世界最大のサプライヤーが誕生!! 商用車分野で圧倒的な存在感を放つZFとはどんな会社なのか?

 ドイツの自動車部品メーカー・ZFフリードリヒスハーフェンが新事業部の発足を発表。2020年に買収したワブコ社に由来する部門など、商用車に関する事業部を統合した。

 新たに設立した「商用車ソリューションズ事業部」は、トラック、バス、トラクタ、トレーラなどの商用車向けに、あらゆる部品やシステムを一社で提供する。商用車に関しては間違いなく世界最大のサプライヤーとなる。

 また、日本においては国内の3法人を合併し「ゼット・エフ・ジャパン」を設立。経営資源を集約するとともに開発力を強化し、カーボンニュートラル実現に向けた新規事業も視野に入れる。

 ZFが新事業部を設立した目的は? 日本の新会社の戦略は? 商用車の世界で圧倒的な存在感を放つ、ZFという会社について解説する。

文/トラックマガジン「フルロード」編集部、写真/ZF

【画像ギャラリー】世界最大のサプライヤー・ZFの最新技術と商用車(15枚)画像ギャラリー

商用車事業の強化を進めるZF

 ドイツの自動車部品サプライヤー・ZFフリードリヒスハーフェン(以下、ZF)は2022年1月1日付で、新たに「商用車ソリューションズ(CVS)事業部」を発足したと発表した。

 新事業部は、ZFの「商用車テクノロジー事業部」と買収したワブコ(ベルギー)に由来する「商用車コントロールシステムズ事業部」を統合したもの。

 これにより、ZFは世界最大の商用車サプライヤーとなり、車両の電動化、デジタル化、自動化、ネットワーク化といったコアテクノロジー分野で、世界のトラック・商用車業界を主導する。

世界最大のサプライヤーが誕生! 商用車分野で圧倒的な存在感を放つZFとはどんな会社なのか?
ZFが提唱する自動運転トラック

 ZFは2020年5月にトラック・トレーラ用のブレーキやサスペンションなどを製造するワブコ社の買収を完了、商用車分野の部品メーカーとしては独走感を強めていた。

 今回、商用車に関係する部門が新事業部に統合されたことで、名実ともに世界最大の商用車部品のサプライヤーが誕生した。

ZFのノウハウが結集した新事業部

 ZFは新事業部について「商用車に関するZFのノウハウを集結し、安全かつ持続可能でデジタル化された輸送ソリューションを大幅に進化させる」としている。

 ZFの取締役で新事業部の責任者を務めるウィルヘルム・レーム氏のコメントは次の通り。

 「当社の幅広い技術領域とグローバル市場での高い存在感により、お客様の製品ポートフォリオ変革に必要なソリューションを一社で提供することができます。これによりこの事業部はZFグループの成長と収益性に大いに寄与しています」

世界最大のサプライヤーが誕生! 商用車分野で圧倒的な存在感を放つZFとはどんな会社なのか?
ZF製のコンポーネントはトラックに大量に使われている

 また、商用車業界における世界最大の部品およびシステムサプライヤーとしての地位を確立ししたことについて同氏は次のように話している。

 「地域別の組織構造という新事業部の特徴を活かし、トラック、バス、トレーラのメーカーだけでなく、フリートオペレーター(運送会社)のお客様が世界中のどこにいても、お客様の傍で大きな利益を提供することが可能です。CVS事業部は、ZFのグローバル成長戦略を加速させます」

 ZFの商用車ソリューションズ事業部は、従業員約25000人が在籍し、28か国に61か所の拠点を展開する。

日本法人を統合

 いっぽう、日本におけるZFグループの3法人、「ゼット・エフ・ジャパン株式会社」、「ゼット・エフ・オートモーティブ・ジャパン株式会社」、及び「ゼット・エフ・アフターマーケット・ジャパン株式会社」は、2022年1月1日をもって合併した。

 合併後の新会社名は「ゼット・エフ・ジャパン株式会社」(以下、ZFジャパン)となる(ゼット・エフ・オートモーティブ・ジャパンを存続会社とし、旧ゼット・エフ・ジャパンなど2社を吸収合併)。

 今回の合併についてZFジャパン代表取締役社長、多田直純氏は次のように話している。

 「新生ZFジャパンは、自動車産業の大きな変化に対応可能な、シナジー効果と高い生産性を生み出す企業に生まれ変わります。さらに、カーボンニュートラル実現に向けた、新しいモビリティ分野のビジネスにも積極的に取り組み、様々な企業の方々と検討を重ねていきます」。

世界最大のサプライヤーが誕生! 商用車分野で圧倒的な存在感を放つZFとはどんな会社なのか?
小型トラック用の電動アクスル「CeTrax lite」は日本でもデモンストレーションを行なった

 自動車業界は、電動化に加え産業の垂直統合から水平分業への移行など、「百年に一度」といわれる大きな変革期にある。

 部品業界においてもコンポーネント単体だけでなく、車両システム全体を視野に入れた共同プロジェクトの必要性が増している。

 こうした環境変化の中、電動化および車両システムの高度化だけでなく、関連して創成される新規ビジネスにも対応し、競争力を強化するとともに企業価値をさらに高めるため、合併によって経営資源を集約した。

 CVS事業部と同日付で発足した新生ZFジャパンは、ZFグループの「Next Generation Mobility(次世代のモビリティ)」戦略の理念のもと、革新的な技術を生み出し、クリーンで安全なモビリティを全ての人に提供するための取り組みを進める。

次ページは : 存在感が増し続けるZFという会社