大雪の本場の対策はやっぱり違う!? 真冬の北国を走るためのアドバイスいろいろ【トラックドライバーに聞いた積雪対策・北海道編】

大雪の本場の対策はやっぱり違う!? 真冬の北国を走るためのアドバイスいろいろ【トラックドライバーに聞いた積雪対策・北海道編】

 いよいよウインターシーズン/スノーシーズンの真っ只中へ! 雪国のみならず日本各地のいたるところでドカ雪が降る可能性がある昨今、積雪の備えは万全にしておきたいところ。

 そこで雪の「本場」ともいえる、北海道のベテラントラックドライバー菊地さんに真冬の北国を走るために必要なことをお聞きしてみまた。

文/ベテランドライバー菊地さん、写真/国土交通省・菊地さん・フルロード編集部
*2022年12月12日発行トラックマガジン「フルロード」第47号より

冬の北海道を走るためのスタッドレス

北海道の雪道を長年走ってきた菊地さん。やはり新しいスタッドレスほどよく止まるという
北海道の雪道を長年走ってきた菊地さん。やはり新しいスタッドレスほどよく止まるという

 今シーズンは私にとって58回目の冬であることに驚きを隠せません。幸い私は多くの北海道民が文句をいう大雪に対し、今もなお楽しいと思える気持ちを保っています。

 なにしろ十代の頃からバイクにスパイクタイヤを履かせて積雪路や凍結路を走り回り、免許を取得してからの約40年、さまざまなサイズのクルマで北海道の冬を遊び倒してきましたから……。砂利道も含めて私は滑る道が大好きなのです。

 今回は本州から冬の北海道へ初めて来られる方のために、備えるべき装備と路面事情をお伝えいたします。いつからだったかは思い出せませんが、スパイクタイヤの使用が禁止され、誰もがピンの無いスタッドレスタイヤを履くようになり、都市部の冬の空気は見違えるほど綺麗になりました。

 その代わり、初期のスタッドレスタイヤは現在のものほど性能が良いわけもなく、一時的にスリップ事故が増えた気がします。しかし今のスタッドレスタイヤは当時のバイアスタイヤにピンを打ったものより遥かに短い制動距離を叩き出し、その性能は毎年更新されています。

 新しいスタッドレスタイヤは驚くほど止まるというのが私の実感です。私たち雪国のドライバーが冬に向けてまず準備をするのがスタッドレスタイヤですが、それには東北から北海道にかけての本格的な寒冷地仕様のものと、主な使用環境を関東圏以西に設定したものがあるそうです。

 詳しくはわかりませんが、恐らくコンパウンドの配合量やその他素材の違いで使用条件に対応しているのでしょう。ですから、関東圏以西から北海道にクルマを乗り入れる場合、その時の気象条件によってはタイヤの種類の選択に注意が必要かもしれません。

 想像しやすいと思いますが、ほとんどの時間をアスファルト上で走行する地域で販売されているタイヤは、摩耗を減らすために積雪路や凍結路での性能を犠牲にした素材の配合になっているはずです。

 私たち北海道の運送屋は本格的な寒冷地仕様のものをスタッドレス1、関東圏以西仕様のものをスタッドレス2と呼んでいますが、俗称かもしれませんので、詳細はタイヤ屋さんにご確認ください。

 北海道で氷点下15℃から20℃、日によっては30℃を下回るのは1月の後半から2月の下旬です。私たちは常に本格的な寒冷地仕様のタイヤを履いていますので、そうではないタイヤの性能がどれくらい劣るのかわかりませんが、一番スリップ事故が多く発生しているのは雪道になりかけの年末年始、そして空気に春の匂いを感じ始める3月なのです。

 つまり、気温が0℃前後で、氷の上に水分がある状態が続く季節ですね。1月から2月にかけての厳冬期は、たとえ路面が凍結していても乾燥しているため、けっこうすり減ったスタッドレスタイヤでもアスファルト並みにグリップします。

 それをハッキリ体感するのは氷点下10℃以下の気温が数日続いている時です。そう考えると、北海道で本格的な寒冷地仕様のタイヤが絶対に必要になるのは1月から2月の厳冬期ではないということになります。

 ですから、11月から3月の間に関東圏以西から北海道に来られるクルマに、必ずしも本格的な寒冷地仕様のタイヤを装着する必要はないのかもしれません。

 ただ、春先は圧雪アイスバーンの上に雨が降り、どんなに高性能なスタッドレスタイヤでもまったくグリップをしない日があります。そんな日に排水性能が悪く、硬いコンパウンドのタイヤを装着していたら致命的です。

次ページは : タイヤサイズとチェーンの備え

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

【世界最大の商用車ショーIAA2022】大型トラックの電動化が加速!! フルロードVol.47 本日(12/12)発売!!

4年ぶりに開催された世界最大の商用車ショー「IAAトランスポーテーション2022」の10ページ超の大特集をはじめ話題満載の「フルロード」Vol47の中身をいち早く紹介!!