、集配送や長距離輸送を行なう運送会社にとっては魅力的だ。これに加えて、エミッションフリーとか、行政による補助金、運用コストを含めた長期でのコスト効率など、BEVトラックが顧客企業を引き付ける基準はたくさんある。

世界記録を持つ企業の最新トラック

大型車のバッテリーはついにメガワット超え! ボルボ子会社が世界初の1000kWhオーバーの電動トラクタを発表
無充電の走行距離でギネス世界記録に認定されたDW傘下フーツリカムのトラック

 モビリティにおける変革は、公道を走る商用車の世界で特に加速している。デザインヴェルクは商用車の全体的なシステムプロバイダーであり、かつて傘下のブランドでギネス世界記録を樹立し、電気駆動トラックの可能性を推し拡げた経験を持つ(今年、ブランドをデザインヴェルク=DWに統一した)。

 デザインヴェルクの最新のトラックが1000kWh容量を超えるバッテリーを備えたトラクタユニットだ。同社によると、これまでBEVトラクタで「メガワット時」の壁を超えたメーカーは他にないとのこと。

 1000kWhという大容量の内、実際の運行で使うのは864kWhとなる。バッテリーは過放電により寿命が短くなる。総容量に対して使用しない15%はバッテリーライフを延ばすためだ。

 このバッテリーにより連結総重量(GCW)42トンのフルロードで576kmの航続距離を確保した。積み荷の重量やルートの特性によっては640kmまでは充分に可能な輸送距離となる。トラクタ単体の場合は700km以上を無充電で走行する。

 デザインヴェルクの創業者で同社役員のトビアス・ヴュルサー氏はこれを次のような一言で表現する。

 「大容量のバッテリーは電動トラックのエネルギー効率をさらに高めます。私たちの新しいBEVトラックは同じクラスのディーゼル車よりエネルギーの使用量が52%少なくなっています」。

次ページは : 長距離輸送や重量物輸送も可能に

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

【世界最大の商用車ショーIAA2022】大型トラックの電動化が加速!! フルロードVol.47 本日(12/12)発売!!

4年ぶりに開催された世界最大の商用車ショー「IAAトランスポーテーション2022」の10ページ超の大特集をはじめ話題満載の「フルロード」Vol47の中身をいち早く紹介!!