ごみ収集の現場はトルコンAT車がオススメ!? 中型トラックにほとんど採用されていないオートマのPレンジで安全性と作業効率アップ!!

ごみ収集の現場はトルコンAT車がオススメ!? 中型トラックにほとんど採用されていないオートマのPレンジで安全性と作業効率アップ!!

 産業廃棄物やダンボールなど古紙の回収事業を手がける運送会社・出村企画では、米国アリソン社製ATを搭載したパッカー車を10年以上前から導入している。

 その出村企画が新たに導入したのがアリソンの6速ATを搭載した日野レンジャーベースのパッカー車(ごみ収集車)だ。

 停発進の多いごみ収集や資源収集事業では、アリソンATがもたらす発進性能や、トラックにはあまり採用されていないPレンジが有用だという。その理由は何か?

文/フルロード編集部 写真/フルロード編集部・アリソンジャパン

■出村企画が導入した「Pレンジ」が備わるパッカー車のアドバンテージ

 千葉県内の物流センターやコンビニから産業廃棄物やダンボールなど古紙を回収する、運搬業を手掛ける出村企画は、一日に50件以上の定期資源回収を行なっている運送会社である。

 このほど同社が新たに導入したパッカー車は中型トラックの日野レンジャーFDで、トルクコンバータ式オートマチックトランスミッション「アリソン1000シリーズ」が搭載されている。

 同AT搭載車は車両総重量11.8トン以下では唯一Pレンジが装着されている中型トラックで、坂道や傾斜のある現場で停車する際にシフトセレクターをPレンジに移動させ、さらにサイドブレーキをかけることで安心して収集作業を行なえ、自走事故予防に寄与する車両となっている。

出村企画がこのほど導入したアリソンATを搭載したパッカー車。トランスミッションにロック機構を設け坂道でも安心して停車できるPレンジを備える

 ちなみに自動マニュアルミッションのAMT車ではギアをニュートラルに入れ、サイドブレーキを引き車両を停車させるため、引きが甘い場合は坂道で不意に車両が動き出すケースもある(MT車はRレンジなどに入れるのが一般的だが、入れ忘れる可能性がある)。

 また、ドライバーは車両総重量8トンの(中型)車両を確実に停車させるため、サイドブレーキを力強く引くが、長年使用しているとワイヤーが伸び制御力が低下するケースもあるという。

■煩わしいPTOスイッチ操作からも解放

 さらにパッカー車のように、1日に何度も発進停止を繰り返しながら作業をする車両では、度重なるPTOスイッチの操作を簡素化することによって、ドライバーの作業効率を高めることができる。

 アリソンATを搭載した日野レンジャーFDの場合、停車中にシフトセレクターをPレンジまたはニュートラルに入れた状態でPTOスイッチを一旦オンにした後、走行するためにシフトセレクターをDまたはRに移動させると自動的にオフに切り替わる。

 そして再びシフトセレクターをPレンジまたはニュートラルに移動させると、PTOが自動的にオンになるため、PTOスイッチを操作する必要なく回収物の積み込みなど、次の作業にすぐ取り掛かることができる。

 なおMT車では、停車中にPTOスイッチをオンにし、作業後、オフにする場合には再度操作が必要となり、発進と停止を繰り返す中で、その都度PTOオン/オフを手動で切り替えるといった煩わしさがある。

日野レンジャーAT搭載車の液晶ディスプレイにはPレンジも表示される

 さらにアリソンAT車は走行性能も優秀で、出村企画の代表取締役、出村拡己氏は、

「10年以上前からアリソンAT搭載のパッカー車を運転していますが、最新のパッカー車は最高段が6速化され、電子制御が大幅に改善されたため、マニュアル車と同等の燃費効率を実現していると実感しています。またアリソンATの特性の一つであるトルクコンバーターによるトルク増幅効果により、急な坂道でも力強く発進できるため、数階建ての物流倉庫のスロープでもスムーズに登ることができ、ストレスなく運転ができます」とコメントしている。

 さらにPレンジついて「同業者の中で、サイドブレーキの引きが弱く、予期しない車両の動き出しによって事故につながったケースを聞き、アリソンATのPレンジがあれば安全性を補完できるため、坂道での自走事故を防止することができると安心しています」と語っている。

 なお、出村企画では、他の古紙回収業、廃棄物収集運搬業などにパッカー車導入のコンサルティングも行なっており、安全性と操作性の観点からアリソンのATを搭載した車両の導入を勧めているという。

【画像ギャラリー】「Pレンジ」を搭載するアリソンのトルコン式AT搭載車をギャラリーでチェック!(5枚)画像ギャラリー