キャンピングカーとして話題沸騰中! ヨーロピアン商用車フィアット・デュカトの仲間と競合車を一挙紹介します!

キャンピングカーとして話題沸騰中! ヨーロピアン商用車フィアット・デュカトの仲間と競合車を一挙紹介します!

 キャンピングカー架装のベース車として、ステランティスジャパンが発売した、フィアット「デュカト」がいま話題です。国産の小型商用車にはないスタイルとサイズが新鮮ですが、メイン市場の欧州では、多数の競合車がひしめく激戦区のメジャープレーヤーです。ここでは、デュカトの仲間とそのライバルを紹介しましょう。

文/トラックマガジン「フルロード」編集部、写真/ステランティス、メルセデスベンツ、ルノー、日産、ルノートラックス、フォルクスワーゲン、MAN、フォード、SAICマクサス、ヒョンデ、GAZ

ハイエースより大きい小型商用車

フィアット・デュカト。写真はロングホイールベース・ハイルーフのL3H2で180psエンジン搭載車
フィアット・デュカト。写真はロングホイールベース・ハイルーフのL3H2で180psエンジン搭載車

 フィアット・デュカトは、セミキャブ・全幅2.05m・前輪駆動のワンボックスバンという、国産商用車にはないスタイルとサイズをもっています。ステランティスジャバンでは、その低床・大容積の架装スペースを、バン・コンバージョン型キャンピングカー向けに提案しているわけですが、まずはデュカトが属するクラスから解説しましょう。

 デュカトは、欧州LCV(小型商用車)では車両総重量(GVW)3.0~5.0トン級という、大きいほうのセグメントに属しています。デュカトは、このセグメントで約20%というシェアを占めているとされ、トップクラスの支持を集めるブランドの一つとなっています。

 デュカトの下が、GVW2.0~3.0トン級セグメントで、フィアットでは「スクード」というモデルがカバーしています。日本のLCVでいえば、「ハイエース」に最も近いのがこのセグメントで、トヨタ・ヨーロッパでも「プロエース」という欧州市場専用モデル(注:ステランティスから供給されるOEM車)を投入しています。

 さらにその下がGVW2.0~2.5トン級セグメントで、フィアットでは「ドブロ」というモデルがカバーしています。日本で知られているクルマでは、ルノーの「カングー」(の商用モデル)などが相当します。

 逆にデュカトの上は、GVW3.5~7.5トン級セグメントとなり、LCVとしては伊・イヴェコの「デイリー」の独壇場です。また、日本の三菱ふそう「キャンター」やいすゞ「Nシリーズ(エルフ)」もこのクラスに該当し、小型ながら頑丈なキャブオーバー車として、逆に欧州にはないユニークなクルマとなっています。

次ページは : 豊富なバリエーション

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

【世界最大の商用車ショーIAA2022】大型トラックの電動化が加速!! フルロードVol.47 本日(12/12)発売!!

4年ぶりに開催された世界最大の商用車ショー「IAAトランスポーテーション2022」の10ページ超の大特集をはじめ話題満載の「フルロード」Vol47の中身をいち早く紹介!!