「東京オートサロン2024」にエルフのカスタムトラック登場! 来場者の注目を集めたいすゞA&Sの出展車両

「東京オートサロン2024」にエルフのカスタムトラック登場! 来場者の注目を集めたいすゞA&Sの出展車両

 カスタムカーの祭典として知られる「東京オートサロン2024」が1月12日~14日の3日間、幕張メッセで開催された。

 物を運ぶという仕事一辺倒のトラックにはあまり「お呼びでない」イベントのようだが、今回は「小型トラックの代名詞」ともいわれるあのクルマが登場。トラックらしからぬスタイリッシュな出で立ちで来場者の注目を集めた。

文・写真/トラックマガジン「フルロード」編集部

スタイリッシュな新型エルフ登場

「東京オートサロン2024」にエルフのカスタムトラック登場! 来場者の注目を集めたいすゞA&Sの出展車両
「一歩先行く先進感」をテーマに開発されたエルフ・フューチャーアクセサリーズ・エディション

 「東京オートサロン2024」の会場でベールを脱いだのは、いすゞ自動車の新型「エルフ」および「エルフミオ」の2台のカスタムトラック。出展したのは、いすゞA&Sだ。いすゞA&Sは、いすゞ純正用品の開発・販売を行なういすゞ自動車の100%子会社である。

 「エルフカスタマイズラボ」を出展テーマにした同社のブースでは、新型エルフ、および普通免許で運転できるエルフミオを、それぞれ「運ぶ」と「遊ぶ」をテーマにカスタマイズ。

 まず「エルフ・フューチャーアクセサリーズ・エディション」と名付けられたクルマは、一昨年3月に登場した新型エルフの標準キャブバンボディをベースに、「一歩先行く先進感」を表現。

 新型エルフのキャブ外装をさらにスタイリッシュに仕上げただけではなく、サイドからリヤにかけても空力性能向上を連想させるディテールとブラックアウトを取り入れたアクセサリーの新しいカタチを提案する意欲的な1台となっている。

「トラックでキャンプに行こう」が合言葉のエルフミオ

「東京オートサロン2024」にエルフのカスタムトラック登場! 来場者の注目を集めたいすゞA&Sの出展車両
エルフミオの荷台にはロールバー風のパイプフレームが備わり、テントロープが張られていた

 また、今年、新型エルフシリーズに加わる「エルフミオ」は車両総重量3.5t未満、すなわち普通自動車免許で運転できる小型トラックだ。

 乗用車のような運転感覚と軽快な乗り心地で、老若男女問わず運転しやすいトラックを目指しているが、そのエルフミオの平ボディをベースに、週末の「遊ぶ」に使えるアウトドアフィールドの相棒をイメージし、モノを運ぶためだけではない、トラックの新しい使い方を提案するコンセプト車両である。

 トラックの平ボディの荷台の自由度を活かし、オフの日は「仕事場」から「遊び場」にチェンジ。「トラックでキャンプに行こう!」が合言葉の遊び心満載のコンセプトトラックである。

【画像ギャラリー】遊び心も満載? いすゞエルフ&エルフミオ オートサロン出展車両を画像でチェック!(8枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

【特集】 ジャパンモビリティショー2023 トラックの近未来のカタチいろいろ フルロードvol.51 本日(12/11)発売!!

ベストカーのトラックマガジン「フルロード」第51号本日発売!! ジャパンモビリティショー2023詳細レポートや新型スーパーグレート解説など情報満載です!!