国内初のスカニアベースの平ボディは軽くて頑丈で使いやすさもバツグン!? 美川ボデーの軽量高耐久平ボディ堂々完成!

■3方開のアルミブロック製アオリでさらに軽量化を図る

床枠とともにスウェーデン鋼を採用する床材は多数の固縛器具が備わり、いかにも重量物運搬車らしい。キャブの高さに合わせた鳥居は収納レス仕様だが、荷台カバーが掛けやすいよう格納式の踏み台や夜間作業時に重宝するLED作業灯などを装備する
床枠とともにスウェーデン鋼を採用する床材は多数の固縛器具が備わり、いかにも重量物運搬車らしい。キャブの高さに合わせた鳥居は収納レス仕様だが、荷台カバーが掛けやすいよう格納式の踏み台や夜間作業時に重宝するLED作業灯などを装備する

 荷台は3方開の平ボディで、アルミブロック製アオリの高さはサイド600mm、リア400mm。一枚モノのサイドアオリは、そのままだとかなり重たいが、自動車精工のアオリ開閉補助装置「セイコーラック」の高防錆仕様により一人でもラクラク開閉可能だ。

 キャブバックの鳥居は、オーソドックスな収納レス仕様を採用。これはキャブ前後長が長いスカニアRシリーズキャブで国産車と同等の荷台寸法を実現するためで、荷台内寸は全長9300×全幅2350mmを確保する。

 キャブの高さに合わせた背の高い鳥居は、背面に荷台カバーを固定するレール、格納式の踏み台、ショルダー部に夜間作業用のLED作業灯を搭載。積み荷を固縛するためのフックがセンターに4個、サイドに14個×2列、スタンション穴がサイドに7個×2列を備わる鋼板張りの床面はいかにも重量物運搬車らしい。

リアオーバーハング部は大容量収納ボックスを2個搭載。前側の収納ボックスは上下2段式で下段は反対側とつながっている。後ろ側は通常の収納ボックスで、反対側にも同じものが搭載される
リアオーバーハング部は大容量収納ボックスを2個搭載。前側の収納ボックスは上下2段式で下段は反対側とつながっている。後ろ側は通常の収納ボックスで、反対側にも同じものが搭載される

 スカニアはキャブの前後長が長いいっぽう、シャシーフレームの組み幅が国産車の840~850mmに対して771mmと狭いのが特徴。そのためシャシー下回りの架装スペースには余裕がある。

 今回は、このシャシー下回りの余裕を収納力アップに活用。左ホイールベース間の燃料タンク前後、右ホイールベース間のアドブルータンクの後ろ、リアオーバーハング部などに多数の収納ボックスを搭載する。

 特に燃料タンク前後の収納ボックスは美川ボデーが新たに開発したもので、蓋の開閉機構を工夫することでボックス内部の出っ張りを抑え、収納スペースを高めた意欲作だ。

燃料タンク前後の収納ボックスは美川ボデーのオリジナル。独自の開閉機構により内部の出っ張りが少なく、無駄なくスペースを使える意欲作だ
燃料タンク前後の収納ボックスは美川ボデーのオリジナル。独自の開閉機構により内部の出っ張りが少なく、無駄なくスペースを使える意欲作だ

 最後に主要スペックをまとめると、車両全長11950mm×全幅2489mm×全高3690mm、荷台内寸全長9300mm×全幅2350mm、床面地上高1096mm(タイヤサイズ315/70R 22.5)、最大積載量13700kgとなっている。

【画像ギャラリー】スカニアシャシーとスウェーデン鋼を多用したボディで軽さと耐久性を両立した逞しくも美しい平ボディ!!

最新号

【特集】 ジャパンモビリティショー2023 トラックの近未来のカタチいろいろ フルロードvol.51 本日(12/11)発売!!

【特集】 ジャパンモビリティショー2023 トラックの近未来のカタチいろいろ フルロードvol.51 本日(12/11)発売!!

ベストカーのトラックマガジン「フルロード」第51号本日発売!! ジャパンモビリティショー2023詳細レポートや新型スーパーグレート解説など情報満載です!!