物流コスト削減や出荷時間短縮を目指し物流体制を刷新!! ミシュランとヤマト運輸の物流改革プロジェクトが本格スタート!

物流コスト削減や出荷時間短縮を目指し物流体制を刷新!! ミシュランとヤマト運輸の物流改革プロジェクトが本格スタート!

 吉野家や全農食品、キューピーのオンラインショップや、アパレルメーカーのアダストリアなど、ヤマト運輸の物流ネットワークを活用しサプライチェーンの効率化を図る企業が拡大している。

 タイヤメーカーのミシュランも2022年9月にヤマトHDとリードロジスティクスパートナー契約を締結し、物流改革に乗り出した企業の一つだ。両社では物流改革共同プロジェクトを立ち上げ、昨年から一部運用を開始してきたが、2023年1月10日より本格運用が始まった。

文/フルロード編集部、写真/ヤマト運輸

物流改革共同プロジェクトの概要

RFID(無線通信で情報データを読み書きできるシステム)タグの内蔵タイヤの展開を始め、さまざまな面で物流の効率化を進めるミシュラン
RFID(無線通信で情報データを読み書きできるシステム)タグの内蔵タイヤの展開を始め、さまざまな面で物流の効率化を進めるミシュラン

 物流改革共同プロジェクトはミシュランの物流体制をヤマト運輸に一元化するもので、物流と在庫を最適化することで、ロジスティクスコストの削減や出荷リードタイムの短縮を目指している。具体的には、

1.約20拠点あった倉庫を5拠点に集約。各拠点の在庫の可視化・最適化により、東西の中央倉庫から地域倉庫への在庫転送量の極小化を実現する

2.ヤマトの輸配送管理システムを活用したオーダートラッキングにより、配送状況のトレースを可能にする

3.ヤマトのデジタル送り状を採用することで、業務効率化とペーパーレス化を促進

4.ヤマトの倉庫管理システムで、全ての在庫タイヤの製造年度を一本単位で管理することで、FEFO(使用期限が近い製品から先に出荷)を実現。また期限切れによる処分を極小化することで環境問題に貢献

 といった内容だ。

ミシュランの伊勢崎倉庫から初出荷

東日本の中央倉庫、伊勢崎倉庫での初出荷の様子
東日本の中央倉庫、伊勢崎倉庫での初出荷の様子

 本格運用を開始した1月10日には東日本の中央倉庫である伊勢崎倉庫から初出荷が行なわれたが、今後はミシュランタイヤの製造過程でタイヤに付帯するRFIDタグを活用する在庫管理を始めとした倉庫運営が行なわれる見込み。

 また、荷受け・ピッキング・出荷作業・棚卸などを省人化し生産性の向上を目指すほか、ヤマトの輸送管理システムと連携させ、注文したタイヤの配送状況を顧客が確認出来る仕組みの導入も検討されている。

【画像ギャラリー】ロジスティクスコスト削減やリードタイム短縮を目指すミシュランとヤマトの物流改革プロジェクト(4枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

【世界最大の商用車ショーIAA2022】大型トラックの電動化が加速!! フルロードVol.47 本日(12/12)発売!!

4年ぶりに開催された世界最大の商用車ショー「IAAトランスポーテーション2022」の10ページ超の大特集をはじめ話題満載の「フルロード」Vol47の中身をいち早く紹介!!