いすゞエルフ半導体不足に泣く! 18年間連続トップシェアの座を日野デュトロに奪われる!!

いすゞエルフ半導体不足に泣く! 18年間連続トップシェアの座を日野デュトロに奪われる!!

 2021年度(21年4月~22年3月)の新車販売台数で椿事がありました。

 2004年度以来、キャブオーバー(COE)小型トラックNo.1を走ってきたいすゞ自動車の「エルフ」が2位となり、トップの座についたのは日野自動車の「デュトロ」でした。

 「デュトロ」が首位になるのは初、日野がこのセグメントでトップになるのも初めてでした。

文/緒方五郎 写真/緒方五郎・トラックマガジン「フルロード」

【画像ギャラリー】エルフ、デュトロ、キャンター、実用での小型トラックナンバーワンはどれだ!?(6枚)画像ギャラリー

エルフは17年連続トップだった

 新車販売台数は、日本自動車販売協会連合会(自販連)が毎月発表しており、COE(キャブオーバーエンジン)小型トラックは積載量1~2tの普通車(1ナンバーサイズ)と小型車(4ナンバーサイズ)については、車名別でも発表されています。

 そのため、中型トラック(日野「レンジャー」、いすゞ「フォワード」、三菱ふそう「ファイター」)に匹敵する積載量3~4tの高積載モデルは別になりますが、このセグメントに含まれる小型トラックの販売台数は少ないので、大勢に影響はしないでしょう。

 その積載量1~2tのCOE車のみで集計すると、合計9万2094台のうち「デュトロ」が2万7017台、「エルフ」が2万6589台、トヨタ自動車の「ダイナ」が1万9199台、三菱ふそうトラック・バスの「キャンター」が1万6631台となり、「デュトロ」が「エルフ」に約500台の差をつけて首位になるのです。

17年連続トップだったいすゞのエルフ

 「エルフ」はCOE小型トラック市場を切り拓いた定番モデルであり、2000年代前半に猛追してきた「キャンター」が首位を勝ちとるまで、20年以上もシェアトップの座に君臨していました。

 しかし、04年にいわゆるリコール隠し問題が発覚、ふそう車の新車販売が急減すると、「エルフ」が首位を取り戻しました。以来20年度までの17年間、再びトップを走り続けてきました。

 それほどまでに「強い」トラックが、なぜ二度目の首位陥落を喫したのでしょうか。

足を引っ張ったのはやはりアレ

 21年4月~22年3月まで月ごとの販売台数の推移をみていくと、「エルフ」に突如異変が起こることがわかります。

 実は上半期(4~9月)の「エルフ」販売は非常に好調で、シェア35%前後を常に維持して首位を独走していました。

 ところが下半期(9~3月)は前年同月を割り込み、特に11月以降はなんと前年同月の半分以下しか販売されなかったのです。そのため、下半期シェアはマイナス13ポイントの23%にまで落ち込みました。

 その原因はもちろん半導体の不足です。日本の自動車業界では、21年の春ごろから新車の供給が滞りはじめ、夏ごろにはトラック業界でも顕著になってきました。

 それは「エルフ」に限らず「デュトロ」も「キャンター」も同様ですが、「エルフ」は特にその影響がはっきり顕れたように思えます。

「デュトロ」とそのトヨタ向けOEM車「ダイナ」の21年度の販売台数は、20年度を上回っていますが、19年度と比べると減少しています。

 21年10月単月の新車販売台数で、「デュトロ」は初めて「エルフ」を上回りましたが、当時、日野の担当者にその話を聞いてみると、「どのメーカーも不順な生産状況で、いまの市場は正常な状況ではありません」といたって冷静な反応で、獲りにいって得たナンバーワンではないことがはっきりうかがえました。

 首位とはいっても、「エルフ」が減少したぶんをまるまるゲットしたわけではないので、「デュトロ」においても半導体不足が足かせであるのは確かなのです。

 「キャンター」も「エルフ」ほどではありませんが、下半期で販売台数が急減しており、半導体不足の波が襲っていることがうかがえます。しかし、ここ数年18~20%で推移しているシェアが21年度は少し下がった程度で、おおむね安定しているともみられます。

次ページは : もうあのコピーは使えない