フル電動化が実現したらクルマの個性や商品差別化はどうなる? トラックメーカー4社に聞いてみました

■ワンポイント解説/電動化によるシャシーレイアウトの自由度を活かした架装のアイデアに期待

日野のコンセプトモデル「フラットフォーマー」に集配サービス用のボディを組み合わせた展開例。配送エリアごとに仕分けされた集配ボックスを自動輸送する。自律走行する自動運転車のため運転席はなく、前端部には自動で梱包する集荷ユニットがある。集配のポイントに到着したら自動台車やルーフ上に格納されるドローンを活用して集配ボックスを個別配送する

 既存のディーゼル車のシャシーをベースとするEVトラックの駆動方式は、今のところギアボックスのあった位置に電動機を搭載しプロペラシャフトを介して後軸を駆動するか、駆動軸にモーターを直接組み込んだeアクスルを使うかのどちらか。

 そのうえでまだまだ重くてかさばるバッテリーと出力制御用インバーター、各種機器の冷却システムなどを床下スペースに収めるのに腐心することになります。とはいえGVWが大きくなるほどシンプルなラダーフレーム構造からの変更はむずかしいのでは……。

 いっぽうEVの専用シャシーは自動運転技術が進めば、運転席を持たない配送用小型車の低床EVシャシーも実現するかも知れません。電動化によるシャシーレイアウトの自由度を活かした架装のアイデアは、これからいろいろ出てくると思うので楽しみですね。

【画像ギャラリー】フル電動化に備えて模索を続けるトラックメーカー……各メーカーの個性や差別化はどうなっていくのか

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫