海コン運転手が超リアルに試算! 首都高の利用料金値上げでヤバいくらいの負担増!?

海コン運転手が超リアルに試算! 首都高の利用料金値上げでヤバいくらいの負担増!?

 横浜・南本牧ふ頭がベースの海コン運転手のヒロさんにとって、首都高はほとんど毎日利用する、まさに生命線。その首都高の利用料金が4月1日から値上げされるというので、心穏やかではありません。

 一体いくらぐらい負担増になるのか、ヒロさんが詳細に記録している運行日誌を元に、超リアルな利用料金値上げのビフォー・アフターを試算してもらいました。

文/ヒロさん(海コン運転手) 写真/トラックマガジン「フルロード」編集部

【画像ギャラリー】4月1日から値上げに踏み切る首都高! 実際にはどのくらい負担が増加する!?(5枚)画像ギャラリー

横浜港を拠点とする海コン運転手への影響は?

 ご存知の方も多いかと思いますが、今年の2022年(令和4年)4月1日(金)から、関東地方を走る「首都高速道路」の利用料金が変わります。

 「変わる」と言って、値下げになれば「やったー」とか言って喜んじゃうんですけど、このご時世と言いましょうか、何と言いましょうか、値下げなんてことがあるワケもなく、「値上げ」になります。

 燃料費も高騰してるし、首都高も値上げするし……、困ったもんです。

 自分はですねぇ、横浜港の南本牧ふ頭を拠点に、トレーラで「国際海上コンテナ」を専門に運ぶ運転手、俗に言う「海コン運転手(かいこんうんてんしゅ)」なんて呼ばれるトレーラ運転手をやっておりまして、気づけば、この仕事をやり始めて今年の8月で丸20年となります。

 新人当時の自分を知っている人からしたら、「真っ先に逃げ出すと思ってたのに、まだやってたんだ!」なんて感じだと思うんですけど、いろいろな方々のお陰もあり、何とか続けております(笑)。

 まぁ、そんなことは置いといて、首都高のハナシに戻りますが、横浜港を拠点とする自分にとって、この首都高の値上げは、あまりイイ出来事ではないんですよねぇ。

 横浜港にとって首都高は、「生命線」と言っても過言ではない道路で、仕事の時は常に使う道路なんですね。

 「生命線なんて、大げさな!」と思われるかもしれませんが、台風だったり雪だったりで首都高が通行止めになると、横浜港の南本牧ふ頭、本牧ふ頭 、大黒ふ頭は激しい渋滞に見舞われて、「麻痺」って言葉がピッタリなくらいな地獄絵図状態になります。

 ホント、5キロくらいの移動に4時間かかったりしますからねぇ。

 所属する運送会社によって、高速代は全額、運転手の自腹だったり、売上から高速代を引かれたり……と、マチマチなんですけど、自分が所属している会社は、全額会社が負担してくれているので、首都高が値上げになったからと言って、自分の懐が痛むワケでもないし、直接給料に影響するワケでもないんですけど、会社は負担が増えちゃうんで、困っちゃいますよねぇ。

渋滞緩和を名目に4月1日より上限料金の値上げを行なう首都高。高速は空いても、一般道へ交通が集中するといった影響が懸念される
渋滞緩和を名目に4月1日より上限料金の値上げを行なう首都高。高速は空いても、一般道へ交通が集中するといった影響が懸念される

次ページは : 首都高利用料金値上げのあらまし

最新号

ベストカー最新号

【特集】 ジャパンモビリティショー2023 トラックの近未来のカタチいろいろ フルロードvol.51 本日(12/11)発売!!

ベストカーのトラックマガジン「フルロード」第51号本日発売!! ジャパンモビリティショー2023詳細レポートや新型スーパーグレート解説など情報満載です!!