いすゞの新車戦略をスッパ抜く!! 中期経営計画から見えた中・小型トラックのフルチェンジ&ボルボとの協業による新型トラクタの投入の動向

 いよいよ、いすゞ自動車が動き出した。日野自動車が不正問題でその地位から陥落してしまった今、いすゞは押しも押されもせぬリーディングカンパニーとして、これからの日本のトラック産業をけん引する存在だ。

 そのいすゞは、ここ2~3年で異例ともいえる提携ラッシュを行なっている。主なものを挙げると、米国大手エンジンメーカーのカミンズとパワートレインにおける事業提携、ボルボグループとの戦略的提携およびUDトラックスの編入。また大型FCVの共同研究ではホンダ自動車とタッグを組み、トヨタ自動車との再・資本提携も締結し、日野自動車を含めCACE事業などで協業が始まっている。

 大きな転換点を迎えたいすゞは、今後どのように事業展開していくのだろうか。2022年5月13日に発表された「中期経営計画2024進捗」(中計自体は昨年5月発表)で明らかになったいすゞの新車戦略を中心に、そのロードマップを見ていこう。

文/フルロード編集部 写真/フルロード編集部・いすゞ自動車

【画像ギャラリー】新型モデルからCACE技術まで画像満載でお届け!! いすゞグループの最新動向をギャラリーでチェック!(48枚)画像ギャラリー

■新型車両の投入計画は?

 まず既存事業においては、2022年度中に商品ラインナップを拡大させた中・小型車のフルモデルチェンジが予定されている。

 新型車は「I-MACS」と呼ばれる新たなモジュラー設計コンセプトのもと開発され、日本市場を皮切りに、いすゞ・UDの両販売チャンネルを通じて、順次海外市場にも展開する見込みだ。

 また2023年には「ボルボGとの協業第一弾」が銘打たれた新型トラクタが、いすゞ・UDチャンネルに投入される予定。

 この新型トラクタは「商品力を強化した新型トラクタ」とされており、現行車に無い何らかのボルボの技術が搭載されると見られる。

 まだ想像の域だが、すでにUDの大型車クオンに設定されている先進ステアリング支援技術「UDアクティブステアリング」(ボルボ・ダイナミック・ステアリングのUD版)などが新型に搭載される可能性があるのではないだろうか。

 また、昨年の中計などで示された、ボルボGとの先進技術領域で協業を見据えた、いすゞ/UD共通大型プラットフォームの開発が始まり、同プラットフォームを採用した大型トラックのフルモデルチェンジを2024年以降に予定している。

■カーボンニュートラル事業の展開

 いすゞのカーボンニュートラル戦略としては、まず2022年度中に小型トラックのエルフEVの量産を開始する。同車は国内、米国、欧州へ展開され、国内向けにはGVW3.5t未満の普通免許対応モデルも設定される見込みだ。

本年度中に発売を予定するエルフEV。写真はファミリーマートで実証実験に使用された冷凍バン仕様のモニター車

 また、いすゞ・日野が開発を進める大型路線BEVバスが、2024年度に両社の合弁会社であるジェイ・バスより発売される。同BEVバスは電動化によるレイアウトの自由度を活かし、フルフラット仕様になるとされる。

 さらに、開発にトヨタも加わる大型路線FCVバスの検討も開始。これには大型路線BEVバスのプラットフォームをベースに、トヨタの新世代FCスタック・FCシステムが搭載される見通しである。また、この御三家による小型FCVトラックの開発も現在進められている。

 中型トラックではカミンズと北米市場向けFシリーズにカミンズ製電動システムPowerDrive6000を搭載したBEVトラックを開発。フリートユーザーにおけるモニター試験も始まっており、試験後北米向け中型BEVトラックの事業化について検討していくとしている。

 いっぽう大型車におけるBEVの開発予定は示されておらず、現時点では航続距離などでメリットのあるFCVがこのクラスを担うことになりそうだ。

 大型FCVトラックはホンダと共同研究が行なわれており、ホンダのクラリティFCパワーユニットを搭載したギガFCVを開発中。2022年度中のモニター試験を予定している。

 このほか、海外市場向けのLCV(ライト・コマーシャル・ビークル)などのピックアップトラックの電動化も検討段階にある。

次ページは : ■自動運転とコネクテッドサービスの取り組み