海コン運転手が超リアルに試算! 首都高の利用料金値上げでヤバいくらいの負担増!?

海コン運転手が超リアルに試算! 首都高の利用料金値上げでヤバいくらいの負担増!?

 横浜・南本牧ふ頭がベースの海コン運転手のヒロさんにとって、首都高はほとんど毎日利用する、まさに生命線。その首都高の利用料金が4月1日から値上げされるというので、心穏やかではありません。

 一体いくらぐらい負担増になるのか、ヒロさんが詳細に記録している運行日誌を元に、超リアルな利用料金値上げのビフォー・アフターを試算してもらいました。

文/ヒロさん(海コン運転手) 写真/トラックマガジン「フルロード」編集部

【画像ギャラリー】4月1日から値上げに踏み切る首都高! 実際にはどのくらい負担が増加する!?(5枚)画像ギャラリー

横浜港を拠点とする海コン運転手への影響は?

 ご存知の方も多いかと思いますが、今年の2022年(令和4年)4月1日(金)から、関東地方を走る「首都高速道路」の利用料金が変わります。

 「変わる」と言って、値下げになれば「やったー」とか言って喜んじゃうんですけど、このご時世と言いましょうか、何と言いましょうか、値下げなんてことがあるワケもなく、「値上げ」になります。

 燃料費も高騰してるし、首都高も値上げするし……、困ったもんです。

 自分はですねぇ、横浜港の南本牧ふ頭を拠点に、トレーラで「国際海上コンテナ」を専門に運ぶ運転手、俗に言う「海コン運転手(かいこんうんてんしゅ)」なんて呼ばれるトレーラ運転手をやっておりまして、気づけば、この仕事をやり始めて今年の8月で丸20年となります。

 新人当時の自分を知っている人からしたら、「真っ先に逃げ出すと思ってたのに、まだやってたんだ!」なんて感じだと思うんですけど、いろいろな方々のお陰もあり、何とか続けております(笑)。

 まぁ、そんなことは置いといて、首都高のハナシに戻りますが、横浜港を拠点とする自分にとって、この首都高の値上げは、あまりイイ出来事ではないんですよねぇ。

 横浜港にとって首都高は、「生命線」と言っても過言ではない道路で、仕事の時は常に使う道路なんですね。

 「生命線なんて、大げさな!」と思われるかもしれませんが、台風だったり雪だったりで首都高が通行止めになると、横浜港の南本牧ふ頭、本牧ふ頭 、大黒ふ頭は激しい渋滞に見舞われて、「麻痺」って言葉がピッタリなくらいな地獄絵図状態になります。

 ホント、5キロくらいの移動に4時間かかったりしますからねぇ。

 所属する運送会社によって、高速代は全額、運転手の自腹だったり、売上から高速代を引かれたり……と、マチマチなんですけど、自分が所属している会社は、全額会社が負担してくれているので、首都高が値上げになったからと言って、自分の懐が痛むワケでもないし、直接給料に影響するワケでもないんですけど、会社は負担が増えちゃうんで、困っちゃいますよねぇ。

渋滞緩和を名目に4月1日より上限料金の値上げを行なう首都高。高速は空いても、一般道へ交通が集中するといった影響が懸念される

首都高利用料金値上げのあらまし

 で、実際にどれくらいの値上げになるかと言いますと、これがチョットややっこしい(笑)。

 首都高のWebサイトによると、「中型車および特大車を除くETCのお客さまは、料金距離35.7km以内をご利用になる場合、現行の基本料金から変更ありません。料金距離35.7km超をご利用になる場合は、急激な負担増を避けるため、新たな上限料金(普通車1,950円)を設定します。」となっているんですね。

 海コンって、トレーラヘッドのみで走る、いわゆる「アタマ」の状態と、トレーラ(シャシー)を引っ張って走る、「ケツ」を引っ張った状態の2種類があるんです。

 アタマの状態で首都高を走った時は、車種としては「中型車」に分類され、一般的な2軸(シャシーを真横から見た時、タイヤが2つの状態)または3軸(シャシーを真横から見た時、タイヤが3つの状態)のケツを引っ張った状態だと「特大車」に分類されます。

 ちなみに、アタマが2軸+ケツが1軸の状態のトレーラは、「大型車」に分類されるんで、「特大車」より安く高速を走れるんですけど、自分が所属している会社には、2軸と3軸のシャシーしかないし、エアサスの機能で1軸になるシャシーもないので、そこについては考えないことにします。

 首都高の発表によると「中型車および特大車を除くETCのお客さまは……」と書いてあるので、自分ら海コンに関しては、距離の短い区間を走ったとしても、全区間で値上げになるんですね。

 では、どれくらいの値上げになるかと言いますと、

■中型車
・310円〜1410円(現行)

・330円〜2310円(新料金)

■特大車
・460円〜2650円(現行)

・550円〜5080円(新料金)

となりまして、値上げ幅は、中型車で20円~900円、特大車で90円~2430円となります。

 例えばですね、横浜の南本牧ふ頭から首都高に乗って、埼玉県の与野で降りた場合、現行だと特大車で2650円……なんですが、特大車と大型車に関しては、「環境ロードプライジング」、略して「環プラ」と言う割引制度がありまして、高速神奈川1号横羽線(K1)の「浅田~大師」の区間を走らず、高速湾岸線(B)の「大黒ジャンクション~川崎浮島ジャンクション」の区間を走れば、いくらか安く走れます。

 要は、「大型のトレーラとトラックは、横羽を走らないで、湾岸のベイブリッジとかつばさを走ってね。その代わりと言っちゃなんだけど、少し安くするからさ」って制度ですね。

 なので、南本牧ふ頭から首都高に乗って、高速湾岸線(B)の横浜ベイブリッジや鶴見つばさ橋、高速中央環状線(C2)の山手トンネルなんかを経由して与野で降りると、260円お得な2390円となります。

大型車・特大車に適用される横羽線を走らず湾岸線を利用した場合安くなる環境ロードプライシング 

 これが、4月1日からの新料金になると、南本牧ふ頭から与野まで特大車で5080円。「環プラ」の割引が入っても、510円お得な4570円となります。

 ってことは、「環プラ」の割引が入ったとしても2180円の値上げとなります。

 これだけ見ると、「へ~、最大で高速代が2500円くらい上がるんだぁ」って感じなんですが、そー単純なハナシでもないんです。

 海コンの場合は、コンテナを引っ張って港を出発して、配達先に持って行きます。

 そこで、輸入の場合はコンテナの中身を全て出してもらい、輸出の場合は品物をコンテナの中に詰めてもらいます。そのコンテナを引っ張って港に戻って、これで一つの仕事が完了となります。

 つまり「港→配達先→港」ってカタチになりますから、往復をしなければならないんですね。

 そー考えると、首都高 南本牧ふ頭と与野の間を往復するような場合、基本料金で高速代が1万0160円、「環プラ」の割引が効いても9140円ってことになります。

 一つの仕事に対して、基本料金で4860円、「環プラ」が効いた状態で4360円の負担増となりますから、運送会社にとっては、なかなかの負担ですよねぇ。

 しかし、一運転手として考えれば、毎日のように南本牧ふ頭と与野の間を往復しているワケではなく、その日に付けてもらった仕事によって、行き先も違えば走る道も違うので、全ての仕事に対して、これだけ負担が増えるワケではないんです。

次ページは : 実データをもとにどのくらいの負担が増えるのかを試算

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

【三菱ふそうeキャンター】遂に登場した次世代モデルを詳報!! フルロードVol.46 本日(9/12)発売!!

「ジャパントラックショー2022」で話題をさらった注目のトラックを追う巻頭特集。低床キャブのエコニックの試乗をはじめ、ショーの主役が続々登場します。また、9月7日に発表されたばかりの三菱ふそうeキャンター次世代モデルも速攻で詳報!!