荷台や車軸数が変幻自在! 超重量物を運ぶ世界のトレーラいろいろ【シリーズ 世界の特装車】

荷台や車軸数が変幻自在! 超重量物を運ぶ世界のトレーラいろいろ【シリーズ 世界の特装車】

 通常のトラック/トレーラでは運べない100tや1000tの重量物、あるいは特大貨物を運ぶ力自慢が超重量物運搬トレーラだ。

 モジュラー化された荷台や車軸の組み合わせにより豊富なラインナップを設定しているのが特徴で、ものによっては積み荷の形状や重量に合わせてこれらを自由に組み替え可能。その荷台バリエーションは積み荷の数だけ存在するといっても過言ではない。

 今回は世界各国の超重量物運搬トレーラを主要なタイプ別に紹介! 日本で使用されているトレーラメーカーも登場するぞ!

文/緒方五郎(商用車ライター) 写真/各車両メーカー
※2020年9月10日発売トラックマガジン「フルロード」第38号より

【画像ギャラリー】トラック/トレーラーのスーパーヘビー級たちはいずれ劣らぬ個性派&実力者揃い!!


■長尺物の輸送に最適な平床タイプのフラットベッドトレーラ

ドイツ・ゴールドホファー社の「SPZ-L」はフラットベッドながら、グースネック部に浅い段差があり、完全なフルフラットな荷台ではない。これは床面地上高を少しでも下げるためで、フラットベッドと後述のセミローローダーの中間的なモデルといえる

 フラットベッドトレーラ(FLAT BED)は、日本で「平床トレーラ」と呼ばれているもの。グースネック部を含む荷台全体にわたってフラットな荷台を持っており、荷台の有効長が長く長尺物の輸送に最適。その反面、床面地上高は高めとなる。

 荷台に伸縮機構を備えたものや、延長フレームを装着可能なものなど、バリエーションはさまざま。フルフラットな荷台形状を活かし、前後で分割可能とした荷台を積み荷で連結するポールトレーラのようなタイプも存在する。

■長い積み荷でも連結全長を抑えられる中低床タイプのセミローローダー

ベルギー・ノーテブーム社の「マヌーブルMPL・マルチドーリ付」は、油圧ペンドルアクスルにより優れた機動性と床面地上高780mmを実現するセミローローダー。写真は積載量を確保するため7軸セミローローダーの前側に3軸台車を追加装着した10軸編成仕様だ

 セミローローダー(SEMI LOW LOADER)は、グースネック部とトレーラ車軸部とで異なる高さの荷台を持つトレーラ。業界では「中低床トレーラ」と呼ばれている。

 トレーラ車軸部のメイン荷台は、小径タイヤの装着により床面地上高を極力抑えた設計。

ベラルーシのミンスク装輪トラクタ工場(MZKT)の「MZKT-999421」は525/65R20.5のオフロードタイヤを履く最大積載量76t級の6軸セミローローダー。写真は「ヴォラートMZKT-741351」型4軸8×8トラクタと組み合わせたセミトレーラ仕様だが、実際は後方に最大積載量60t級のフルトレーラを連結したロードトレイン仕様で運用されるという

 後述のローローダーと比べると床面地上高は高いが、フラットな部分が広いため、前後に長い積み荷の積載時も連結全長を抑えることが可能。大型建機積載時の全高を抑制するため、建機のタイヤに合わせてリセス(凹み)を設けたタイプも存在する。

■背の高い積み荷に最適な低床タイプのローローダー

ドイツ・ショイエル社の「ユーロコンパクト」は、耐荷重性に優れる油圧ペンドルアクスルを備えたセミローローダー。トレーラの車軸は3~6軸で選択可能。さらにグースネック後方(荷台前方)に1~4軸のフロントドーリも装着可能。写真はフロントドーリ3軸+トレーラ5軸の8軸仕様だ

 ローローダー(LOW LOADER)は、グースネックとトレーラ車軸の間に低床荷台を備えるトレーラ。業界では単に「低床トレーラ」や「中落ちトレーラ」「ドロップデッキ」などと呼ばれている。

 低床荷台の長さが限られるため、前後に長い積み荷は不得手だが、背の高い積み荷には最適。

オランダ・ブロシュイス社の「SP-A」は自社製ダブルウィッシュボーン式独立サスペンションもしくは油圧ペンドルアクスルに小径タイヤを組み合わせる3軸ローローダー。写真はダンプボディ架装の古トラクタ+第5輪付3軸ドーリ+3軸ローローダーの3車連結編成だ

 大型建機を運ぶ際、積み降ろしは後方の導板(スロープ)を用いるタイプと、グースネックと低床荷台を分離して低床荷台前方から行なうフロントローディング式の2種類が存在。低床荷台に伸縮機構や延長フレーム装着が可能なモデルも存在する。

ルクセンブルク・フェイモンビル社の「メガMAX」は、グースネックと低床荷台を切り離し、低床荷台の前方から積み降ろしを行なうフロントローディング式のローローダー。写真の5軸仕様は油圧ペンドルアクスルに加えて低床荷台に伸縮機構も備えるタイプだ

次ページは : ■組み合わせ運用が可能なモジュラー型コンビネーショントレーラ

最新号

ベストカー最新号

【三菱ふそうeキャンター】遂に登場した次世代モデルを詳報!! フルロードVol.46 本日(9/12)発売!!

「ジャパントラックショー2022」で話題をさらった注目のトラックを追う巻頭特集。低床キャブのエコニックの試乗をはじめ、ショーの主役が続々登場します。また、9月7日に発表されたばかりの三菱ふそうeキャンター次世代モデルも速攻で詳報!!