大型車の最新鋭の整備工場はこんなにスゴかった! 移転オープンした三菱ふそう金沢支店を訪ねて

北陸ふそう金沢支店の実際

 新拠点は、ふそうディーラーコンセプトに基づき、ブランドカラーの赤・黒・白を基調としたモダンな外観デザインとし、建材にこだわることで耐久性と安全性を追求しているという。

 ちなみにバイオ式3次排水処理装置を採用しており、排水は再利用できるレベルまでろ過されているというから環境にも配慮した最新の工場なのだ。

 前述した広い出入り口を入ると、まず目につくのが広大な門型ゲートである。来場したらここにクルマを停め、まずは受付だ。

 「受付エリアと整備工場が屋内でつながり、雨天や降雪時のお客様対応や労働環境に配慮した構造になっています。工場は、大型10ストール・中小型3ストールに相当する整備能力を持ち、多機能リフトなど最新式の整備機器を導入したほか、作業効率向上のため、レーンの前後通り抜けを可能にするなどの配慮を施し、お客様に質の高いサービスを提供できる体制を整えています。また、工場の入庫・作業状況がひと目でわかる『デジタル管理ボード』を事務所とメカニックルーム、入口通路に設置し、入庫管理の円滑化を目指しました。さらに移転を機に、金沢支店には電気トラック用の急速充電設備を設置しました。今日もお客様の『eキャンター』が充電に来ています」。

けん引するトレーラごとリフトアップできる4柱リフト。リフトは、4柱×3基、3柱×1基、大型用2柱×5基、中小型用2柱×3基、2分割フロアリフト×1基を備える

 人への配慮も怠りない。

  「メカニックの労働環境を改善すべく、男女別の浴室・シャワールームを完備しました。また、お客様待合室も男女別とし、リクライニングチェアなどでお客様にとっての快適な空間を志向しています」。


 ちなみに入庫時の平均的な待ち時間は1~2時間だそうで、その間、少しでも待合室で快適に過ごして欲しいという配慮だ。金沢支店の場合、入庫する車両の割合は、大型が3割、中型が2割、小型が5割程度のこと。また、ふそう車以外の入庫は1~2割程度だという。
 
 入庫に際して、このところ増加しているのが三菱ふそうのテレマティクスサービス「トラックコネクト」の活用だ。

 トラックコネクトは、稼働中の車両情報をインターネット経由でリアルタイムにチェックできるサービスで、トラックが発信する情報は、モバイル回線を経由してFUSOデータベース(クラウド)に蓄積。ユーザーがPCで専用ページにアクセスすれば、車両の現在地や運行状況を把握でき、車両トラブル時のスピード対応、業務効率の改善、危険運転の予防などに活用できるもの。

 トラックコネクト対応車が増えたことにより、遠隔診断で大きな故障を未然に防ぐ、いわゆる予防整備にも資するものだ。

 最近増えている故障、減ってきている故障に関しては、こう話している。

 「昨今は車両の電子制御化が進み、あらゆるセンサ―で車両の状況を検知し、路上故障を未然に防ぐようウォーニングランプ等の装備が充実してきました。不具合の兆候が認められると、ウォーニングランプが点灯。さらにトラックコネクトにより運送事業者さんの事務所ならびに販売会社でもリアルタイムで状況を把握できるので、予防整備の事例は増えていますが、そのぶん重篤な故障は減少しています。また、過積載などの過酷な使用状況も減少しているので、スプリングの破損といった機械的な故障も減ってきています」。

北陸エリアでトラックの稼働を支えるために

 北陸ならではの整備としては、車検時にシャシーのスチーム洗浄や塗装をするユーザーがほとんどだそうだ。これは降雪地の融雪剤による防錆対策だ。同じように個人ユーザーでは、車検と同時にスタッドレス/ノーマルのタイヤの履き替えが多いという。
 
 予防整備が増えているといっても、もちろん路上故障など出張整備の要請もあると思うが、その場合、どんな対策を取っているのだろうか?

 「路上や現場での作業は危険を伴います。そこで現地では点検のみ実施して、レッカー車で工場に引き入れて修理することがほとんどです。特に高速道路上は安全性の観点から出張点検も禁止し、最寄りのSAやPAにレッカー移動して応急修理をする対策を取っています。また、24時間サービスに関しては、拠点の営業時間帯は基本的に拠点でサービスの対応を実施。拠点が営業を終えた夜間や休日は、当社契約のコールセンターを介して、委託業者がレッカーを含めたサービス対応をしています。委託業者は地元のレッカー業者で、簡単な部品交換や故障診断、エラーの復帰などを行ないます。それ以上の対応は、金沢支店のメカニックが中心となって出張修理に行ったり電話対応を行なったりしています」。
 
 さて、そのメカニックだが、最近はなり手が少なく、どこの販売会社も苦労しているのが実情だ。金沢支店はどうだろうか?

 「やはり従業員の確保には苦労しています。リクルートに関しては、各学校におけるリクルート活動、紹介業者やハローワークへの登録、また外国人技能実習生の採用などを続けています。金沢支店には現在インドネシア国籍の実習生が2名おり、今年の5月で満3年となり、延長せず帰国します。とても優秀な人材で日本人の新人を指導する場面もありました。現時点では今後の実習生の採用予定はありませんが、現在途中採用での補充に向けて動いています」。

 ちなみに外国人技能実習生制度に関しては、2016年4月から「自動車整備職種」が追加され、さらに2019年4月から特定技能が制度に加わったことにより、三菱ふそうにおいても総メカニック数約2400名のうち、計約250名の外国人技能実習生・特定技能性が現在も全国の拠点で技能実習を行なっているという。

 中でも半数以上を占めるのがインドネシア国籍の人たちで、これは三菱ふそうがインドネシアで長年トップシェアを確保していることとも無関係ではないだろう。インドネシアで圧倒的なブランド力を有しているので、帰国して三菱ふそうのサービスマンとして活躍する人も多いのではないか。

次ページは : 3K現場からの脱却を目指して 

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫