関東在住だけど大雪でドハマリ!! 立ち往生の経験から備えは万全に!【トラックドライバーに聞いた積雪対策・関東編】

関東在住だけど大雪でドハマリ!! 立ち往生の経験から備えは万全に!【トラックドライバーに聞いた積雪対策・関東編】

 今シーズンは降雪が多いようで、早くも大雪による立ち往生や、雪国ではない地域での積雪が観測されました。一般ドライバーならば降雪時に不要不急の外出を控えることができますが、職業ドライバーはそうも言っていられません。

 ベテラントラックドライバーのヒデさんは、普段はあまり積雪のない関東在住ですが、大雪で立ち往生した経験からしっかり積雪に備えるそうです。ヒデさん流の大雪への備えをお聞きしました。

文/フェリー便ドライバーヒデさん、写真/国土交通省・ヒデさん・フルロード編集部
*2022年12月12日発行トラックマガジン「フルロード」第47号より

ヒデさんが経験した立ち往生のエピソード

ヒデさんが大雪でドハマリしてしまったときの様子。関東は積雪が少ない反面、一度積もると交通は大混乱をきたす
ヒデさんが大雪でドハマリしてしまったときの様子。関東は積雪が少ない反面、一度積もると交通は大混乱をきたす

 積雪への備えということですが、幸い関東在住のため大雪に見舞われることは少なく、ここ数年はチェーンすら巻いておりません。

 ただ、運転手として20年近く走ってきて大雪にハマった経験が2回ほどありまして、その経験があるからこそしっかり準備します。大雪にドハマリしたのは2014年2月14日、いわゆる「平成26年の大雪」の日です。

 あの日は東京〜名古屋に向かって走行していました。事前情報では都心でもかなりの積雪の予想が出ており(実際に都内で27cm、埼玉県熊谷で62cmの積雪を観測)、昼過ぎに都内を出発して早めに切り抜けようと高速移動したのですが、厚木を超える頃には路面は真っ白。

 渋滞が発生して次の秦野中井ICまで1時間くらい掛かったかなぁ。御殿場の上り坂でスタック車両続出という情報があり、下道に逃げました。

 しかし、高速がダメな時は下道もダメです。R246に出たものの、ともに降り積もった雪は時間と共にガチガチに……。ツルツル滑り出した路面にさすがにチェーンを巻きました。

 大井松田を超えて駿東郡に差し掛かったところで車列が完全にストップ。数時間まったく身動きが取れない状態で、何度か車外に降りて積雪状況を確認したら、長靴がスッポリ埋もれてしまう状況だったことを覚えています。

 日付が変わって反対車線から公団のクルマが一台一台声掛けしに回ってきて「下りは除雪作業をして、上りは止めているから走れるなら反対車線逆走で走って下さい」とのことだったので、「ヨシ!」ってことで深雪を踏みしめながら逆走で走り出しました。

 この時に走り出したのは数台で、私が先頭でした。御殿場まではキツイ上り坂が3カ所あります。2カ所目まではなんとか上りきったものの、最後の坂がどうしても上り切れず、500mほど泣く泣くバックで坂を下りていきました……。

 さすがにそこで諦めがつき、Uターンして高速の通行止めが解除になるのを待ちました。朝になって雪は止んで晴れたのですが、路面はガチガチに凍っており、道中スタックしたトラックを皆で救助したりいろんなことがありまして、その日の夕方通行止めが解除になり、2日遅れの納品ということがありました。

次ページは : 大雪の経験から備えは万全!?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

【世界最大の商用車ショーIAA2022】大型トラックの電動化が加速!! フルロードVol.47 本日(12/12)発売!!

4年ぶりに開催された世界最大の商用車ショー「IAAトランスポーテーション2022」の10ページ超の大特集をはじめ話題満載の「フルロード」Vol47の中身をいち早く紹介!!