女だからって舐めるんじゃねー!! 女性ドライバーによる本音座談会 【前編】

トラック業界にはびこる「女のくせに」を蹴っ飛ばせ!! 女性ドライバー座談会

 トラック+ガールで「トラガール」というネーミングの元、国土交通省は女性トラックドライバーの活用を提言しています。深刻なトラックドライバー不足を解消するには、女性の活躍が不可欠……、そう考えるのは当然の帰結かもしれません。

 しかし営業用の緑ナンバーのトラック運転手では、女性の比率は5%未満。全産業平均(40%以上)を大きく下回っているのが現状です。

 ただ、女性ドライバーが増えないのには、増えない理由があるからで、その根深い理由を知ることから始めないと、女性ドライバーの活用という進言も、画に描いた餅に終わってしまいます。

 女性ドライバーの現状は女性ドライバーに聞くのが一番というわけで、本誌トラックマガジン『フルロード』の「素顔の自叙伝」にご登場いただいた3人の女性ドライバーの方に集まっていただき、座談会を開催しました。

 3人の話がすべての女性ドライバーを代弁するものではないけれど、どうか示唆に富む彼女たちの「本音」に耳を傾けてください。

文・写真/トラックマガジン「フルロード」編集部
*2014年9月発売トラックマガジン「フルロード」第14号より

【画像ギャラリー】「女のくせに」を蹴っ飛ばしてきたベテラントラガールの皆さん(3枚)画像ギャラリー

自立するシングルマザーは強いのだ!

本誌: まず最初に失礼な質問をしちゃいますが、3人とも離婚を経験されて、シングルマザーとしてトラックに乗ってこられたわけですね。再婚された方もいますが、女手ひとつで長年お子さんを育ててこられたことに変わりはない。女性ドライバーにそういった境遇の人が多いのはなぜなんでしょう?

尾山: それは、「別にアンタがいなくても稼げるから」っていう気持ちがどこかにあるからじゃないですか。友達が近くにいるんですけど、旦那が浮気したんですよ。

 みんなからは「そんなの許せるのか!?」って言われたらしいんだけど、「許せなかったらどうなるの? 私が子供ふたり抱えて我慢してやっていけるの? だったら我慢するしかないじゃない」って言うんですよね。専業主婦の人は、「自分では稼げないから」と思って我慢する人が多い。

 私たちは稼ぐ手段があるから、「アンタがいなくてもやっていけるよ、我慢なんかしないよ」となっちゃう。それが、いいことなのか悪いことなのかわからないけれど……。

みゆ: 性格とかもあると思う。そういうふうにやって行ける人は気が強い。女性トラックドライバーはどんなに大人しい顔していたって、そのくらいの気持ちの強さがないと、男と対等な仕事はできないっていうことがある。

尾山: 「気が強い」っていうより「自立している」と言ってほしいな(笑)。稼ぐ手段は普通の専業主婦より多いから、我慢しなくて済む部分も多い。その後には試練が待っているけれど、その時は、別れるか別れないかだったら、「ええい、別れちゃえ!」みたいなところはある。

すべては子供のために

本誌: 実際に3人とも円満に別れたわけじゃなかったですよね。大変な思いをして離婚をして、その修羅場を脱したと思ったら、待っていたのは、小さなお子さんを抱えて、いかに日々の生活費を稼ぐかという現実だったわけですね。働いている最中も気がかりだったのはお子さんのことでしょうね。

尾山: でも、トラックに乗っていると、子供が小さい時のほうが却って楽だよね。小さいうちは隣に乗せていけるし、大きくなると、学校を休ませてまで乗せてやれないから。具合が悪くなったら一人で寝かせておくとかもあった……。

 小学校まではそれでもいいんだけど、中学・高校になると、逆に家にいないと駄目なんだよね。ほっとくと、もう学校から呼び出し呼び出しでね……。今はなんとか社会人になったけれど、中学・高校は悪さばっかり。

ゆで: うちは、3人の子供たちが中学・高校のときに離婚して、私がまた働き始めたのだけど、長女が「うちが面倒見るからいいよ」って言ってくれたので、気持ち的にもずいぶん救われた。でも、尾山ママんとこは一人っ子やもんな。学校から呼び出しがあったとき、仕事はどうしたん?

尾山: ダンプは途中で抜けられるような仕事じゃないから、休まなきゃいけなくなるわけさ。でも、会社が「いいよ」って言ったって、同僚の運転手の中には面白くない奴もいるわけだ。女だからっていうのがあって、「お前、休み過ぎだよな」とか「すぐ帰りたがるよな」とか……。

みゆ: そりゃ、帰りたいよね。

尾山: 帰りたいよ、あたりまえじゃん、そんなの。だけど、運転手の中にはいろいろ言う奴もいるわけだ。だから社会がどうこうとか、会社がどうこうっていう前に、運転手が敵になることもあるんだよね。

 でも、ここで喧嘩しちゃったらアウトなわけじゃん。だから、ヘラヘラうまくかわして、内心「ふざけんじゃねえよ!」と思いながら家に帰る……。

みゆ: 何のために働くかっていったら、生活のために働いているわけだから、自分の生活すべてを仕事には掛けられない。運転手だけど、クルマを下りたら、母親であり主婦なんです。

 トレーラに乗っているといっても、仕事をしている母親という意味では、スーパーでレジ打っているパートのおばさん達と何も変わらない。仕事を終えて帰ったら主婦。仕事も大事だけど、やるべきことがいっぱいあるから、早く帰りたい。

 運転中に今夜のご飯のことも考えながら、車庫に着いたらダッシュだよ。買い物して帰ってご飯つくんなきゃって。それプラス洗濯しなきゃいけないわ、化粧もしなきゃいけないわ(笑)。朝起きて仕事に行って、帰ったらまたご飯が待っている人達とは違うんだからね。無駄な時間は過ごしたくない……。

尾山: それはあるよね。ただそれを言っちゃうと、陰でグチグチ言うからさ。それは一切表には出さずやるしかないんだよね。そんなこと言おうもんなら何を言われるかわからない。

みゆ: 「それだったら、こんな仕事するな」って言われるだけだもんね。

尾山: 同じ給料を貰っているんだから、同じことをやって当たり前……、そりゃそうだけどさ。

みゆ: 頭が堅い人は、女なんか家庭に居るべきだって、未だに言うもんね、特に年配の人間が……。

次ページは : 未だにはびこる「女のくせに」