ミドリムシ由来のバイオ燃料大型商用プラントを開設予定! ユーグレナの次世代バイオディーゼルがいすゞ栃木工場で運用開始

ミドリムシ由来のバイオ燃料大型商用プラントを開設予定! ユーグレナの次世代バイオディーゼルがいすゞ栃木工場で運用開始

 菅前総理が2050年のカーボンニュートラル、2030年のGHG(温室効果ガス)削減率46%を提言して以降、日本国内でもEVやFCEVといった電動化の動きが活発になってきている。

 いっぽうで、液化天然ガスやバイオ燃料、eフューエルといった将来燃料に対する認知度はまだ低く、欧州諸国に比べると普及も遅れている。

 そうした中、いすゞ自動車はユーグレナ社の次世代バイオディーゼル「DeuSEL(デューゼル)」を使用したシャトルバスの運行を、新たに栃木工場でスタートさせた。

 あたためて次世代バイオディーゼルとはなにか? いすゞとユーグレナのバイオ燃料に対する取り組みをまとめてみた。

文/フルロード編集部 写真/フルロード編集部・ユーグレナ・いすゞ自動車

【画像ギャラリー】いすゞ自動車のDeuSELバスをギャラリーでチェック!(12枚)画像ギャラリー

いすゞ栃木工場にDeuSEL給油スタンドがオープン

 いすゞ自動車栃木工場にユーグレナ社が生産するミドリムシ由来の次世代バイオディーゼル「DeuSEL(デューゼル)」の給油スタンドが10月3日に開設され、同燃料を使用する工場〜最寄駅間(野木駅・静和駅)のシャトルバスの運行が始まった。

 ユーグレナといすゞは2014年から次世代バイオディーゼルの開発を目指し、藤沢工場〜湘南台駅間で稼働するシャトルバスで実証実験を行なってきた経緯がある。藤沢工場では現在も2台のDeuSELバスが走っており、累積走行距離は28万キロに及んでいる。

いすゞ栃木工場に設置されたDeuSELスタンド。次世代バイオディーゼルは分子構造が軽油と同じだが、分子構造が異なる従来型バイオディーゼルは軽油との混合比率は5%までと規格化されている
いすゞ栃木工場に設置されたDeuSELスタンド。次世代バイオディーゼルは分子構造が軽油と同じだが、分子構造が異なる従来型バイオディーゼルは軽油との混合比率は5%までと規格化されている

 ユーグレナの次世代バイオディーゼルは、普及の容易さを重視し、エンジン等の車両に変更を加えないでそのまま使える燃料であることがコンセプトで、含有率100%でも使用できる(いすゞのDeuSELスタンドでは、軽油との混合率10%のものが使用されている)。

 栃木工場と藤沢工場のDeuSELバスは、専用のラッピングが施されているが、中身はディーゼルの中型路線バス「いすゞ・エルガミオ」そのもの。藤沢工場では8年間、とくに問題なく稼働してきているという。

 バイオ燃料は、植物や動物などの生物資源(バイオマス)を原料にして製造する燃料で、燃焼した際に排出されるCO2は既存の化石燃料と変わらないが、バイオマスの成長過程で光合成を行ないCO2を吸収する。

 全体のライフサイクルでみると、CO2排出量を相殺するカーボンオフセットの考えのもと、石油代替燃料の選択肢として注目されている。

軽油とDeuSELの負荷性能試験と排ガス試験の結果。ほぼ同等という結果になっている
軽油とDeuSELの負荷性能試験と排ガス試験の結果。ほぼ同等という結果になっている

次ページは : ユーグレナのバイオ燃料への挑戦

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

【世界最大の商用車ショーIAA2022】大型トラックの電動化が加速!! フルロードVol.47 本日(12/12)発売!!

4年ぶりに開催された世界最大の商用車ショー「IAAトランスポーテーション2022」の10ページ超の大特集をはじめ話題満載の「フルロード」Vol47の中身をいち早く紹介!!