大型車の車輪脱落事故を防げ!! 国交省の事故防止キャンペーンをプロタイヤマンが読み解く

大型車の車輪脱落事故を防げ!! 国交省の事故防止キャンペーンをプロタイヤマンが読み解く

 ウインターシーズンはスタッドレスの履き替えシーズンでもあります。そこで問題になるのが大型車の車輪脱落事故。近年減るどころか増えつつあり、憂慮される事態になっています。

 商用車のタイヤサービスマン・ハマダユキオさんに国交省が行なっている事故防止キャンペーンについて解説してもらいました。

文/ハマダユキオ 写真/ハマダユキオ・フルロード編集部 グラフ/国土交通省

国土交通省の大型車の車輪脱落事故防止キャンペーン

10年前は減少していた脱落事故だが、近年は再び増加している
10年前は減少していた脱落事故だが、近年は再び増加している

 国土交通省は、大型車の車輪脱落事故が減少しないことから、2022年10月1日~2023年2月28日の期間「大型車の車輪脱落事故防止キャンペーン」を実施中です。

 2018年9月30日以前に登録された大型車の約38万台を対象にした緊急点検を実施して不具合のあるナットに関して必要書類を提出すれば新品のナットを無償交換してくれるというものです(左後輪のみ交換)。

 1年を通して冬のスタッドレス履き替え時期に脱輪が集中して発生してるため、今の時期の点検になるわけですが、点検内容はふだん弊社が実施してる作業内容とほとんど変わりなく、増えるのは必要書類への記入と社判を押すくらい。

 そこでどういう点検項目なのか、実際の書類から抜粋してみましたので、そのポイントをご説明します。

点検項目を確認してみましょう

■ジャッキアップ
確認項目:ジャッキ 『ジャッキアップポイントに確実にかけましたか?』
 これは脱着作業をする上で大前提な確認項目です。ナットを点検しろと指示されても、ジャッキが外れてケガをしたり車両を破損しては何にもなりません。正しいジャッキアップは安全作業の基本です。

■タイヤ 
確認項目:脱着 『ホイール、ボルトのネジ部およびハブのディスクホイール面を損傷させないように注意してタイヤ脱着しましたか?』
 ここでのポイントはボルトのネジ部損傷が大きいでしょうね。スリーブという工具を使えばスムーズかつ安全に作業ができます。

■ディスクホイール
確認項目:点検 『ディスクホイールの点検を行ない、亀裂や損傷がないか確認しましたか?』

 ホイールに亀裂、損傷があればそれが原因での脱輪の可能性もあります。ボルト穴付近でひびがあれば、たとえ規定トルクで締めても、ひびが進行して破損、分離、脱輪へと至るケースも考えられます。

確認項目:点検 『ホイール・ボルトの点検を行ない、亀裂や損傷がないか確認しましたか?』
 ボルトの点検はネジ部の損傷の有無やボルトの伸び等です。錆や汚れ等はワイヤーブラシ等で清掃してスムーズにネジが回転するようにします。

■ハブ
確認項目:点検 『ハブのディスクホイール取り付け面に著しい摩耗や損傷がないか点検し、清掃しましたか?』

 ハブの当たり面に損傷、摩耗があればホイールとの当たりも均一ではなくなるため、締め付け不十分の原因だったり、行き着くところはホイールの割れに至るケースもあります。

確認項目:給油 『ハブの嵌合部(インロー部)にグリースを薄く塗布しましたか?』
 これは、ハブとホイールの嵌合部分は隙間なくキッチリ嵌め込んでるので、錆の発生等でホイールがハブに固着するのを防止するためです。熱を持つ部分ですので、ここには滴点200℃の耐熱グリスを薄く塗布します。

■ホイールボルト/ホイールナット
確認項目:給油 『ホイール・ボルトとホイールナットのネジ部、ホイールナットとホイールナットワッシャーの隙間にエンジンオイルなどの潤滑剤を薄く塗布しましたか?』
 給油はボルトナットがスムーズに回転しなければ目標値の軸力確保は難しくなるため重要なポイントの一つです。ISOの場合、ボルト、ナットのネジ部のみオイルを塗布したとしてもナットのワッシャーの回転が悪く渋い場合は軸力確保の効力も落ちて締め付けは確実では無いものになってしまいます。

ISOのナット。ナットとワッシャーの矢印の部分にエンジンオイルを塗布。軽くスムーズに回る事が軸力確保には必要
ISOのナット。ナットとワッシャーの矢印の部分にエンジンオイルを塗布。軽くスムーズに回る事が軸力確保には必要

次ページは : 車輪脱落事故防止の要・ホイールナットの確認項目

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

【世界最大の商用車ショーIAA2022】大型トラックの電動化が加速!! フルロードVol.47 本日(12/12)発売!!

4年ぶりに開催された世界最大の商用車ショー「IAAトランスポーテーション2022」の10ページ超の大特集をはじめ話題満載の「フルロード」Vol47の中身をいち早く紹介!!