トラックも欧州進出へ! 中国メーカー3社が出展したクルマとは?【IAAトランスポーテーション2022】

 ドイツ・ハノーバーで9月20日~25日にわたり開催された「IAAトランスポーテーション2022」は、それまでの商用車トレードショーから、将来のトラック輸送を各社が提案するイベントへと趣旨を変えたものだ。そのトレンドを現地取材から紹介する。

 欧州以外のトラック完成車メーカーとして参加したのが、東風、比亜迪(BYD)、徐工(XCMG)という中国メーカー3社だ。出展規模は異なるが、いずれもEUの車両型式認証(WVTA)を取得したEVモデルを展示、乗用車やバスに続いて、トラックでも欧州市場に進出する姿勢を示していた。

文・写真/トラックマガジン「フルロード」編集部

【画像ギャラリー】IAA2022に出展した中国メーカー3社! 欧州市場向け中国製トラックとはどんなクルマ!?(7枚)画像ギャラリー

東風/日産技術を活用した新小型トラックが登場!

東風の「キャプテンEV45」。中国国内では「キャプテンe-スター(凱普特e-星)」と呼ばれる最新型の小型EVトラックである

 中国を代表する大手メーカー・東風汽車は、グループの東風軽型車が供給している「凱普特(キャプテン)」ブランドの小型トラック・小型商用車を4台出品し、うち3台がバッテリーEV(BEV)だった。

 グリルレスのフロントデザインを持つのが、2020年秋に発表された新小型EVトラック「キャプテンEV45」で、IAA開催直前にEU WVTA認証を取得、EU域内で販売可能になったと発表している。室内もモダンなデザインで、メーターパネルは全面カラーLCDとなっている。

 車両総重量(GVW)4.25トン車だが、キャブ幅は1.9mで、日本のワイドキャブ車よりもさらに幅広である。容量81.14kWhの寧徳時代(CATL)製リン酸鉄リチウムイオン電池と、連続出力81.5ps・最高出力163psの走行用モーターを搭載、ドライブラインはプロペラシャフトを用いた従来型で、2速AMT(機械式自動変速機)と組み合わせているという。最大積載量は1.2~1.5トン程度、航続距離は350km前後とされている。
 
 唯一のディーゼル車である「キャプテン・ネビュラ」は、キャプテンEV45と同時に発表されたGVW7.5~12トンの小中型トラックの最新モデルだ。EV45とともに、開発には日産自動車が関与、特に日産基準の開発手法を導入することで、優れた性能・安全性・耐久信頼性が実現できたという。キャブプラットフォームがF24系アトラス/キャブスターの延長線上にあることもうかがえる。

 展示された「キャプテン・ネビュラ」は、東風カミンズ製の185ps・4.0リッター直4エンジンと、カミンズの特許技術である尿素SCR・DPF一体型の排ガス後処理システムを搭載したホイールベース3.8mモデルで、中国製バンボディを架装していた。

 残る2台のEVは、GVW3.5トン小型EVトラックの「キャプテンEV35」と、GVW3.0トンワンボックスEVバンの「キャプテンEV30」で、以前から中国国内で設定されているモデルである。

次ページは : 比亜迪(BYD)/欧州市場を意識したEVトラックの完成度!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

【三菱ふそうeキャンター】遂に登場した次世代モデルを詳報!! フルロードVol.46 本日(9/12)発売!!

「ジャパントラックショー2022」で話題をさらった注目のトラックを追う巻頭特集。低床キャブのエコニックの試乗をはじめ、ショーの主役が続々登場します。また、9月7日に発表されたばかりの三菱ふそうeキャンター次世代モデルも速攻で詳報!!