EUの合成燃料エンジン許容で高まる期待! FC EXPOに出品された「トラック用水素エンジン」とは!?

EUの合成燃料エンジン許容で高まる期待! FC EXPOに出品された「トラック用水素エンジン」とは!?

 将来のトラック用燃料として期待される水素。その水素を用いる「燃料電池」を集めた展示会がさる3月半ばに東京で開催されたが、そこに軽油や天然ガスのかわりに水素を燃やして使う「トラック用水素エンジン」も出品された。水素エンジンとは、いったいどのような技術と特徴をもっているのだろうか?

文/トラックマガジン「フルロード」編集部、写真/フルロード編集部、Westport Fuel Systems

コンバージョンで安価な水素エンジントラック

i Laboが出品した水素エンジン用シリンダヘッド。横倒しで展示されており、上にみえるのはインテークマニホールド、その下がシリンダヘッドである。手前のヘッドカバー(搭載時は上面にあたる)にはイグニッションコイルの一部がみえている
i Laboが出品した水素エンジン用シリンダヘッド。横倒しで展示されており、上にみえるのはインテークマニホールド、その下がシリンダヘッドである。手前のヘッドカバー(搭載時は上面にあたる)にはイグニッションコイルの一部がみえている

 トラック用水素エンジンが出品されたのは、「第19回FC EXPO【春】」(主催:RX Japan)というイベントで、燃料電池(FC)本体やFCシステムをはじめ、FCの補機類や原材料、生産・試験機器、さらに水素タンク、水素充填設備などを取り扱う200を超える企業・機関・団体が出展した。そのうち水素エンジンを出品したのは2社である。

 まず、国内企業・i Laboが出品したのが、いすゞの中型トラック「フォワード」を改造した水素エンジン車で、エンジンと燃料供給系の部品を水素燃焼に対応した部品へ交換し、高圧水素タンクを搭載している。

 目標は、通常の自動車整備工場でも改造(コンバージョン)作業ができるコンバージョンキットを商品化することだ。コスト目標として新車FCVトラックの約1/3、新車EVトラックの約1/2を実現したいという。ちなみに開発に取り組んでいるのは、水素エンジン研究で長年知られてきた武蔵工業大学(現・東京都市大学)や自動車メーカー出身の技術者である。

 エンジンは、ベース車の5.2リッターディーゼル・4HK1-TCS型(直列4気筒インタークーラーターボ付)を用いているが、イグニッションコイルとスパークプラグを備えたシリンダヘッドをはじめ、ピストンおよびコンロッド、バルブおよびバルブシート、ヘッドガスケット、吸気マニホールド、燃料噴射装置などは新規開発品で、エンジンオイルも変更している。逆にエンジンブロックやクランクシャフト、カムシャフトなどを除けば、ほぼ別物ともいえる。

次ページは : 水素ならではの希薄燃焼で優れた燃費

最新号

ベストカー最新号

【新車速報】 いすゞ新型フォワード/【解説&試乗】いすゞ新型エルフ  フルロードvol.50 本日(9/11)発売!!

トラックマガジン フルロード vol.50 本日発売!! 8月29日に16年ぶりのフルモデルチェンジを果たしたいすゞの中型トラック「新型フォワード」を速攻で詳報! さらに北海道・稚内の大規模風力発電の工事現場に密着など注目記事満載です!!