日野チーム、後半戦初日で初のトップ10入り! いよいよ今大会の最大の難所を前に追撃開始!【ダカールラリー2022】

日野チーム、後半戦初日で初のトップ10入り! いよいよ今大会の最大の難所を前に追撃開始!【ダカールラリー2022】

 ダカールラリー2022もいよいよ後半戦に突入。日野チームスガワラは9日目のステージ7で部門総合10位でゴール!  累積順位は総合17位と変わらないものの、後半戦の追撃に向けて幸先のよいスタートとなった。

文/フルロード編集部・日野自動車・多賀まりお 写真/フルロード編集部・日野自動車・ASO

【画像ギャラリー】後半戦初日で初のトップ10入り! 日野チーム、追撃に向けて幸先のいいスタートを切る(11枚)画像ギャラリー

後半戦初日のステージ7で初のトップ10入り!

ステージ7は柔らかめの砂地が続く高速ステージだ

 1月9日、ダカール2022はサウジアラビアの首都リヤド~アル・ダワディミ間でステージ7の競技を実施。いよいよ後半戦がスタートした。

 ハイブリッドシステムを搭載したHINO600シリーズでトラック部門に参戦している日野チームスガワラは、昨晩遅くまでメカニックたちがリフレッシュした車両でこのステージを快走。同部門総合10位でゴールを果たした。同日までの累積順位は総合17位をキープしている。

 この日の行程はまずリヤドから209.73kmのリエゾン(移動区間)で西進。アル・ダワディミ北方の山間地に設けられたSS(競技区間)スタート地点に向かう。

競技車が巻き上げた砂塵。後続車が視界を奪われることも多い

 401.74kmのSSは全体にハイスピードだが路側に多くの石があったり、たくさんの交差するワダチが進路を惑わせる区間も……。先行車の巻き上げた埃で視界を奪われる場面もあった。

 その後幾つか砂丘を越え、最後はワジ(枯れ川の底)の谷間を抜けてゴールに到達した。そこから97.73kmのリエゾンでアル・ダワディミのビバークに至る、総延長709kmあまりの長い一日となった。

エンジンの気がかりを残すも、柔らかい砂の高速ステージを順調に走破

エンジン出力を抑えながら走行するも、初のトップ10入りとなった日野チームスガワラ

 菅原照仁/染宮弘和/望月裕司組が駆るHINO600シリーズは、休息日にキャパシタケースの揺動をさらに抑える調整とともに、リアサスペンションのセッティングを見直した。

 これにより一層走りやすい状態に仕上がったが、この日はエンジンの排気温度やエンジンオイル温度が高めで推移したため、出力を抑えながら走行した。

 また、新たに試した惰性走行中の燃料噴射で発電量を増やす制御はターボラグ解消の効果が感じられず、エンジン負荷の低減を図るべく途中からは制御をカットして走行した。

 それでも順調なペースを保つとともに、ロードブックが指示するカップ(方位)が頻繁に変わる中で、ウェイポイント(通過を義務つけられたGPSの座標位置)を捕捉しながら進んでいくナビゲーションも正確にクリアし、トラック部門10位の好成績でゴールした。

 10日はアル・ダワディミから南下して後半戦の難所とされるワディ・アド・ダワシールへ向かう。南西部の砂漠を舞台にいよいよ大会は山場を迎えそうだ。

日野チームのメンバーのコメント

菅原照仁
 リアサスが良く動くようになり、キャパシタケースの振動が減ったことと併せて、安定して乗りやすい状態に仕上がりました。エンジンの問題がありましたが、基本的には気持ち良く走れました。今日は堅いところも多く、全体にハイスピードでしたが、砂はとても柔らかかったです。

順調な走りを維持した菅原照仁

染宮弘和
 頻繁に変わるカップに合わせてワダチを乗り換えながらウェイポイントを拾っていく、ナビゲーションのむずかしいステージでした。ポイントをミスして戻った車両が他の車両と正面衝突しているのも見ましたが、酷い埃で視界を奪われる、リスキーなところもあったと思います。

メカニックに要望を伝える染宮弘和

望月裕司
 原因はまだ分かっていませんが、走行中に油温や排気温度が高めで推移して気が気ではありませんでした。せっかく車両が仕上がってきたのにエンジンが足を引っ張るわけには行きません。惰性走行中の制御もやり直しです。

濱井エンジニアとデータを確認する望月裕司

【従軍記者・多賀まりおの「ダカール2022」短信】
意外! 今年のダカールラリーは結構寒い!

 後半戦に入ってラリーが南下したためか、やっと気温が上がってきました。今年はアラビア半島に寒気が来ていたのか、毎年訪れているジェッダやハイル、リヤドがこれまでになく寒かった。

 日中の陽射しは暖かくても風が冷たく半袖は無理。夜は気温数度まで冷え込み、カバーをかけた冬用のシュラフにさらにジャケットを被せても明け方の寒さで目が覚めるほどでした。

 日本に比べると全般的に昼夜の寒暖差が大きく、昼はTシャツでも夜はダウンというのがアフリカ時代からダカールでの着衣の常識?です。今日はやっとその環境に近づいてきたように感じます。

今年のサウジアラビアは寒かった!? 砂漠気候特有の寒暖差も辛い!

 それにしても2009年から19年まで、ダカールが南米で開催された11年間は辛かった。以前にも記したように1月に開催する必然があるイベントなので、1月が初夏~夏の南半球でも同様の日程で行なっていたのですが、都市部はともかく、アンデス山麓の砂漠の暑さは尋常ではありません。

 日中の最高気温は50度近く。ビバーク地も岩盤の上だと石焼きビビンバそのもので、夜になっても路面温度は30度以上で寝苦しい。

 アルゼンチン北部やボリビアの1月は雨が多く、リエゾンの橋が落ちて誰もビバークに来られなくなったり、村が流されてステージが中止になったこともあります。

 それを考えれば、サウジの1月は快適です。もちろん小職は適当なので、数日後に赴く南部の砂漠地帯が暑かったら、たぶん文句を言うと思います。

南米開催の頃に比べればサウジアラビアは快適!? 
【画像ギャラリー】後半戦初日で初のトップ10入り! 日野チーム、追撃に向けて幸先のいいスタートを切る(11枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

【UDトラックス新型クオン&三菱ふそうeキャンター】初の公道試乗で実力検証!! フルロードVol.44 本日(3/14)発売

トラックマガジン「フルロードVol.44」は本日発売! 巻頭では先進のUDアクティブステアリングを搭載した「新型クオン」と世界初の量産型電気トラック「三菱ふそうeキャンター」の初の公道試乗を掲載。「世界の特装車」特集やトラックドライバーに聞いた「省エネ運転をしていますか?」など見逃せない企画満載です!