路上トラブルやクレームのオンパレード!! 夜の店舗配送ドライバーはつらいよ

路上トラブルやクレームのオンパレード!  夜の店舗配送ドライバーはつらいよ!!

 トラックで各店舗や商店を回って荷物を納品したり、在庫を補充したりするのが「ルート配送」や「店舗配送」と呼ばれる仕事です。

 店舗によっては夜間(開店前)の配達を求めるところがあり、そうしたルートを担当するドライバーは、昼に寝て夜に働くという、昼夜が逆転した生活をしています。

 また、無人の店舗に納品するため、商品の陳列など付帯作業も多く発生します。そのために理不尽な思いをしたこともあるという、元店舗配送の夜勤ルートドライバー・STさんが店舗配送の実態を語ってくれました。

文/元・店舗配送ルートドライバー・STさん 写真/フルロード編集部

【画像ギャラリー】店舗配送はかなり大変なんです!! ルート配送ドライバーの実態(5枚)画像ギャラリー

理不尽なことが多かった店舗配送ドライバー

 私は、20歳から運送業界に入り、小型トラックから始まり中型・大型と乗り継ぎ10年ほどトラックドライバーをしておりましたSTと申します。メインでやっていたのは中型トラックでの店舗配送、いわゆるルートドライバーというやつです。

 ドライバーを辞め、かれこれ7、8年経ちますが、トラックドラバーの仕事を思い返せば、お金(賃金)をもらいながら全国を旅できたことや、愛すべきバカな仲間たちと出会えたことなど楽しかった思い出があります。

 いっぽう、理不尽な思いや、揉め事、危ない目に遭った体験も多々あります。

 私の勤務形態は夕方ぐらいから明け方にかけ配送を行なう夜勤ドライバーでしたので、特に配送先が繁華街だと変な輩や酔っ払いなど、まぁ~いろんなヒトに出くわすわけです。

 もちろん今思えば運転を含め自分が反省すべき部分もかなりありますが、そんなドライバー時代に経験したモヤモヤする出来事をかいつまんで開陳してみたいと思います。

路上でのトラブル

 ドラッグストアの仕事で深夜に町田駅周辺の店舗配送をしていたとき、トラックを路上に停め納品に向かおうとクルマから降りると、往来に立っていた水商売のキャッチ風の男がやって来て、トラック(側面)に「当たったんだけど」と、自身の指先らへんを示し言ってきたことがあります。

 おそらく目の前にトラックを停められたのが気に食わなかったのでしょう。男のことはよく見ており、当たってはいませんでしたが「当たりましたか!? すみません、大丈夫すか?」と少々大仰に返しました。

 正確な返答は忘れましたが、男は「いってー」「どうすんのコレ」的なことを言い、警察を呼ぶだなんだと嘯いていました(ちなみに交番は歩いて20秒くらいの距離にありました)。

 私は真っ当に相手にせず淡々と対応していると、けっきょくその方は勝手にお許しになられたようで、「気をつけてね」とお心遣いをいただき終わりました。

深夜の地場配送では路上トラブルが絶えなかったとSTさん

 それから、配送中に追い越しのできない片側1車線で徐行運転しているスポーツカーに捕まったこと。

 何もないところであまりにも遅いので「プップップップッ」とクラクションを鳴らしました。これが相手の琴線に触れたのでしょう。スイッチが入ったように乱暴な運転となり、今でいう煽り運転がスタート。

 片側2車線になって追い抜こうとしても、抜かせません運転。並走からの幅寄せ、空ぶかしやバーンナウトなどなど。しつこいので、路傍にトラックを停めて降りると向こうの男も降りてきて、あきらかに飲酒運転とわかる酒臭い息を吐きながらつかみかかってきたことがありました。

 言い争いになり、埒があかないので私は警察に電話すると、相手はその最中にすごいスピードで逃走。そのあとやってきた警察官に経緯を説明し、私も「無闇にクラクション鳴らしたらダメでしょ」とのお叱りを受けました。

 このほかにも、東京の大森駅周辺で路肩にあったパイロンを轢きながら暴走してきた高級車がパワーゲートに突っ込んできそうになったり、コンビニの駐車場から出る際に左折待ちをしていたら横にクルマを付け怒鳴り込んできたヒトがいたり、路上でのトラブルは小さなものも含めると枚挙にいとまがありません……。

次ページは : お客さまは神様!? 納品先のモヤモヤ