いざというときの対応で運送会社の価値が決まる!? 突然やってくるトラック故障への備え

■いざというときに役立つ会社同士のネットワーク

 さて、応援車を手配するといっても、たとえば東京―大阪間を走っている場合など、よほど大きい運送会社でない限り、すぐに近い場所から応援車を手配するということはできないだろう。

 そんなとき役に立つのが、運送会社間のネットワークだと思うので提案したい。運送会社は圧倒的に中小企業が多いわけだが、そんな中でも効率的に荷物(帰り荷等)をやり取りするための運送会社どうしのネットワークがある。

 たとえば、JL日本ローカルネットワークシステム協同組合連合会などがそれだ。関東、中部、近畿、あるいはそれ以外の地方といった枠を超えて、何度か取引をしているうちに信頼関係ができて来る。

 そこで、緊急時にも協力しあうという約束をあらかじめしておけばよいと思うのだ。運送会社の経営者や配車係はたいてい24時間携帯電話で対応可能なもの。

 運悪く、トラックやドライバーがあいていないということもあるかもしれないが、数社と協力関係を結んでおけば、自社のトラックを今から出していては到底間にあわないという場合でも、だいぶ心強いはずだ。

 トラブルがあった際は、まず荷主に現状を正直に報告し、物流企業として協力して打開策を探って行くことが必要だ。数千回か数万回に一度起こる故障かも知れないが、それすらも克服して定時にモノを届けなければならない、そんな時代に来ているのかも知れない。

【画像ギャラリー】突然トラックが動かなくなったらどうする? 万が一の車両故障に備えてできること(7枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

【三菱ふそうeキャンター】遂に登場した次世代モデルを詳報!! フルロードVol.46 本日(9/12)発売!!

「ジャパントラックショー2022」で話題をさらった注目のトラックを追う巻頭特集。低床キャブのエコニックの試乗をはじめ、ショーの主役が続々登場します。また、9月7日に発表されたばかりの三菱ふそうeキャンター次世代モデルも速攻で詳報!!