新明和工業のスライドデッキに新モデルが登場!! 低床化と軽量化がもたらす大幅進化の中身とは?

 新明和工業は、積荷搬送装置付運搬車「スライドデッキ」の新モデル、40ftコンテナ仕様を、2022年8月30日に発売した。

 新モデルは、床面の低床化により、荷台容積を従来比約3.2リューベ拡大。標準仕様で従来比約600kgの軽量化も図られ、積載重量も増加した。さらに、軽量化によりエアサス/リフトアクスル仕様のコンテナ積載セミトレーラに搭載可能となり、ランニングコストの低減が可能となるなど、各部もアップデートされている。

文/トラックマガジン「フルロード」編集部 写真/新明和工業

【画像ギャラリー】荷台をダンプアップさせることなく荷役可能なスライドデッキの特徴をチェック!!(5枚)画像ギャラリー

スライドデッキはどんなクルマ?

新明和工業の「スライドデッキ」。写真は別車両
スライドデッキの作動イメージ

 スライドデッキは、床面に敷き詰めたレールユニットを後方へスライドさせることにより、木材チップなどの積荷を、荷台を傾倒させることなく排出可能なクルマ。3本1組のアルミレールを交互にスライドさせることで、積荷を連続移動させるもので、逆スライドさせれば積み込みも可能だ。

 主な積み荷としては、木材チップ、おがくず、バーク(樹皮)、PKS(パームヤシ殻)、RPF(古紙やプラスチックを主原料とする固形燃料)、廃プラスチック、タイヤチップ、シュレッダーダストなどが挙げられる。

 新明和工業は、スライドデッキの開発から製造までを日本国内で行なう唯一のメーカーで、GVW25トン級の大型単車モデルのほか、トレーラGVW28トン級と36トン級のセミトレーラモデルをラインナップ。このうち今回登場したのは、GVW36トン級の40フィートコンテナ積載トレーラに搭載するモデルである。

 スライドデッキのセミトレーラモデルは、海上コンテナ運搬用セミトレーラ(コンテナ積載セミトレーラ)にスライドデッキボディを搭載するもの。コンテナ積載セミトレーラのほか、トラクタの油圧架装も別途必要となる。

新モデルの特長

 従来モデルは、油圧ユニット搭載スペースを優先した設計になっていたが、新型モデルは荷台容積を最大化するため、シリンダーユニット部を薄型化し低床化。これにより荷台容積が従来比約3.2リューベ拡大した。

 また、低床化に伴う床面構造や板厚の見直しに伴い、標準仕様で従来比約600kgの軽量化を実現。これにより積載重量が増加し、さらにエアサス・車軸自動昇降装置(リフトアクスル)仕様コンテナ積載セミトレーラにも積載可能になり、ランニングコストの低減も可能となった。

 さらに、油圧ユニットの薄型化により、セミトレーラシャシーのクロスメンバや補機類との干渉がなくなり、同種コンテナの搭載で必要とされていたシャシー改造も不要となっている。

 このほか、油圧ユニットの薄型化に伴い、ボアを縮小し、高圧化することにより作動速度の向上も図り、排出時間を従来比約1分短縮した。操作は従来モデル同様、スイッチを押すだけで排出、停止を操作可能。オプションでラジコン式も選択可能だ。

●主要諸元
適用シャシー:トレーラGVW36トン級40フィート海上コンテナ運搬用セミトレーラ
荷台内法長:12050mm
荷台内法幅:2300mm
荷台内法高:2665mm
前アオリ材質:普通鋼板3.2mm厚
横アオリ材質:普通鋼板3.2mm厚
後アオリ材質:普通鋼板3.2mm厚
床材:アルミ合金型材6.4mm厚
最大積載容積:73.5リューベ
最大積載重量:約23100kg
※上記スペックは全高4.1m仕様の場合です。全高3.8m仕様も対応。最大積載量は仕様により異なります。

【画像ギャラリー】荷台をダンプアップさせることなく荷役可能なスライドデッキの特徴をチェック!!(5枚)画像ギャラリー