DHLとフォードがラストマイル輸送用トラックの電動化で合意! フォードが商用車で日本市場に再参入する未来もありうる!?

DHLとフォードがラストマイル輸送用トラックの電動化で合意! フォードが商用車で日本市場に再参入する未来もありうる!?

 フォードの商用車部門・フォードプロとDHLグループは、ラストマイル輸送(消費者に届くまでの最後の輸送区間)の電動化で提携することなどで合意し、覚書(MoU)を締結した。

 フォードプロは2023年末までに2000台の電動バンをDHLに提供するほか、輸送分野に特有の課題への対処や、車両の稼働時間・サービス・生産性の最大化などのソリューションを提供する。

 また、合意ではフォードプロのデジタル化・充電ソリューションなど革新的なアイデアや製品に対するDHLのアーリーアクセスを認めており、将来的にはDHLの運用に最適化した製品の共同開発も視野に入れている。

 フォードは経営危機後の2016年を持って日本市場から撤退しているが、世界的な輸送プロバイダーとの提携を通じてラストマイル輸送の電動化をグローバルに主導したい考え。もしかしたら商用車での再参入もありうるかも?

文/トラックマガジン「フルロード」編集部、写真/Deutsche Post DHL・The Ford Motor Company

【画像ギャラリー】フォードのEトランジット・2022年モデルを画像でチェック!(8枚)画像ギャラリー

フォードとDHLが提携

DHLとフォードがラストマイル輸送の電動化で合意! フォードが商用車で日本市場に再参入する未来もありうる!?
フォードの電動車両。左から、エレクトリックF150、Eトランジット、マスタング・マッハE

 アメリカの自動車メーカー・フォードの商用車部門であるフォードプロと、ドイツを本拠とする世界的輸送プロバイダーであるドイチェポストDHLグループは、グローバルに展開する運送事業を対象にした電動バンの導入に関する覚書(MoU)を交わした。

 これにより両社は持続可能な輸送サービスを提供するというコミットメントへの道筋をつける。

 予定されている提携には、2023年末までにフォードプロがDHLグループに2000台以上の配送用電動バンを提供することも含まれている。220か国以上で事業を行なう多国籍企業との提携を通じて、フォードはラストマイル輸送の電動化をグローバルに主導する地位を確かなものにしたい考えだ。

 覚書は、電動フリートを運用するために必要となるすべてのソリューションをカバーしており、これにはフォードプロのコネクテッド技術である「Eテレマティクス」ソフトウェアや充電ソリューションなど、両社の共通のゴールであるゼロ・エミッションに向けて、運行コストを低減し、事業を効率化するための技術も含まれている。

 フォードのゼロ・エミッション目標は、欧州においては販売車両と施設、輸送、サプライヤーの全てにおいて、2035年までにカーボン・ニュートラリティを実現することを目指している。また、遅くとも2050年までにグローバルにこれを達成するとする。

 いっぽうDHLグループは環境保護のためによりクリーンな運行を行なうことにコミットしおり、輸送のゼロ・エミッションに向けて2030年までに70億ユーロを投資する計画だ。集配用の車両は2030年までに60%を電動化する。

次ページは : Eトランジットは既に運行を開始

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

【世界最大の商用車ショーIAA2022】大型トラックの電動化が加速!! フルロードVol.47 本日(12/12)発売!!

4年ぶりに開催された世界最大の商用車ショー「IAAトランスポーテーション2022」の10ページ超の大特集をはじめ話題満載の「フルロード」Vol47の中身をいち早く紹介!!