従来と同等の連結全長で大容量を実現!! 極東開発の特別仕様26キロリットルタンクトレーラの実力に迫る!!

 改正保安基準に対応する「空室なし」の24KL(キロリットル)/30KLと、旧保安基準に対応する「空室あり」の24KL/28KLの4機種で構成される、極東開発工業のタンクトレーラに、改正保安基準に対応する「空室なし」の26KLモデルが登場した。

 空室なしの24KLと同等の連結全長で、26KLというタンク容量を実現する同車両はどこがどうスゴイのか? カタログに載っていない&台数も多くない「特別仕様」のタンクトレーラの独占レポートをお届けする!!

文・写真/トラックマガジン「フルロード」編集部
※2022年9月12日発売「フルロード」第46号より

【画像ギャラリー】最新技術を全投入!! 極東開発工業の空室なし26KLタンクトレーラ「KTT2301改」のディティールをチェック!!(11枚)画像ギャラリー

タンクトレーラの空室とは?

極東開発工業の26KLタンクトレーラ「KTT2301改」

 日本のタンクトレーラには、旧保安基準に対応する「空室あり」モデルと、改正保安基準に対応する「空室なし」モデルが存在する。空室とは、複数の部屋を持つタンクトレーラのタンクの一番前に設けられている、何も入っていない(入れることができない)部屋のことだ。

 なぜこのような部屋を設けているのかというと、旧保安基準ではトラクタの駆動軸重が10t以下に制限されており、第5輪荷重を抑えるため、タンク前方に空室を設け、タンクオフセットを後方に下げる必要があったからだ。

 この空室には、消防法により、誤って積載しないよう通気口や点検口を設けなければいけないなどの規定があり、車両の大型化や重量増の要因となっていた。

 いっぽう、2015年5月に施行された改正保安基準では、トラクタの駆動軸重の制限が引き上げられ、これに伴って第5輪荷重も10tから11.5tに緩和。これにより、タンクオフセットを後方に下げる必要がなくなり、これに伴って空室も必要なくなった。

 極東開発工業が保安基準の改正後も旧保安基準に対応するタンクトレーラをラインナップし続けているのは、旧保安基準に対応するトラクタを保有するユーザーの代替え需要に応えるためだ。

最新技術の採用で24KLに迫る連結全長を実現!

 今回紹介するタンクトレーラは、改正保安基準に対応する空室なし26KL積みモデル「KTT2301改」。極東開発工業が改正保安基準に対応する26KLモデルを生産するのは今回が初という。

 トレーラ単体のサイズは、全長9740mm×全幅2490mm×全高3095mmで、トラクタを繋げた際の長さ(連結全長)は約12680mm。連結全長は、旧保安基準対応の空室あり26KLモデル「KL26-47LS」と比べて、2m以上も短い数値となっている。

 ちなみに旧保安基準対応の空室あり24KLモデルは約12150〜12250mm、改正保安基準対応の空室なし24KLモデルは約11990mmなので、KTT2301改は、26KL積みでありながら24KL積みに迫る連結全長を実現していることになる。

 一体ナゼ、ここまで連結全長を短くすることができたのか? 理由は大きく2つある。1つは先述の改正保安基準への対応で空室がなくなったことで、もう1つは同社独自の角形断面タンクを採用したことだ。

 角形断面タンクは、その名の通りタンクの断面形状が角ばっているのが特徴で、従来の楕円形タンクに比べて断面積が大きいため、容量を減らすことなくタンクを短くすることが可能。楕円形タンクに比べて重心も低くなり、走行安定性も向上するという。

次ページは : UD製トラクタとの組み合わせで総輪ディスクブレーキを実現

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

【三菱ふそうeキャンター】遂に登場した次世代モデルを詳報!! フルロードVol.46 本日(9/12)発売!!

「ジャパントラックショー2022」で話題をさらった注目のトラックを追う巻頭特集。低床キャブのエコニックの試乗をはじめ、ショーの主役が続々登場します。また、9月7日に発表されたばかりの三菱ふそうeキャンター次世代モデルも速攻で詳報!!