軽トラックも荷箱もまとめてレンタル! ダイハツがオールインワン移動販売パッケージ「Nibako」を提供開始!

軽トラックも荷箱もまとめてレンタル! ダイハツがオールインワン移動販売パッケージ「Nibako」を提供開始!

 ダイハツ工業は、軽トラックの荷台に設置可能な荷箱を活用し、移動販売を始めたい小売業等の事業者をサポートするオールインワン移動販売パッケージ「Nibako」を事業化し、2022年9月6日より4都道府県(東京都、埼玉県、千葉県、京都府)を中心に、販売会社を通じて提供を開始すると発表した。

 ダイハツは全国の販売会社とともに、地域のお客の困りごとを解決し、暮らしを豊かにするべく、「コトづくり」として地域に根ざしたモビリティサービスの提供やCSR活動に取り組んでおり、Nibakoもその一環という。

 一体、Nibakoとはどんなサービスなのだろうか?

文/トラックマガジン「フルロード」 写真/ダイハツ工業

【画像ギャラリー】移動販売ビギナーも一安心? ダイハツ「Nibako」のサービス詳細をチェック!(3枚)画像ギャラリー

新たに移動販売を始めたい事業者のニーズに応える

新たに移動販売を始めたいという人のニーズに応えるためダイハツが始めた新サービス「Nibako」。単なるモノのレンタルにとどまらない内容が特長だ
新たに移動販売を始めたいという人のニーズに応えるためダイハツが始めた新サービス「Nibako」。単なるモノのレンタルにとどまらない内容が特長だ

 Nibakoは、新たに移動販売を行ないたいと考える小売業等の事業者のニーズに応えるもの。自動車メーカーならではの安全・安心、高品質で利便性の高いNibakoを求めやすい価格で貸し出すとともに、新たに移動販売をする人などへの事業相談も受ける。

 2022年9月6日より、事業者を対象とした「Nibakoサイト(WEB)」を開設。2023年度にはスマホアプリも立ち上げ、消費者向けのコンテンツを追加予定。ダイハツでは、Nibakoによる移動販売が広がることで、これまでにない場所に人が集い、事業者・関連業者・消費者がつながり合う新しいコミュニケーションが生まれ、地域の活性化に貢献できる……と説明している。

 Nibakoは、2022年9月6日より4販売会社(ダイハツ東京販売、埼玉ダイハツ販売、ダイハツ千葉販売、京都ダイハツ販売)を中心に地域を限定して提供を開始し、順次地域を増やし、全国規模への拡大を目指す。また、今後移動販売用以外のNibakoの開発も行なうほか、事業のさらなるサポートや、アプリサービスによる情報提供も随時充実させる。

 なお、今回のプロジェクトでは、社内にバーチャルカンパニーを設置し、即断即決による事業推進を行なうとともに、社内複業人材・社外副業人材による多彩なアイデアを活用して検討を進めてきた。これらの新しい取り組みから得たノウハウは、今後の新規事業開発等にも展開する。

次ページは : そもそもNibakoとはどんなモノなのか?

最新号

ベストカー最新号

【特集】 ジャパンモビリティショー2023 トラックの近未来のカタチいろいろ フルロードvol.51 本日(12/11)発売!!

ベストカーのトラックマガジン「フルロード」第51号本日発売!! ジャパンモビリティショー2023詳細レポートや新型スーパーグレート解説など情報満載です!!