後方支援もゴムボート運搬もおまかせ!! 1台で2台ぶん働く最新の消防車両がめちゃ頼もしい!!

後方支援もゴムボート運搬もおまかせ!! 1台で2台ぶん働く最新の消防車両がめちゃ頼もしい!!

 千葉県の匝瑳市横芝光町消防組合が導入した「支援車(2型)」は、県内外で大規模災害が発生した際に出動する消防隊、救助隊、救急隊の後方支援を行なう機能と、水害時にゴムボートを運搬する機能を使い分けることができる消防車両。

 1台で2台ぶん働ける同車両の特徴とは? コンパクトなパッケージを実現するスイングボディ式脱着ボディ車とは? 全国的にも珍しい最新消防車両の秘密に迫る!!

文・写真/トラックマガジン「フルロード」編集部
※2021年3月13日発売「フルロード」第40号

【画像ギャラリー】1台2役の万能トラック!! 匝瑳市横芝光町消防組合の支援車(2型)に刮目せよ!!(9枚)画像ギャラリー

スイングボディ式脱着ボディ車とは何ぞや?

匝瑳市横芝光町消防組合が導入した支援車(2型)。ベース車両は日野レンジャーGX系4×4総輪駆動シャシーだ
匝瑳市横芝光町消防組合が導入した支援車(2型)。ベース車両は日野レンジャーGX系4×4総輪駆動シャシーだ

 匝瑳市横芝光町消防組合は、千葉県匝瑳市と山武郡横芝光町の1市1町を管轄する消防組合。県内外で大規模災害発生時に出動する千葉県消防広域応援隊、緊急消防救助隊の活動に力を入れており、その実活動をサポートするため開発されたのが今回の支援車(2型)だ。

 支援車とは、県内外で大規模災害発生時に出動する消防隊、救助隊、救急隊の後方支援を行なうためのクルマで、1型(拡幅ボディ車)、2型(脱着ボディ車)、3型(マイクロバス)、4型(中継車)の4種類が存在。今回紹介する支援車は2型、すなわち脱着ボディ車だ。

 脱着ボディ車とは、キャブバックのフックアームで脱着式のボディを載せ替える機構を備えた特装車。一般用途では産業廃棄物の収集や、企業の設置型ゴミコンテナの収集など環境分野を中心に用いられており、欧米ではフックローダー車と呼ばれる。

 いっぽう、今回同消防組合が導入した支援車(2型)は、フックアームを用いる脱着ボディ車ではなく、東京都江戸川区に本社、千葉県佐倉市に工場を構える司工業が開発したスイングボディ式脱着ボディ車を採用しているのが最大の特徴。

 スイングボディ式脱着ボディ車は、フレーム後端部のピンを軸にボディをシーソーのように傾斜させる司工業独自のスイングボディ車に脱着機構を追加したもの。ボディの脱着は自重で降ろして、ウインチで引き上げる仕組みで、フックアームは備わらない。

 同方式を採用する理由は、車両全長を抑えつつ荷台の長さ5mを確保するため。キャブバックにフックアームが備わる通常の脱着ボディ車は、フックアームの搭載スペースを確保するため荷台の長さが制限され、5mの確保が難しいのだという。

 ちなみに、司工業では千葉県内の別の消防でもスイングボディ式脱着ボディ車を製作した実績があるそうだ。

次ページは : 2種類のボディの使い分けは?

最新号

ベストカー最新号

【特集】 ジャパンモビリティショー2023 トラックの近未来のカタチいろいろ フルロードvol.51 本日(12/11)発売!!

ベストカーのトラックマガジン「フルロード」第51号本日発売!! ジャパンモビリティショー2023詳細レポートや新型スーパーグレート解説など情報満載です!!