次世代大型EVトラック発表のMAN/EVとバイオで攻めるスカニア【IAAトランスポーテーション2022】

 ドイツ・ハノーバーで9月20日~25日にわたり開催された「IAAトランスポーテーション2022」は、それまでの商用車トレードショーから、将来のトラック輸送を各社が提案するイベントへと趣旨を変えたものだ。そのトレンドを現地取材から紹介する。

 毎回大規模な出展を行なっている欧州の大手トラックメーカー5社の第2回目は、MANトラック&バスとスカニアをお送りする。両社ともTRATONグループを構成するが、前者はEVとディーゼル車、後者はEVとバイオ燃料車という特徴を見せている。

文・写真/トラックマガジン「フルロード」編集部

【画像ギャラリー】IAA2022に出品されたMANのディーゼル車とEV、スカニアの大型EVバリエーションをチェック!!(8枚)画像ギャラリー

MAN/長距離大型EVトラック以外はディーゼル車メイン

MANの次世代大型EVトラックとして発表された「eトラック」

 TRATONグループのMAN(本来はエムエーエヌだがマンとも呼ばれる)は、2024年に導入予定の長距離大型EVトラック「eトラック」プロトタイプを公開した。意外なことに、それ以外の大型・中型トラックはディーゼル車で、電動車は、小型商用車「TGE」のEVバージョン「eTGE」のみだった。

 eトラックは、「TGX」4×2セミトラクタをベースに、将来の長距離トラック輸送のエミッションフリー化をプロトタイプで、メガワット充電設備に対応し、航続距離600~800km、さらに1000kmを目指している。モーターは出力407~475psで、ドライブラインに4段ギアボックスを備えるという点も興味深い。

 eトラックの航続性能は、現在少量生産中の大型EVトラック「eTGM」の3~4倍となる。eトラックは長距離輸送に限らず、温度管理配送や建設、ごみ収集などさまざまな用途にも展開するとしており、eTGM後継を含めてMANの本命EVトラックとなるのは間違いないだろう。

 一方でディーゼルエンジンの改良もしっかり進めており、今回発表された12.4リッター直6エンジン「D26(D2676LF)」は、最高出力がプラス10馬力・最大トルクもプラス50Nmとしながら、燃費を3%も改善させたという。

改良された12.4リッター直6エンジン・D2676LFを搭載した「TGX 18.520」。最高出力520ps・最大トルク2650Nmを発生し、Euro-6e排ガス規制に適合する

 小型EV商用車「eTGE」は、4年前の前回IAAでデビューしたモデルで、フォルクスワーゲンの小型EV商用車「eクラフター」のMANブランド車である。

次ページは : スカニア/EVトラックとバイオガスエンジン

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

【三菱ふそうeキャンター】遂に登場した次世代モデルを詳報!! フルロードVol.46 本日(9/12)発売!!

「ジャパントラックショー2022」で話題をさらった注目のトラックを追う巻頭特集。低床キャブのエコニックの試乗をはじめ、ショーの主役が続々登場します。また、9月7日に発表されたばかりの三菱ふそうeキャンター次世代モデルも速攻で詳報!!