ミシュランは地球環境でも三ツ星をめざす!? 約50%を再生可能な素材で作った世界初の公道用タイヤを開発

ミシュランは地球環境でも三ツ星をめざす!? 約50%を再生可能な素材で作った世界初の公道用タイヤを開発

 国連が定めた持続可能な開発目標(SDGs)は、タイヤにとっても喫緊の課題だ。ミシュランでもSDGsに取り組んでいるが、このほどサステナブル素材の比率を高めた公道用タイヤを開発した。

 タイヤの主成分である天然ゴムは名前の通り天然素材だが、森林保全と両立しなければならない。化石燃料に由来する成分の削減や、カーボンブラックやスチールなどの素材のリサイクルもタイヤのSDGsに向けた課題となっている。

 ミシュランが発表したのは、今のところ乗用車用とバス用タイヤだが、装着本数が多く、走行距離が長いトラック用タイヤは、タイヤメーカーにとってボリュームゾーン。いずれトラック用タイヤにも展開されることだろう。

文/トラックマガジン「フルロード」編集部、写真/ミシュラン・ポルシェ

【画像ギャラリー】サステナブル素材の比率を高めたミシュラン製タイヤを画像でチェック!(6枚)画像ギャラリー

タイヤ素材の50%がサステナブルに

 フランスのミシュランは2022年10月5日、サステナブル素材を約50%含む世界初の公道走行用タイヤを発表した。

 乗用車用タイヤではサステナブル素材を45%、商用車(バス用)タイヤでは58%含有する。現行タイヤと同等の性能を保持しており、公道走行承認済み。ちなみにモータースポーツ用タイヤだと、6月のル・マン24時間レースで、53%サステナブル素材を含むミシュラン製タイヤが使用されている。

 今回発表した2種のタイヤは、ミシュランが今後3年以内に開発する標準タイヤの未来像を示すものとなる。

 天然ゴムの割合を増やし、再生カーボンブラック、ヒマワリ油やバイオ由来樹脂、籾殻性シリカ、再生スチールを使用することで、サステナブル素材の含有率向上を達成している。

ミシュランはSDGsでも三ツ星をめざす!? サステナブル素材の比率を高めた公道用タイヤを開発
サステナブル素材の比率を58%まで高めたバス用タイヤ。サイズは275/70R22.5

 ミシュランは、2030年に40%、2050年にはすべてのタイヤの100%を持続可能な素材で生産するという意欲的なゴールに向けて、現実的かつ具体的な取り組みを進めている。タイヤの性能に妥協することなく、タイヤの全てのライフサイクル(設計・製造・輸送・使用・リサイクル)において環境負荷低減に配慮する。

 ミシュランには、過去に培った知見と素材分野での3678件の有効特許がある。また、ハイテク素材分野で6000人の専門家を有する研究開発部門があり、全社をあげて2050年の目標達成に向けて取り組んでいる。

次ページは : パートナーシップを通じて技術開発を加速

最新号

【特集】 ジャパンモビリティショー2023 トラックの近未来のカタチいろいろ フルロードvol.51 本日(12/11)発売!!

【特集】 ジャパンモビリティショー2023 トラックの近未来のカタチいろいろ フルロードvol.51 本日(12/11)発売!!

ベストカーのトラックマガジン「フルロード」第51号本日発売!! ジャパンモビリティショー2023詳細レポートや新型スーパーグレート解説など情報満載です!!