画期的なEVトラック! 次世代eキャンター「増えた28車型」は地味にスゴいぞ!

日本の小トラのメインストリーム

次世代eキャンターのワイドキャブ・ロングボディ車

 GVW6トン級/積載量2000kgクラスは「準中型免許」(旧々普免も含む)以上の取得者で運転可能だが、こちらはGVWに余裕があるので、額面通り2000kg積みができる可能性が高い。そして設定シャシーもGVW5トン級と同一で、配送用ドライバンやダンプなど、「日本の小トラニーズの主流」がこのゾーンにある。

 GVW6トン級/積載量3000kgクラスも重要な売れ筋だ。より積載量を求めるニーズや、特別な架装を求めるニーズに応じて設定されており、例えばコンビニやスーパーへ商品を配送している小トラのワイドキャブ・ロング車ベースの冷凍車などは、このクラスを用いることが多い。

 ただ、やはりEVはディーゼル車よりも車両重量がかさむため、ワイドキャブ・ロング車はSバッテリーモデルのみとなる。また、超ロング車も設定されない。

小トラの高積載モデル

次世代eキャンターのワイドキャブ・超々ロングボディ車。シリーズ最上位のGVW8トンクラス車で写真はワイドキャブ車。この上の拡幅ワイドキャブ車は中型相当の荷台を架装可能

 GVW7.5トン級およびGVW8トン級は、日本では中型トラック(俗にいう「4トン車」)とも重なるレンジのため、小トラとしては少しマイナーな車型となっている。

 GVW7.5トン級/積載量3000kgクラスは、ワイドキャブのみでロングまたは超ロング、Mバッテリー(2個)のみの設定となる。上述のGVW6トン級/積載量3000kgワイド・ロングで航続距離を必要とする場合は、この車格を選択することになるわけだ。

 GVW7.5トン級/積載量3500kgクラスも、設定シャシーは同じである。ワイドキャブ・ロング車ベースでテールゲートリフタ付の冷凍車かつ積載量をしっかり確保する場合、あるいはクレーン付き平ボディ車などは、このクラスが適しているように考えられる。

 また、最も大きいGVW8トン級/積載量3500kgクラスは、さらにワイドキャブ・超々ロング・Lバッテリー(3個)のみという仕様になる。

中型も狙うeキャンター!?

 そしてユニークなのが拡幅ワイドキャブ車だ。GVW8トン級/積載量3500kgクラスで、ワイドキャブ・超々ロング・Lバッテリーのみという仕様は、前述のモデルと同じで、キャブだけ違うことになるが、その違いが大きい。

 拡幅ワイドキャブ車には、ディーゼル車で「キャンターEX」と呼ばれるモデルと同じキャブが搭載されている。

 このキャブは、自動車工業会の自主規制(キャブ幅段差)に応じて開発されたものだが、キャブ幅をプラス125mmの2120mmに拡幅、架装可能な荷台全幅値を2320mmとすることで、中型トラック標準キャブ車に迫るサイズの荷台が架装できるようになっている。

 しかし、キャンターEXには「中型トラックなみの荷台プラス車両重量が軽いぶん最大積載量で優位に立てる小トラ」というキャラクターが与えられているいっぽう、eキャンター拡幅ワイドキャブの場合は、「BEV化しても積載量が確保できる中型なみの荷台を備えた小トラ」として、ニュアンスの異なるキャラクターになるように思われるのだ。

 実は、いまの中型トラックをBEV化しても、GVW8トンでは積載量の確保が難しいと考えられる。しかし、小トラベースのeキャンター拡幅ワイドキャブ車なら、平ボディ架装で最大積載量3500kgクラスを確保する。これなら、中型トラックが使われている軽比重カサモノ輸送ウイング車なども、BEV化できる可能性があるわけだ。ということで、こちらも地味ながら、画期的なトラックになりそうなのである。

【画像ギャラリー】サイズ・積載量・総重量でまったく違う次世代eキャンターが28車型! いったいどんな車なのか!?(5枚)画像ギャラリー